« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

ヤマモモ定植

夕方、ヤマモモを植えるため、空き家の庭を調査した。
ちょうどいい場所を見つけたが、掘り返すと土の半分が砂利だった。石をより分けるのに時間がかかりそうなので断念。
別の場所に穴を掘ると、今度は泉のように水がわき出してきた。雨上がりということも関係しているのかもしれないが、この場所もダメだ。
さらに違う場所に穴を掘り始めたが、こちらは30cmほど掘ったら土が固くてショベルが刺さらなくなった。
時間があれば別の場所を探すのだが、暗くなってきたので、この場所に仮植えすることにした。
ヤマモモ「秀峰」をプラ鉢から取り出すと、2mくらいの苗だというのに、根がほとんどない。中からコガネムシの幼虫が出てきた。今年は収穫かと思っていただけに残念だ。
根がやられているので、地上部を半分ほど切り詰めて仮植えしたが、移植する気力もなくなった。

庭に生えていた、サザンカとマサキとコウヤマキ(?)を剪定し、品種不明のカキを伐採。ムクゲの木を掘り上げた。

先日、手抜きがバレたウズ丸は、4/3kmを5分28秒と、初の20秒台だった。

2011年2月27日 (日)

ビワ定植

植木鉢で育てていた果樹苗が大きくなってきた。
カキ、クリ、ビワ、フェイジョア、柑橘類、イチジク、ヤマモモ、サクランボ、モモなど20本。今まで気付かなかったが、よく考えると多いな。

木が大きくなってきたので、そろそろ地面に定植したいと思っているのだが、植える場所が決まらない。これというのも、山の畑の近くに高速道路が通るからだ。工事が終わるまでは何も植えられない。

とりあえず家の近くに空き家があるので、そこに植えることにした。
今日はビワを植えた。実生のビワだが、ここに「福原」を居接ぎする予定だ。

2011年2月26日 (土)

モミガラ燻炭でBB

ブルーベリーのRancocas(NH)を10号、Yadkin(RE)を8号、Powderblue(RE)×2を8号鉢に植え替えた。
Powderblueは同じような苗が二つあるので、モミガラ燻炭を混ぜた用土の試験を行なうことにした。
1鉢は、黒ボク土60%、ピートモス20%、山砂20%で植えた。
もう1鉢は、黒ボク土50%、ピートモス20%、モミガラ燻炭10%、山砂10%で植えた。
モミガラ燻炭は土の中で分解しないため、長期に渡って通気性を維持できる可能性がある。買わなくても自家生産できる。アルカリ性ではないかという人もいるので、実験でその効果を確認しようというわけだ。

以前、モミガラを試したことがある。
Homebell(RE)を挿し木した時には、川砂に混ぜて実験したが結果は最悪。ほとんど根が出なかった。挿し穂の先が、鉢底ネットに達していたポットだけが発根していたから、モミガラが腐るために、酸素不足になったのではないかと思っている。
植木鉢ではDixi(NH)やTifblue(RE)×5鉢を、黒ボク土と混ぜて10号鉢に植えたが、結果は悪くなかった。

2011年2月25日 (金)

兄弟に敗北

昨日、ツノ丸が挿し木用の土を作ってくれたので、嫁が寝てから堂々と(笑)食卓で挿し木を始めた。
いつものように75mmポットに土を入れて挿し木をする。太い挿し穂は1本ずつ、細い挿し穂は3本ずつ挿し木した。品種は台木用のBlueshower(RE)。手持ちの挿し穂はすべて挿し終えた。ラベルも丁寧に挿してみた。

午前中は寝ていたが、午後から再び挿し木用の土を調整して、ポットに入れた。

ウズ丸の走り込みは4/3kmを4分38秒だった。
ふと私はツノ丸に勝てるのだろうかと思い、ツノ丸に勝負を挑んだ。ツノ丸と1/3kmの競争をしたのだが、ひどい差であっけなく負けてしまった。まあ、中学生だから、しかたがないか。
そんなわけで、次は小学生に勝負を挑んだのだった。しかしウズ丸にも負けてしまい、ガックリ。ウズ丸は私という目標がいたからか、今までのベストタイムを記録した。
そうか。今まで手を抜いてたんだな。
明日からは4/3kmを4分30秒で走らないと夕食のおかず抜きだ。

2011年2月24日 (木)

早朝の挿し木

園芸ラベルが手に入ったので、朝、少し早く起きて、ブルーベリーの挿し木をしてから仕事に出かけた。
品種は台木用のBlueshower(RE)だ。75mmポットで12鉢ほど。

ツノ丸はテスト期間なので、早く帰ってくるはず。
職場からツノ丸にメールして、BBの挿し木用の土を調合してもらった。
川砂とピートモスをフルイに通し、半々で混ぜて水を加えるだけ。これだけでもずいぶん助かる。

写真は後日。

2011年2月23日 (水)

祖母のミカン

先日、祖母が亡くなった。その祖母が育てていたミカンが届いた。

普通の温州ミカンと八朔。
祖母は毎年、嫁いだ娘たちにミカンを配っていたが、うちには甘夏の大木があるので、八朔が届くことはなかった。今年は祖母が死んで、よくわからないので、孫が均等に分けたようだ。
幸い、うちの甘夏と夏みかんは強剪定の影響で、今年は収穫ゼロ。ちょうど良かった。

温州ミカンはそこらで売っているような普通のミカンだ。
私は幼い頃からミカンなんて、いくらでも収穫できて、好きなだけ食べられるのが当然だと思っていた。実際、ミカンだけでなく、カキもイチジクも西瓜もナシも、貧乏なのに好きなだけ食べていたように思う。
苗木を植えれば、誰でも果物が収穫できると思っていた。
これが当たり前のことではないと気付いたのは、今年、祖母が死んでからだ。
うちの子供たちも、どんな果物だって苗を植えれば収穫できると思っているかもしれない。
私もそう思ってもらえるように努力しよう。

ウズ丸のタイムは4/3kmを5分37秒だった。

ところで、食事は誰が作ってもおいしい…わけではないと気付いたのは、結婚してすぐですけけど。

2011年2月22日 (火)

園芸ラベル

ブルーベリーの挿し木苗は、きちんと管理しないと、すぐに品種がわからなくなる。
今までT字型のラベルを使っていたのだが、文字が土に近いため、ラベルに土がはねて文字が読みにくくなる。
ちょうど在庫も尽きたので、ネットで安い園芸ラベルを探した。

プラグトレイや90mmポットに適したサイズだと大きさは70mmでいいかな。色違いをいくつか注文した。
このラベルのいいところは、

  • 安いこと。送料込みで1枚3円くらい。
  • 色が豊富。たとえばNH=青、SH=橙、RE=赤で分類できる。
  • 鉛筆で文字が書ける。消しゴムで消して再利用も可。

先日挿し木したBlueshower(RE)は、パレット1枚すべて同じ品種だというのに、なんとなくラベルを立ててみた。なんかプロみたいでいい感じ。

写真は後日。

ウズ丸は4/3kmを5分38秒だった。

2011年2月21日 (月)

グルーポン商法

ホームセンターで買い物。75mmビニールポット100個@88円×2、120mmビニールポット100個@300円×1などを購入。

隣接するスーパーで果物を物色していたら、熊本産のセトカが並んでいた。2個で498円。1個はまともだが、もう1個の色が黄色っぽい。どのパックを見ても同じ組み合わせだ。
実は半額シールが張られていて、249円で買えるのだが、そもそも定価がおかしい気がする。なんというグルーポン。

家に帰って試食すると、色づきが良い方の実は、さすがセトカという味だった。だが色づきの悪い実がおいしくない。苦いのだ。うちのセトカの方がずっとうまい。
生産者の名前も書いてあるのだが、素人でも不良果とわかるような実を出荷しないでほしい。

まぼろしの柑橘 せとか 熊本県河内白浜産 生産者 田中○○

1個250円のミカンがこの味だったら、その客は二度とセトカを買わないと思う。プロだったら、こんな果実を出荷しないでほしい。
今年はデパ地下で時々、セトカを買っている。1個150円だが、今のところハズレなし。

ウズ丸のタイムは、4/3kmを5分36秒だった。ようやく40秒を切ることができた。

2011年2月20日 (日)

草バスケ

午後から家族そろって草バスケに出かけた。
ツノ丸だけは高専の入試で不在。NA中学からは5人が受験するそうだ。

11人を二つに分けてチームを分けた。
私のチームは、ウズ丸たち小学生3人と中学生が1人。小学生の1人はバスケ経験なし。
相手チームはバスケ親父2人、バスケ部OBの高校生2人、それからうちの嫁と小学生。

初戦は2QT途中までリードを許していた。だが試合が進むにつれてバスケ親父の足が止まる。
こちらは小学生3人で苦労するかと思ったが、幸い素人以外はよく走る。4人の足が止まらないだけでもかなり有利。
速攻で3人が走ったら、相手が大人や高校生でも止められない。2点差で勝利。

1試合目は僅差だったので、2試合目も同じチームで戦うことになった。
相手チームは足が止まった親父二人がゾーンを組んで、ゴール下に立つ作戦をとったが、
こちらはサイドから小学生がロングシュートで応戦。
素人の小学生はバスケはヘタだがデカイ。試合中にスクリーンアウトやリバウンドを教えて、ゴール下の親父たちを押し込むようにした。
そして素人以外は相変わらずよく走る。4QTで点差を広げ、10点以上の差で勝った。

夕方、ツノ丸が帰宅した。入試は難しかったが、変わった問題が多くて楽しかったとのこと。英語の試験なんて、数学の問題が英文で出題されていたとか。

ウズ丸は今日も走り込みをした。タイムは4/3kmを5分40秒。そろそろ30秒台に乗りそうだ。

2011年2月19日 (土)

BB接ぎ挿し

今月に入ってから、暇さえあればブルーベリーの接ぎ木をしている。
今日も接ぎ木をしようと思ったが、外は暗くて穂木を採れない。
冷蔵庫を物色していたら、Legacy(NH)の枝があったので、3鉢ほど接ぎ木した。
挿し穂が少し余ったので、接ぎ挿しも3本ほどやってみた。
接ぎ木した枝を挿し木するという技術だ。
根もついていない枝に接ぎ木するので簡単だが活着率は低い。スタート時に根がないため、成長も遅い。私は好きではない。

台木から切り落とした枝がたまってきたので挿し木をした。
Blueshower(RE)を24本挿し木した。もっと挿し木したがったのだが、挿し木に使う75mmポットが尽きたので終了。

山の畑から、軽トラ2杯分の黒ボク土を運んで田んぼに入れた。黒ボク土の層も厚くなってきたので、そろそろピートモスを混ぜてもいいかな。


2011年2月18日 (金)

インターポットその後

午後からツノ丸の通知表をもらいに行かねばならないので、インターポットで時間つぶし。
デザインがイマイチだけど、緑の血が騒ぐのかそれなりに楽しい。

インターポット

通知表は実技を除けばまあまあ。高校の願書も出してきた。

家に帰ったが、今日は風が強いので土いじりはやる気が失せる。家の中で接ぎ木でもしよう。
家の中から庭を眺め、接ぎ木する品種を選んでいたが、寒いので玄関の近くに置いてあったChandler(NH)から穂木を採ることにした。
ツノ丸とウズ丸が接ぎ木をやりたいというので、何度も接ぎ木をさせてやった。技術的にはまだまだだ。
Chandler(NH)は成木も接ぎ木苗だし、昨年、たくさん苗を作ったのでもういらない。
他に接ぎ木できそうな品種を探すと、Legacy(NH)がいい枝を出していた。
うちのLegacyは自根苗だし、接ぎ木苗にしておこう。Legacy(NH)も3本接ぎ木した。
台木には挿し木2年生のBlueshower(RE)を使った。

2011年2月17日 (木)

テンプレ更新

予定していた仕事が片付いたので、久しぶりにブログの更新。
ブログで気になることを一つずつ修正することにした。
ブログ内の検索ボタンが効かない。
これはブログパーツのせいだということがわかった。
gremzが表示するECO RIBBONという広告がジャマをして、検索ボタンを押せなくなっていることが原因。
検索前にECO RIBBONを閉じればいいのだが、読書にわかるはずもない。リボンだけを非表示にしたら、ようやく検索ができるようになった。

そらにブログのテンプレートを別のものにした。
ブログでは基本的にカエルのテンプレを使っている。今回もほんの少しだけカエルのつもり。
て、これカエルだよね?
さらにレイアウトも修正。左側にはブログに関わるリンクなど、右側にはそれ以外のブログパーツを集めた。

2011年2月16日 (水)

全国タナゴサミット

ツノ姉が参加するというので紹介しておく。

第5回 全国タナゴサミット in 菰野 ~タナゴの棲むふるさとを未来に~
日時 : 2011年2月26日(土) 12:00~16:00
会場 : 菰野町けやきホール(菰野町保健福祉センターけやき2F)
住所 : 三重県三重郡菰野町大字潤田1281
定員 : 先着200名(参加無料、申込み不要)
講演 : 森 誠一(岐阜経済大学教授、大野市本願清水イトヨの里館長)

詳細はこちら

ツノ姉たちが研究しているのはタナゴじゃなくて、ハリヨなんだけどね。
それから私が好きなのは淡水の二枚貝。タナゴはイシガイ科の二枚貝にとっては害魚なんだけど、なぜかタナゴ好きな人たちは親しく話しかけてくる。害魚だからね、害魚。

野球好きだからといって話しかけてくる、読売Gファンな人に似ている。

2011年2月15日 (火)

BB挿し木

BBの挿し木をした。品種はHomebell(RE)だ。
先日の接木で切り落とした枝を挿し穂に使った。
ポットの大きさは90mm、用土は川砂にピートモスを混ぜたものを使っている。
今まで24ポット用のパレットを使っていたが、これを12ポットが入るパレットに変更した。
軽くて作業がとても楽だ。これはいい。
だが、どうも需要がないらしいようで、値段が高い。
24ポットのパレットは100円で買えるのに、12ポットのパレットは250円くらい。
写真は後日。

2011年2月14日 (月)

BBクイズの続き

先日のBBクイズの続きをどうぞ。

Hf...,Takahe(RE),Whitu(RE),Reka(NH)|Redpearl(RE),
Onslow(RE),Ira(RE),Patriot(NH),Aurora(NH),
Hagood(RE),Taylor(NH),Powderblue(RE),Biloxi(SH),Polaris(HH),
Austin(RE),Rancocas(NH),Friendship(HH),Rahi(RE)...

ヒントになるかな。

夕方から夜にかけて雪が降った。
先日、雪かき用のスコップを買ったので、ウズ丸は雪かきをしたくてしかたがないようだ。夕食を早めに食べて、外に飛び出して行った。専用の道具だけあって、驚くほど快適だった。

2011年2月13日 (日)

ニセハッサク嬢

父が農協で八朔(ハッサク)の苗を注文したが、残念ながら実ったミカンがこれ。
農協の苗には何度もだまされている。
キャバクラ畑では、美人だけどニューハーフてなところ。

Nise8all

手で皮を剥けないし、年末まではすっぱくてサルも食わない。濃いオレンジ色で、実の重さは180g、油胞が目立つ実もある。タネが小さくてセミノールという品種に似ている。
味は良いが、袋(じょうのう膜)の中心がとにかく苦い。
グレープフルーツよりも苦いので、我が家ではジュース専用になっている。

Nise8skin Nise8cut

今年の収穫は60個ほどだった。
今日は30個ほどをジュースにしたので、冷蔵庫はジュースのボトルだらけになった。

この木を植えている畑は、近くに高速道路が通ることになっている。畑は残るが工事のジャマになるため、この木も伐採されることになっている。
工事が終わったら、補償金で次の苗を買うことにしよう。

2011年2月12日 (土)

雪かきに備えて

先月の大雪で、ホームセンターから雪かき道具が消えた。
ここ半月ほどは、角スコップすら売り切れという状態だったが、ようやく再入荷した。雪かきスコップを2種類、収穫カゴを載せる台車@3,980円を買った。

台車は雪を運ぶために買ったのだが、アイカの10号菊鉢が二つ、きっちりと載る大きさだ。10号鉢に入った土を、この台車を使って運ぼうというわけだ。

田んぼに土を運ぶには、畑を横切って行かねばならない。今日は畑に台車の通路を作り、軽トラ3杯の黒ボク土を運んだ。
2月中に軽トラ10杯の黒ボク土を運びたいと思っている。

2011年2月11日 (金)

BBクイズ

電車の中で暇だったので、こんなリストを作った。
さて、これらは何のリストでしょう? なんて聞かれても、このブログを読んでいる人なら楽勝か。
では、何の順に並んでいるでしょう?

Homebell(RE),Herbert(NH),LittleGiant(SH)|Lindablue(NH),
Beckyblue(RE),Bonita(RE),Chippewa(HH),Nobilis(RE),
Ono(RE),Fukuberry(RE),Nelson(NH),Na...,Magnolia(SH),
Aliceblue(RE),Sierra(SH),Puru(NH),Spartan(NH),Climax(RE),
Arlen(SH),Katharine(NH),Callaway(RE)|Carolineblue(NH),
St.Cloud(HH),Tifblue(RE),Vernon(RE),Croatan(NH),
Menditoo(RE),Festival(RE)|SantaFe(SH),Coville(NH),
Nui(NH),Cu...,Zimbaao(NH),Gardenblue(RE),
Georgiagem(SH),Ashworth(NH),Sevilla(SH),
Brigitta(NH)|Brightwell(RE),Katharine(NH),Rebel(SH),
Sunrise(NH),Yadkin(RE),Zr...,Northblue(HH),
Montgomery(RE),Tc...,Rubel(NH),Rahi(RE),Pender(NH),
Ag...,Chandler(NH),In...,Snowflake(RE),
Sharpblue(SH)|Sunshineblue(SH),
Te...,Ira(RE),Xe...,Coastal(RE),Beldwin(RE)

私のハンドル名も、この路線。

2011年2月10日 (木)

セトカ嬢

キャバクラシーズの2番手は、セトカ嬢。
昨年と違って今年は実が大きい。大きめの実だけで40個の収穫があった。
こちらも売り物にできるほどよく育った。
一つだけ味見をしたところ、もう少し貯蔵した方がよさそう。
だが子供たちは待ってくれない。ウズ丸は自分でナイフを使って皮をむいて食べていた。

セトカは、ハルミと違って手で皮をむくことができない。そのため母はセトカを嫌い、ハルミばかり食べている。
ハルミは母に譲って、私たちはセトカをいただくことにしよう。

この記事の公開が遅れたのは、親父が収穫したミカンをごちゃ混ぜにしたからだ。もしかしたら3個の内、2個はセトカでないミカンが混じっている可能性がある。

Nazotrio Nazozoom_2 Nazostrip_2

2011年2月 9日 (水)

CDEで始まるBB

ブルーベリーの交配は楽しそうだ。でたらめに交配してもロクな品種はできないと思う。そこで晩生品種の交配をすることにした。
CDEで始まる晩生品種、これだけでわかる人はいるかな。
答えは、Carolineblue、Dixi、Elliott←答えはマウスで反転
これらの品種だけを遠く離れた畑に植えて、自然交配を試してみたい。

これらの品種は自根苗なので、将来的なことを考えて、接ぎ木苗を作っておくことにした。
とりあえず今日はCarolineblue(NH)を5本接ぎ木した。台木には昨年、接ぎ木に失敗したHomebell(RE)を再利用したが、雪でつぶされてちょっと台木に元気がないのが気がかり。まあ、大きな自根苗があるから木にしない。
写真は後日。

2011年2月 8日 (火)

ハルミ嬢

畑の柑橘類は昨年末から絶好調。
1月までは温州ミカンを食べていたが、今月からキャバクラシリーズの収穫が始まる。
トップバッターは、ハルミ嬢。19個の実を収穫した。

Harumitrio

この品種は袋(じょうのう膜)が口に残るので、オレンジのように袋を剥いて食べているが、袋を剥いても果汁はこぼれない。
それなのに、口に入れるとぷちぷちとしたさのうが弾けて果汁たっぷりでうまい。

Harumistrip Harumipulp

今年は出来がいい。見かけも味も売り物と変わらない。
先日死んだばあちゃんに食べさせることはできなかったが、ばあちゃんの栽培技術は超えたつもり。

2011年2月 7日 (月)

砂利はがし

今日も裏庭に敷いてある砂利を分別した。大粒の砂利は玄関に敷き、小粒の砂利は山道の補修に使った。
砂利の分別に時間がかかって、なかなか作業が終わらない。
砂利を山道に敷く頃には、すっかり暗くなっていたが、せっかく山に来たのだからと、軽トラでライトアップして黒ボク土を掘った。
軽トラ半分ほどの土を運んだ。
土は植木鉢に入れて運んでいるのだが、これを鉢のまま田んぼに並べただけで今日は終了。

2011年2月 6日 (日)

6年生大会

今日は6年生大会。これが団のユニを着る最後の試合だ。
各チーム混成での試合となる。

ウズ丸のチームには、各チームの#4が集まっていた。
ウズ丸も含めて、あまり強くないチームの#4を集めた感じだが、ウズ丸以外はFかCばかりでバランスが取れている。
長身の#4全員がリングをつかめる。試合中にはダンクシュートにも挑戦していた。
ウズ丸がいくらシュートを外しても、リバウンドはすべていただきで、1試合目は余裕の勝利。

2試合目、ダンクを試みた#4が用事でいなくなったが、一人いなくなっても強さは圧倒的で、2勝目。

最後に、指導者vs各チーム代表のゲームが行なわれ、ウズ丸も出場した。指導者たちのアリウープにバックダンク、ノールックパスに顔面キャッチ(笑)などを見せてもらった。
ウズ丸はバカなので、いつもと同じゴール下でプレイしようとしていたが、大人相手にゴール下でボールを拾えるはずがない。
ウズ丸は今年から中学生のボールで練習しているため、ボールが手につかない感じだった。毎日、ぐだぐだの練習をしているせいで、運動量も足りないかな。

帰宅してから、借りている休耕田を野焼きした。風向きを考えて1/3ほどを焼いた。

2011年2月 5日 (土)

BB定植

庭のBB畑にBaldwin(RE)、Powderblue(RE)、Tifblue(RE)を植えた。
他にも植えたい品種はあるが、大きさ順に植えたらこうなった。ブルーベリーは何度でも植え替えができるので、とりあえず今年はこれでいく予定だ。

やはり地植えは収穫量が圧倒的に多い。少しでも多くの苗を地植えしたいと思っている。
ラビットアイ系品種で大苗になっているのは、Tifblue×5、Maru、Bluegem、Brightwellあたり。
接ぎ木のハイブッシュ系品種も、Chandler(NH)、Duke(NH)、Spartan(NH)あたりは1mを超えている。
いずれはすべて地植えしたいと思っているのだが、今年は土の入れ替えが間に合わないかもしれない。

山の畑から、軽トラに半分ほど黒ボク土を運んだ。

2011年2月 4日 (金)

ノイバラ挿し木

田んぼを埋め立てて作ったブルーベリー畑には、1本のトゲなしノイバラが植えてある。
時々、母や知人にバラの接木を頼まれる。そのための台木だ。
ノイバラなので生育旺盛。たった1年で、高さ1.5m、幅3mに育った。通路も通れないほど大きくなったので剪定して、剪定した枝を30本ほど挿し木した。

私は参加しなかったが、東京イベントは盛況だったとのこと。

2011年2月 3日 (木)

東京イベント前夜

明日から東京でイベントが始まる。22:30に出る夜行バスで東京に向かうので、作業のタイムリミットは22:00。
担当の二人は病気で休んでいたため、大あわてで準備をしている。
マイコンボードの調整、資料の写真撮影に印刷、展示パネルに資料を貼ったり、パンフレットを折ったりで大忙し。
ここで発覚したことが一つ。

インフル松田(仮名)は不器用。

発泡スチロール製のパネルをカットさせたらギザギザだし、名刺代わりのパンフも原紙のまま、縁をカットしていない。
パネルに印刷物を貼ったら、インフル梅田(仮名)が斜めに貼り付けてしまった。予備のパネルもなく、パネルを斜めに切り抜いてごまかすことに。
時間がたつにつれ、現場では「竹田には触らせるな」が合言葉になった。
二人を無事に送り出して、ようやく帰宅したときには、24:00を回っていた。

二人ともがんばって来いよ。

2011年2月 2日 (水)

ニコットガーデン

こちらはニコッとタウンのニコットガーデン。
長いこと手入れしているニコットガーデンと、始めたばかりのインターポットを比べるのは不公平かもしれないが、方向性が違うのは明白。

Garden2010

よく見ると庭に来客が…。
昨日紹介したインターポットも、数ヶ月プレイしたら雰囲気が変わるようですが、どうもきれいではないような。

 

2011年2月 1日 (火)

インターポット

niftyのバーチャルガーデニングらしい。
昨年末からやっているが、イマイチ地味だなあ…。

インターポット

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

最近のトラックバック