« 草バスケ | トップページ | 救急車 »

2011年1月24日 (月)

文旦収穫

文旦をミカン箱いっぱい収穫した。
品種はよくわからない。父が植えた記録によると、岐阜の文旦と書かれている。なんだそりゃ?
文旦は春になってから食べるので、モミガラに埋めて保存した。

今日は子供たちが学校なので、私一人で庭土を入れ替えた。
山の畑は遺跡調査の重機が入るため、山道がずたずたになっている。いつもは田んぼに捨てていた土を山道の補修に使い、軽トラが通れる道を確保した。
山道の補修には、畑と違って石も捨てられるし、荷台の側に土を捨てられるため、作業は少し楽だ。

軽トラ2.5杯ほど土を入れ替えた。これくらいあれば、ブルーベリーもよく育つだろう。今年植えたら、死ぬまでここで育てるつもりだ。

« 草バスケ | トップページ | 救急車 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

KOHさん、こんばんわ。
KOHさん「ぷちまる」植えてましたよね。
この前、果樹研究所で聞いたのでが、同じ三倍体の金柑でも、「宮崎夢丸」の方が品質が良いそうですよ。

いえ、金柑は食べないので植えていませんよ。
ぷちまるは、実付きが悪いそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/38679589

この記事へのトラックバック一覧です: 文旦収穫:

« 草バスケ | トップページ | 救急車 »

最近のトラックバック