« イベント参加 | トップページ | 東海大会・初日 »

2010年12月17日 (金)

カキの剪定

カキの木の剪定を始めた。
私が大きな枝を下ろすと、父の機嫌が悪くなる。父がいない間に少しずつ剪定し、気付かれないようにするのが我が家流だ。
下ろした枝はすぐに焼却し、証拠も残さない。
特に今の時期は、剪定よりもクリスマスの電飾をかけることが最優先だ。あせって大きな枝を切る必要はない。
今年は剪定前の写真を撮っておいた。

« イベント参加 | トップページ | 東海大会・初日 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

昨年、柿の剪定の記事を拝見して爆笑しましたが、1年は早いですね。
KOHさんが接ぎ木をするのは、今剪定した枝に付く新梢に接ぐことになるのですか?

太い枝だとその方法がいいです。
この記事だけを読んだ方のために説明しておきます。
太い枝を台木として利用する時は、枝を切った年に接木せず、翌年そこから出た枝に接木すると活着しやすいというわけです。
もちろん細い枝であれば、切り口にそのまま接木できます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/38144734

この記事へのトラックバック一覧です: カキの剪定:

« イベント参加 | トップページ | 東海大会・初日 »

最近のトラックバック