« 岐阜遠征 | トップページ | ADSL相談室 »

2010年11月28日 (日)

サル出没

裏の家の屋根で、サルがうまそうにカキの実を食べていた。食べているのは、うちのカキだ。
カキはたくさん採れるので、サルに少々食われるくらいはどうでもいいが、サルの群れが居着くのは困る。
危ないので庭のカキの実は、すべて収穫することにした。

空き家の庭にも3本のカキの木がある。
こちらは木が高いし、空き家なので群れがいても困らない。こちらのカキの実はサルにあげよう。

自宅のカキの木からは今年、360(カウント中)個の実が収穫できた。サルがいなければ500個はあったと思う。

写真はサルがミカンを食べた跡。数日後、塀の向こうのミカンはサルが食べ尽くした。

Mikansaru

« 岐阜遠征 | トップページ | ADSL相談室 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

猿が出没していますか。本当に危ないですね。
うちの団地も2頭出没し、最近では人へ危害を加える様になって、何人も襲われました。その為、2頭銃殺されました。(ニュースにもなった様子)
もともとは、高崎山(県内では有名な猿の動物園)のはぐれ猿で、群れから離れて方々の地区の山で生活しているんです。それまで人間から餌付けされていた猿がはぐれているわけです。人間を見たら餌をくれると思い込んでいるのでしょう。何だか、いると困るけれど、心が痛む結果でした。
KOHさんのところは野生の猿ですか?

うちの庭のカキを食べていたのは野生のサルです。子供たちには、目を合わせないようにと言ってあります。
庭のカキ以外にも、近所の庭にミカンがたくさんありました。サルは一週間ほどいましたが、食べ尽くしたらいなくなりました。
子供たちがサルを観察していたのですが、サルは気にしていないようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/37923747

この記事へのトラックバック一覧です: サル出没:

« 岐阜遠征 | トップページ | ADSL相談室 »

最近のトラックバック