« 内蔵HDDを外付けに | トップページ | 秋季大会最終日 »

2010年10月30日 (土)

カキ収穫

バスケットゴールの横に生えているカキの実を収穫した。
品種は富裕、まだ収穫時期には少し早いのだが、ヘタムシの被害を受けた実は早く熟す。
ザルにいっぱい15個を収穫した。

やや早生の次郎も収穫が始まったところだ。
また渋柿の平無核は、干し柿として最後の仕上げ中だ。
この平無核は、農協に蜂屋の苗を注文したが、実がなってみると平無核だった。
平無核はさわして食べるとおいしいのだが、うちではタネがないので干し柿にして食べている。
平無核の干し柿が干し上がると、今度は蜂屋を吊るさねばならない。秋は忙しいのだ。

« 内蔵HDDを外付けに | トップページ | 秋季大会最終日 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

随分柿を植えてるようですが、平無核、佐渡の『おけさ柿』が確かこの種類だったような。
柿は大好きで、子供の頃は良く母に、「柿の木はポキッと折れるから登るな」と言われつつ、木に登って食べてました。
木登りは私の得意分野でした。
それで、今年我が家の畑にも柿の木を植えましたが、実が付いたけど皆落ちてしまいました。
来年は生ってもらいたいと願ってます。
今はもう、木登りは出来ませんが。coldsweats01

平無核とおけさ柿は同じ品種です。
我が家では、富裕、次郎、蜂屋、平無核、筆柿、夕紅、早秋、太秋などを植えています。

カキの木が折れやすいのは、ヘタムシのせいです。ヘタムシは特に枝の付け根に食い入り、枝を裂けやすくします。
冬に荒皮削りをして、越冬中のヘタムシを殺してやると効果的です。
また横枝から横枝を伸ばすときに、枝の下部の芽を伸ばさないようにすると、枝の上に立ってもビクともしない木に仕立てることができますよ。

ヘタムシ、そうだったんですか、知りませんでした。
柿も荒皮剥ぎをすると良いんですか。
その後、殺虫剤かなんかを撒くんですか。
葡萄だとたしか、石灰硫黄合剤を撒くと良いって聞いてたんですが。

薬は使わなくても、ヘタムシは皮と一緒に剥がされて死んでしまいます。
ちなみにうちは粗皮削りはしていません。パダンという薬剤を夏に一度まきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/37519857

この記事へのトラックバック一覧です: カキ収穫:

« 内蔵HDDを外付けに | トップページ | 秋季大会最終日 »

最近のトラックバック