« アレの佃煮 | トップページ | 2品種処分 »

2010年9月12日 (日)

初めての草刈り

私がビオトープの草刈りをしていたら、ツノ丸が友達と鎌を持って現れた。
草刈り機で刈るから、手伝いはいらない。

隣の休耕田は好きにしていいから、遊ぶならそこを刈れと指示した。この休耕田は夏に除草剤をまいたため、タカサブロウという雑草しか生えていない。ハチの巣もないので刈り易い。
ツノ丸以外は草刈りが初めてなので、楽しくてしかたがないようだ。1mくらいの高さの草むらを、迷路を作るように刈りまくっていた。

私が草刈りを終える頃には、さすがに草刈りも飽きたようで、今度はイナゴ捕りを始めた。ビオトープは農薬をまいていないので、イナゴがたくさんいる。
私は1分で5-6匹捕まえるのだが、こいつらは5分かけて2匹というスローペース。そっと近付き、2本の指で挟むように捕まえようとしていた。
イナゴは草の裏に隠れるから、草ごと掴めばすぐ捕まえられる。手本を見せてからは順調に捕まえていた。イナゴを百匹ほど捕まえて鶏に与えていた。

最後に庭に残っているブルーベリーの実を食べて帰っていった。Menditoo(RE)がまあまあ残っていたようだ。
そういえば、こいつらみんな受験生なんだけど…。

« アレの佃煮 | トップページ | 2品種処分 »

自然」カテゴリの記事

コメント

>そういえば、こいつらみんな受験生なんだけど…。

自然があって、家族が健康で目の届くところで触れ合えて、KOHさんちって本当にいいですね~。
↓の記事の恐怖のレシート、久々に笑わせていただきました。
(^m^)

イナゴはKOHさんが料理して食べるのかと思いましたが・・・
鶏が食べるのですねhappy01
なんだか、ホッとするような・・・
ガッカリのような・・・

>>mewさん
イナゴの佃煮、毎年作っていますよ。
まだ卵が詰まっていなかったので、来週あたりに作ることになりました。
毎年、ツノ丸が学校に持って行って、クラスの子が1匹ずつ食べさせられるみたいです。
今年は給食に切り替わったので、持っていけないかも。

お弁当にイナゴですかぁ・・・

ちょっとグロテスクかも。笑

1m位の雑草ってすごいですね
かくれんぼをやったら面白そう。

受験生。嫌でも目の前に迫ってくるものだから
きっと現実逃避しているのではないですか?笑

初めてお邪魔します。
昨日はモグラ、コガネムシの丁寧なコメント、ありがとうございました。
ところで、恥ずかしながらビオトープって良く解りません。
うちの田舎では今、トキを放し飼いにしてえさ場の確保の為にその周辺は無農薬栽培をしているらしいですが、それとはまた違うんでしょうね。
あ、ブログのエチケットが良く分からないので失礼が有るかもしれません、その時はそれとなく教えて頂けるとありがたいです。

>>のろたんさん
ビオトープは、生き物が生きられるような場所を自然に近いまま管理している場所です。
この定義だと水辺でなくてもいいのですが、日本ではなぜか水辺ということになっています。
うちは夏場は自然のままですが、稲刈りが終わる頃には水がなくなるので、魚と水草は川に放流します。

>>皆様
イナゴの佃煮を見たければ、一つ前の記事をどうぞ。
うちの佃煮は手間もかけてるし、ニホンミツバチの蜂蜜も使っていてうまいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/36708079

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての草刈り:

« アレの佃煮 | トップページ | 2品種処分 »

最近のトラックバック