« 交歓大会 | トップページ | 白菜の苗作り »

2010年9月 6日 (月)

昔の人

秋ジャガを買ってきたが、植えるのは父任せ。
秋ジャガの種芋は切ると腐る。父は毎年、秋ジャガの種芋を切って植えてしまうので、切るなと念押ししておいた。
それでも実験と言い訳して、10個ほどを切って切り口を乾かしていた。種芋の数を増やそうという欲深い考えだ。
もし種芋が腐らなくても、種芋一つ当たりの大きさが小さくなるから、くず芋が余分に収穫できるだけ。

父は万事がそうだ。コメも田んぼの畦近くまでびっしりと植える。そのせいで畦の草刈りは倍の労力になる。
余った苗も植えたがる。無効分けつが増えるし、いもち病が出る。かれこれ20年は同じ注意をしているが効果なし。
畦の草刈りを頼まれることがあるが、私が刈るときは、畦の近くの稲も刈ってやる。だからよほどのことがないと頼んでこない。

ツノ丸は1/3kmを3本走って、0分59秒、0分59秒、1分0秒だった。

« 交歓大会 | トップページ | 白菜の苗作り »

園芸」カテゴリの記事

コメント

台風の被害はありませんでしたか?

KOHさんのところは減反とかないのです?
我が家も義母がそうですね。どうしてもたくさん植えたくなる気持ち、わからないではありませんが・・・(笑)
苗を植える間隔はいかがですか?

イモチ病は嫌ですね。まだ出てはいない様ですが、あれを見るとため息が出ます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/36626736

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の人:

« 交歓大会 | トップページ | 白菜の苗作り »

最近のトラックバック