« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

BBにコガネ

調子の悪いブルーベリーを植え替えた。10号鉢のHomebell(RE)とBlueshower(RE)だ。
思った通り、コガネムシ(アオドウガネ)の幼虫が31匹も入っていた。
細い根はまったくない。枝を切り詰めて新しい土で植え直した。来年には元通りだが、来春には接木しようと思っていただけにガッカリだ。
ブルーベリーのラビットアイ系品種は収穫期が遅いため、遅くまで農薬が使えない。そのため、コガネムシの被害はラビットアイ系品種に集中する。

白菜の苗が余ったので、近所の人に引き取ってもらった。
バターナッツカボチャを収穫した。

2010年9月29日 (水)

パソコン修理 #4

先日から預かっていたパソコンの修理。
ELSAのwebサイトが復旧していたので、ビデオカードのドライバをダウンロードしてインストールした。
その後もパソコンはWindowsUpdateを繰り返している。
付属していたWindowsのCDが古かったため、WindowsUpdateにはとても時間がかかったが、なんとか修理完了。

2010年9月28日 (火)

パソコン修理 #3

仕事帰りにSATA-HDD@3,980円を買ってきた。
預かっていたパソコンのHDDを交換し、WindowsXPを再インストールした。
だが残念なことに、この日はELSAのwebサイトがコケていて、ビデオカードのドライバが手に入らなかった。作業はここで中断。

このパソコンがWindowsUpdateをしている間、BOINCでボランティアをさせた。Core2Duo-3.0GHzなので、そこそこ仕事をしていたようだ。
私はBOINCのWCG(World Community Grid)解析ランキングは現在、4,200/526,000位くらいだ。

2010年9月27日 (月)

クリのむき方

耕作放棄した畑に、クリの木2本植えてある。
品種はよく覚えていないが、荒れた林の中でひっそりと実を落としている。鍋いっぱい分を拾ってきた。

拾ってきたクリの実は底をハサミで傷付けてから、レンジでチン。チンする時間は、クリの実の量をご飯に換算した時間でいいと思う。
熱々になったクリはまだやわらかくなっていない。それをホイルに並べてオーブントースターに入れて焦げ目を付けるとご覧の通り。

Kuricut Kurihasami

こうすると、皮がむきやすくなる…実もある。皮がむけないものは、スプーンですくって食べるといい。
ハサミの写真も載せておく。100円ショップで買ってきたハサミだ。

2010年9月26日 (日)

パソコン修理 #2

昨日持ち込まれたパソコンに、WindowsXPを再インストールしたが、再起動すると「Disk not found.」と表示された。
搭載されているHDDは、バグがあることで有名なST3500320AS(500GB/SATA300/7200rpm)だ。
対策はこちらに載っていたが、新品交換の方が信頼度は高い。引渡し後のことを考えて、BIOSは修正しないことにした。
後日、HDDを買って来よう。

2010年9月25日 (土)

パソコン修理

パソコン修理の依頼が入った。
依頼は母親からで、イマイチ話が分かりづらい。
パソコンは子供のモノで、弟が兄のパソコンを壊してしまったので、修理して欲しいとのことだった。
家まで来て修理して欲しい口ぶりだったが、本人もいないのに修理なんてできない。
修理には出向かないので、本人がこちらにパソコンを持って来るように伝えた。

夕方、弟がパソコンを持って現れた。気合の入った自作PCで、ゲーム用に特化された高速なPCだ。
持ち込まれた時点で、画面が表示されなかったが、ビデオカードを挿し直したら、表示されるようになった。
起動画面を見ていると、WindowsXPがうまく起動できないことがわかった。
まずはWindowsXPの修復セットアップを試みたが失敗。

どうやらHDDが不調のようだ。現状を見せた上で、HDDの内容を消去する旨を伝えた。パソコンはこのまま預かり、HDDのフォーマットと、WindowsXPの再インストールをする予定だ。

2010年9月24日 (金)

宝交早生

先日も書いたが、父に頼まれてイチゴの苗を育てている。
品種は「さちのか」。今時の品種なので性質が弱い。
それとは別に自分用に「麗紅」や「宝交早生」の苗も作ることにした。宝交早生や麗紅は、とても古い品種で、今時のイチゴと比べると品質はイマイチだ。しかし病気に強くて、とても育てやすい。

イチゴといえば、白鳥イチゴ研究所はご存知だろうか。
イチゴの品種改良に取り組んでいる研究所で、ブログは育種の参考にもなるし、読み物としても良い。
ただ残念なことにジャイアンツファン。白鳥3号という品種が長い間、欠番だったことからもそれはわかる。

2010年9月23日 (木)

ポポー落札

Yahoo!オークションで、ポポーを落札した。
ポポーというのは果物の名前。
ポポーは日本中どこでも栽培できるが、日持ちがしないため流通がほとんどないという果物だ。ずっと味見をしたいと思っていた。
出品者はまだ収穫もしていないらしく、届くのはずいぶん先になるらしい。

2010年9月22日 (水)

カンフーダンク

Amazon.comの商品券が余っていたので、カンフーダンクのサウンドトラックを買ってみた。
まあ、ノリがいい曲なので何かに使えるだろう。

2010年9月21日 (火)

孫の苗

先日、父に頼まれて白菜のタネをまいた。子供たちが私の指示に従って、プラグトレイに一粒ずつタネをまくだけ。
タネをまいてからの管理は、水やりと日光、それから施肥も決まりきった作業だ。特に難しいことはない。
その結果、父の人生でもっとも立派な苗に育った。

ガサツな父は、こういう細かい作業がとても苦手で、毎年、苦労して苗を作っている。
今年も一応、タネをまいたみたいだが、一本も芽が出ないという有様。孫が育てた立派な苗を前に、父は複雑な気分だったに違いない。
ただし、プライドが傷付くとかそういうことは一切なく、孫にお小遣いを与えて、得意げに苗を植えていたようだ。
苗がよく育ったからと、近所の人にも配っていたらしい(笑)。

2010年9月20日 (月)

ツノ丸の劣化

ツノ丸は34Kの練習試合だったが、いつものように動きが悪い。シュートも狙わないし、反応も遅い。ウズ丸より遅いくらいだ。
先日の体育祭では1500mで5位と撃沈。実力テストも今年最低の順位だった。部活を引退してから何もかもが劣化するばかりだ。
帰宅してからランニングさせると、1/3kmを0分58秒、58秒、59秒だった。
走れるなら、なぜ試合中に走らないのか。部活で身に付けた努力しない癖が染み付いている。

2010年9月19日 (日)

夏接木の敵

ブルーベリーは、シャシャンボツバメスガの被害がひどい。
シャシャンボツバメスガは新芽に産卵するので、産卵された新芽を摘み取ることで被害を食い止められる。
被害を受けた芽を摘み取っていると、Homebell(RE)、Menditoo(RE)、Tifblue(RE)に実が残っていた。
我が家のBBは既に収穫を終えているが、この残り物の実はひじょうにうまい。Homebellなんてブドウのような甘さになっている。

先日、Geogiagem(SH)で夏の接木に挑戦していたが、これもシャシャンボツバメスガにやられてしまった。そうか、夏の接木にはこれがあったのか。これは網室がないと無理だ。
せっかく活着したのに、たった一つの芽を食われるとは…。仕方なく接ぎ穂の下から切り落とした。また来年、台木として活躍してもらおう。

写真は今年接木したDuke(NH)。一つの株に何ヶ所も接木したが、すべて活着した。新芽はぐんぐん伸びるが、こちらもシャシャンボツバメスガのせいで高さは80cmほど。

Bbduketsugiki100917 Bbduketsugiki100917z

2010年9月18日 (土)

再びイナゴ捕り

遊びに出かけていたツノ丸が、友達を連れて戻って来た。うちでバスケをするつもりだったらしい。
だがツノ丸がバスケ部を引退してから、バスケットコートは圃場と化していた。日当たりを求めて、今年接木したブルーベリーが25鉢も並んでいる。

しばらくは近くの川で魚捕りをしていたが、うまくいかないので中止。またイナゴ捕りをすることになったようだ。
普通、イナゴを捕まえてもイナゴの使い道がないのだが、うちだと鶏のおやつという目的がある。
YAKの練習を終えたウズ丸が合流し、受験生みんなでイナゴ捕り。
PETボトルにたくさんのイナゴを捕まえたら、鶏を散歩させておやつタイム。道にイナゴを投げると鶏が大喜びで食べる。鶏も卵をよく産むようになった。

ところで、イナゴを見た感じだと、そろそろ佃煮ができるね。

2010年9月17日 (金)

乱入

ツノ丸が走り込みをしていると、下校途中の同級生がやって来た。ツノ丸が走り込みをしているのが遠くから見えたので、回り道をしてきたようだ。

彼は私立中学に進学し、バスケ部に入ったものの、途中から陸上部に入った。中3だから、陸上部は引退しているはずだが、ちょっと走ってみたくなったようだ。

革靴では走れないので、ツノ丸の靴に履き替えてタイムアタックをすることになった。
すると、アップもしていないのにいきなりの59秒。ツノ丸のベストタイムだ。さすが陸上部。
しばらく休んでからまた挑戦した。0.9秒速くなったものの、やはり59秒台。

ところで、学生服のまま走るのはかなり変だ。

2010年9月16日 (木)

土いじり

今日は仕事が休みなので、早朝からひたすら土いじり。

プラグトレイにまいた白菜に、化成肥料を数粒ずつ置いた。

パパイアの鉢を移動した。時々移動しないと地面に根を張るからだ。
観葉植物のつもりで、50円で買ったパパイアは、迫力のサイズになった。ひと夏だけと思っていたが、越冬させて、来年、地植えにして収穫まで持ち込む予定だ。
Papayatop

先日鉢上げしたヤマモモは特に問題なく活着したようだ。直射日光が当たる場所に移動した。数は40鉢ほど。

クサイチゴのサッカーをポットに上げた。数は14鉢、これはプランターに90mmのポットをびっしりと並べた数だ。
割れて使えなくなったプランターの最後の役目。

ミニトマトのイエローアイコの苗を新しく作った。CMVワクチンウイルスの越冬用だ。

イチゴの苗作り。ランナーの先にビニールポットを埋め、重しとしてランナーに小石を載せるだけ。
品種は麗紅と宝交早生と「さちのか」だ。イチゴの苗は父からの頼まれ物で、私は育てない。
Ichigorunner

トゲなしノイバラに大量の幼虫がいた。キンチョールで全滅。バラの台木用だ。

2010年9月15日 (水)

2品種処分

7号の菊鉢は、サントリーのPETボトル箱できっちり梱包できることがわかった。
ブルーベリーのMagnolia(SH)とGeogiagem(SH)は、ちょうど7号鉢に植えてある。売り飛ばすことにした。
どちらも丈夫でおいしい品種で、ベランダ栽培にはイチオシ。だがやや開帳性で、BBの生垣を作ろうとしている私には向いていない。できることなら放任栽培をしたいのだ。

写真は後日。

2010年9月12日 (日)

初めての草刈り

私がビオトープの草刈りをしていたら、ツノ丸が友達と鎌を持って現れた。
草刈り機で刈るから、手伝いはいらない。

隣の休耕田は好きにしていいから、遊ぶならそこを刈れと指示した。この休耕田は夏に除草剤をまいたため、タカサブロウという雑草しか生えていない。ハチの巣もないので刈り易い。
ツノ丸以外は草刈りが初めてなので、楽しくてしかたがないようだ。1mくらいの高さの草むらを、迷路を作るように刈りまくっていた。

私が草刈りを終える頃には、さすがに草刈りも飽きたようで、今度はイナゴ捕りを始めた。ビオトープは農薬をまいていないので、イナゴがたくさんいる。
私は1分で5-6匹捕まえるのだが、こいつらは5分かけて2匹というスローペース。そっと近付き、2本の指で挟むように捕まえようとしていた。
イナゴは草の裏に隠れるから、草ごと掴めばすぐ捕まえられる。手本を見せてからは順調に捕まえていた。イナゴを百匹ほど捕まえて鶏に与えていた。

最後に庭に残っているブルーベリーの実を食べて帰っていった。Menditoo(RE)がまあまあ残っていたようだ。
そういえば、こいつらみんな受験生なんだけど…。

2010年9月11日 (土)

アレの佃煮

mewさんにリクエストされたので書いてみる。
写真は一昨年のもの。

  1. イナゴを絶食させて糞を出す。
  2. さっと茹でてから洗う。
  3. 後ろ足と羽根をむしる。
  4. 鍋で乾煎りする。この時点でさくさくと食べられる程度。
  5. 醤油と砂糖、日本酒で佃煮にする。

写真の佃煮は、後ろ足はすべて取り除くのではなく、肉がある根元は残すようにしている。また他の足先もすべて取り除いてある。
またイナゴは卵を持ったメスだけを佃煮にした。

Inagozoom080916

2010年9月10日 (金)

恐怖のレシート

先日、バスケから帰宅したら、嫁が洗濯物を探してスポーツバッグをごそごそ…。
そして何かのレシートを見つけた。
そこには、

JA四季菜 苗・150円

と書いてあった。
何を買ったのかと問い詰められたが、私もよく思い出せない。思い出せないことと、シラを切ることはほぼ同じことだ。嫁の機嫌は悪いまま。

嫁が寝てから思い出した。それは苗じゃない。夕食にも使った薬味のネギだ。
なんで苗って書いてあるんだ…。>四季菜

2010年9月 9日 (木)

畦に除草剤

私が住んでいる地区は土地がやせていて、昔は貧しい村だったらしい。
だからどこの田んぼもギリギリまでイネを植えた。その名残で、町内の田んぼは細い畦が多い。こんな畦は少しの水で沈むから、運動靴では歩けない。
雨が降ると隣の田んぼから薬剤や雑草のタネが流れ込むくらい低い。
田んぼに行くために、長靴に履き替えるような田んぼはダメだと思う。田んぼを観察する気が起こらない。

草刈りが面倒だからと除草剤をまく人もいる。
普通、田んぼの畦は、雑草の根を残すような除草剤をまく。畦が崩れるからだ。
それを見た人がマネをして除草剤をまくが、何も考えずに根こそぎ枯らす除草剤を使う。雑草の根がなくなった畦はただの泥の山で、歩くと沈んでしまう。
草のなくなった畦はただの土盛りで、歩くことさえできない。
田んぼの土手にまいてしまい、土手が崩れた人もいる。

私が管理している田んぼの畦は幅80cmくらい。ウズ丸が自転車で爆走して、田んぼに突っ込むくらいしっかりした畦だ。
借り受けてすぐに畦を大きくした。それからも毎年、畦を補修して大きくしている。
写真は後日。

2010年9月 8日 (水)

BB戦隊

ブルーベリーにはナントカブルーという名前がついた品種が多い。どの品種もブルーベリーなのに、いちいちブルーなんて名付けなくてもいい。
ビックセブンだけで、Bluecrop(NH)、Earliblue(NH)、Blueray(NH)の3品種。
ラビットアイの御三家にもTifblue(RE)で1品種。
有名な品種が、ブルーと名乗るのは許してもいいが、その後の品種も、やたらとブルーと名乗るからうんざりだ。
もしブルーベリーがBB戦隊を作ったらどうなるか。

BBレンジャー参上。BBレンジャー・ブルー!!
BBレンジャー、俺もブルー!!
BBレンジャー、オイラもブルー!! ←たぶんカレー好き
BBレンジャー、私もブルー!!
BBレンジャー、おいおい、俺もブルーだよ。

これはひどい。こんなことでは地球は守れそうにない。

そんなわけで、我が家では「ブルー」と名乗る品種はなるべく植えないようにしている。
排除するには惜しい品種もいくつかあるが、ブルーレカやカロラインブルーは、日本人が勝手にブルーの一言を加えて登録したようだ。
うちのラベルには、Reka(NH)やCaroline(NH)と書いてある。

2010年9月 7日 (火)

白菜の苗作り

私が作ったBB畑の通路に、父が勝手に白菜の種をまいていた。ご丁寧に不織布のトンネルまで作って、ジャマなことこの上なし。この気温では芽が出るわけがない。

早々と失敗を見越して、私も苗を作ることにした。
5×5のプラグトレイを育苗箱に並べ、子供達が土を入れて、1粒ずつタネをまいた。午前中だけ日が当たる場所に置いたところ、三日できれいに発芽した。
品種はタキイの空海70、正月に間に合う中早生種だ。

Hakusaikuukai

メモ:アップルウェアー 育苗箱35型 スミグレー(3.0L)@98円。

2010年9月 6日 (月)

昔の人

秋ジャガを買ってきたが、植えるのは父任せ。
秋ジャガの種芋は切ると腐る。父は毎年、秋ジャガの種芋を切って植えてしまうので、切るなと念押ししておいた。
それでも実験と言い訳して、10個ほどを切って切り口を乾かしていた。種芋の数を増やそうという欲深い考えだ。
もし種芋が腐らなくても、種芋一つ当たりの大きさが小さくなるから、くず芋が余分に収穫できるだけ。

父は万事がそうだ。コメも田んぼの畦近くまでびっしりと植える。そのせいで畦の草刈りは倍の労力になる。
余った苗も植えたがる。無効分けつが増えるし、いもち病が出る。かれこれ20年は同じ注意をしているが効果なし。
畦の草刈りを頼まれることがあるが、私が刈るときは、畦の近くの稲も刈ってやる。だからよほどのことがないと頼んでこない。

ツノ丸は1/3kmを3本走って、0分59秒、0分59秒、1分0秒だった。

2010年9月 5日 (日)

交歓大会

昨日、ウズ丸はバスケの交歓大会で遠征していた。
初戦の相手は、IMBCだった。
ウズ丸はちょっと張り切りすぎに見えた。ボールを狙い過ぎ、2QTだけで4ファウル。乱暴なファウルはなかったが、頭の悪いファウルが目立った。
3QTからは落ち着いてプレイしたが、4ファウルなので遠慮がちなプレイが目立つ。
今日はウズ丸がボールを運ぶ。プレスをかけられても、苦もなく破って前線にパスしていた。
4QTで5ファウルを犯し、他のみんなより2分ほど早く試合を終わったが、37-31と勝利。

2試合目を前に指示を出した。
ボールマンにつくが軽く削るだけでボールを狙わない。
相手のドライブがストップした時に、間合いを空けないこと。

2試合目の相手は、KMBCだった。対戦するのは初めてだ。
1QT終わって7-8。
ウズ丸は2QTから出てきた。2QTは逆転して、このQTを完封し、22-8とした。
3QT、敵#4はフェイクやノールックパスが好きなようだ。
最初はウズ丸以外の選手が守っていたが、相手#4がカッコいいプレイをしようとしたので、スイッチが入ったようだ。
ウズ丸はマッチアップまで代ってもらい、#4をマークすることにしたようだ。顔が嬉しそうだ。
フリーでミドルシュートという場面も、あえて#4に勝負を挑み、相手のファウルを誘ってフリースロー。
そのままシュートが狙える場面でもドライブし、バックロールからのフックシュートとやりたい放題。相手#4は3QT半ばで3ファウル。このQTが終わって35-14。勝負は決まった。
4QT、YAKは主力を一部引っ込めて、ベンチの二人を出場させた。
相手#4は4ファウルで、ディフェンスは一切しなくなった。
ウズ丸はベンチメンバーの二人にシュートを打たせようとするがうまくいかない。リバウンドを拾われ、速攻を何度も食らって敵の猛追を受けた。残り1分というところで、得点は4点差に迫られたところでタイムアウト。
とはいうものの、ウズ丸は涼しい顔をしていた。
別にピンチでも何でもない。残り1分、ウズ丸がディレイをかけ、39-35で苦もなく逃げ切った。

ところで我が家は、ファウルアウトした日は、夕食がおかずなしと決まっている。ウズ丸の夕食はフリカケご飯だった。

2010年9月 4日 (土)

Lindablue(NH)処分

Lindablue(NH)を処分することにした。
このLindablue(NH)は2003年に植え、それからずっと極早生品種と活躍してきた。実は甘いが小粒で、新しく入ったDuke(NH)と収穫期が重なるので不要となった。
高さは1.2m、樹冠1.0mの10号鉢で、これだけ大きいとネットオークションで売ることもできない。
きちんと仕立て直して、知人に引き取ってもらった。水さえきちんとやれば、来年には1.0kgの収穫があるはずだ。
受粉樹は自分で買うと言っていたが、わからないなら私が手配すると伝えた。

ツノ丸は夕方、少しだけ走り込みをした。インターバル3分で、1/3kmを10本走った。
タイムは順に1分4秒、1分5秒、1分3秒、1分5秒、1分6秒、1分6秒、1分7秒、1分8秒、1分10秒、1分9秒だった。

2010年9月 3日 (金)

BB夏の接木

先日、夏の接木に挑戦したGeorgiagem(SH)の新芽が伸びてきた。
ブルーベリーの接木は新芽が伸びただけではダメで、新芽の伸びがいったん止まり、再び伸び始めたら成功となる。
だからこれは第1段階をクリアしただけ。
Bbnatsutsugiok

この苗は2本のシュートに接ぎ木したが、1本は誘引がヘタで枯れてしまった。冬なら問題はないが、夏のシュートは樹皮がやわらかいようだ。

Bbnatsutsuging

夏の接木が成功したので、秋の接木にも挑戦したい。
品種はCaroline(NH)、Elliott(NH)、Magnolia(SH)、Reka(NH)あたりか。台木はいつものHomebell(RE)だ。

2010年9月 2日 (木)

ヤマモモにコガネ

先日、ヤマモモの鉢上げをしたが、今年の冬に接木する分は、すでに大きくなっていて、5号鉢で育てている。
そのヤマモモの鉢を、幹をつかんで動かそうとしたら、鉢から抜けてしまった。
地上部は1mを超えているし、根はびっしりと鉢に回っていて、抜けるはずはない。
調べると鉢の中にコガネムシの幼虫が11匹…。
地上部を切り詰めて植え直したが、これはさすがに枯れるかもしれない。

Yamamomokogane

2010年9月 1日 (水)

森さんだった

夕方、水やりをしていたら、クリのイガが落ちていた。
トゲなし栗として購入した苗だが、イガには立派なトゲがあるので、品種が間違っているのは確実だ。
今まで品種がわからなかったが、こんなに早く収穫できるならおそらく森早生だろう。

Kurimoriwase

我が家のクリは他に3品種あって、すべて鉢植えになっている。品種は筑波、利平、ぽろたん。
ぽろたんはレンジでチンするだけで皮がむけるというクリの新品種だ。今年、どうしてもそれを見たくて、1個だけ実を残してある。


 

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

最近のトラックバック