« BB収穫 | トップページ | 練習試合 »

2010年8月 7日 (土)

セミカビ

先日、次男が冬虫夏草に混じって、カビが生えたセミをたくさん採集した。
セミカビというらしい。白きょう菌病ともいう。
写真はニイニイゼミとラミーカミキリに発生したもの。

Niiniizemikabi Ramikamikirikabi

ラミーカミキリは、カラムシやムクゲを食べるカミキリムシだ。ラミーは植物の名前で、カラムシと近縁だ。麻に似た繊維を採るために栽培されている。

セミカビは、今年のように、梅雨が長いとたくさん見られるのかもしれない。それにしてもこのセミカビ、他の昆虫にこすり付けるとどうなるのだろう。

« BB収穫 | トップページ | 練習試合 »

自然」カテゴリの記事

コメント

虫にカビが生えるなんて
知らなかった。
せっかく長年いた土から顔を出したと思ったら
カビに覆われてしまうなんてかわいそう。。
先日、子供と一緒にやるクイズで
「セミは土の中に何年いるでしょう」と聞かれ大きな声で
「7年!!」と言ったら
「死んでしまいます」と言われてしまいました。。
本当は何年?笑

日本のセミであれば、7年はちょっと長いです。
環境にもよりますが、アブラゼミは2-6年です。
アメリカにはもっとすごいのがいて、17年とか13年というのがいますよ。
こういったセミは素数ゼミと呼ばれていて、生物学的にも数学的にもとても面白い話があるのですが、長くなるので書けません(笑)。

すごい。
何か不思議なお話の様で
聞いてみたいのですが
断られたので調べてみますねっ。

#検索、ヒットしてくれるかな?笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/36101971

この記事へのトラックバック一覧です: セミカビ:

« BB収穫 | トップページ | 練習試合 »

最近のトラックバック