« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月30日 (月)

ヤマモモ鉢上げ

ヤマモモ「瑞光」のタネを庭にまいたら、いい感じに育ってきた。
この場所は通路に近くてジャマなので90mmポットに24ポットだけ鉢上げした。全部で50本はあると思う。
こんな暑い時期に鉢上げするのは無茶だという人もいるが、すぐに植え替えればこれくらい平気。成長がちょっと止まるだけだ。
ヤマモモは雌雄異株で、実生苗は結実までに時間がかかる。これらは数年後に台木として使う予定だ。

2010年8月29日 (日)

先輩と草バスケ

今日は34Kの自主練があったが、私が草バスケに行くため、ツノ丸も一緒に草バスケ。
大人6人、小中学生2人、高校生2人でオールコートのゲームをした。嫁やウズ丸も混じっているので、いたってのんびりとしたゲームだ。
反対側のコートで、Y高校の学生がダンスの練習をしていたが、よく見たらツノ丸がミニバスやっていたときの先輩が混じっている。
3学年の上だが、たった一度だけ一緒に試合に出たこともある。せっかくなのでゲームに混ざってもらった。
ツノ丸も同じ高校を目指しているが、高校では一緒にプレイできないのが残念だ。

2010年8月28日 (土)

アブラゼミタケ

昨日、ツノ丸が植物園に行っている間、ウズ丸も自由研究の写真を探して山に入った。
ツクツクボウシタケを探していたが、アブラゼミタケを1個見つけただけだった。
大変な希少種だが、自由研究的には外道。
ブルーベリーの根元に敷くため、桧皮をバケツいっぱい採ってきた。
Aburafinger Aburazoom

2010年8月27日 (金)

東山植物園

兄弟は大慌てで自由研究をまとめている。
特にツノ丸は、先日の感想文で何時間も使ったので、自由研究のペースが狂った。

ツノ丸はウルシの自由研究をしているので、本物のウルシの写真が欲しいところ。野生は少ないので、インターネットでウルシがある場所を探す。
県の林業センターや農業センター、県民の森、京都府立植物園などを調べるがダメ。ようやく見つけたのが、東山植物園の白川郷を再現した展示だ。
なんでも白川郷は、かつて漆掻きが盛んだったため、それを模した展示でウルシが植栽されているというのだ。
ウルシの写真1枚のために、車で出かけるのは面倒だなあ。いいことを思い付いた。

「切符やるから、ちょっと彼女連れて植物園に行って来い」

本物のウルシノキとマンゴーの写真を撮って帰ってきた。マンゴーもウルシ科の植物である。
写真は左がウルシノキ、右がマンゴーらしい。

Urushitop Mango

帰宅したツノ丸は、この日も1/3kmを走って0分59秒と好調だった。

2010年8月26日 (木)

0分59秒

ツノ丸とウズ丸は夏休みの自由研究を仕上げている。
子供たちが使うパソコンは1台しかないので、作業していない方は走り込み。
ツノ丸は1/3kmを走って、1分0秒、0分59秒、1分0秒、1分0秒、1分1秒、1分2秒とベストタイムを更新。
タイムがようやく1分を切った。

2010年8月25日 (水)

反省なし…で

ツノ丸は昨日のDVDの内容を忘れないうちに、徹夜で感想文を書くことにした。
さっぱり筆が進まず、結局「試合に出ていないので反省することはありません」と書いたようだ。
さらに「特に気付いたこともないので代わりに走ります」と書いて走り込みをすることに。
1/3kmを走って、1分1秒、1分0秒、1分0秒、1分0秒、1分2秒、1分3秒とベストタイム。
道の見えない深夜にしては上出来。合宿の効果が出ているのもかしれない。

2010年8月24日 (火)

感想文

ツノ丸は34Kの自主練に参加したら、DVDを見て感想を書けという宿題が出た。
受験生的には何それという感じ。
反省と感想と目標のようなものを書けということだが、出てもいない試合の反省と言われても…。
事情がわからずに試合のDVDを見てしまったが、こんなことならシューティングをしていれば良かった。

2010年8月23日 (月)

和蜂の駆除

朝早く起きて、和蜂(ニホンミツバチ)の駆除に出かけた。
依頼のあったお宅では、ウメの木に和蜂がバレーボールくらいの蜂球を作っていた。
いつものようにハチ群の下にボウルを構え、蜂球にナイフを入れると、足場を失ったハチがボウルに滑り落ちる。これを巣箱の中に落として様子を見る。
飛んでいるハチが巣箱に入っていくところを見ると、女王蜂がうまく巣箱に入ったようだ。とりあえず作業終了。
夜、すべてのハチが巣箱に入ってから巣箱を引き取りに来ればいい。

家に帰ったら、駆除依頼がもう一つ入っていた。再び出撃。
今度は畑の中だった。ミカンの木に和蜂が固まっていた。
ただ残念なことに、蜂球はこぶし二つ分くらいの大きさしかない。こんな小さな群を飼うのは難しそうだ。
先ほどと同じように作業しておしまい。

夜になってから巣箱を引き揚げ、和蜂が欲しいという人に持ち帰ってもらった。

2010年8月22日 (日)

子供相撲

地区の地蔵尊で子供相撲があった。
ウズ丸は昨年優勝して、弓を奉納したので今年は優勝できないが、優勝カップを返還するために参加した。
今年も高学年の階級はすべてウズ丸が制して、昨年から続いている連勝を20に伸ばした。
奉納に関係する三役相撲には出場しなかった。
昨年、ウズ丸の太刀持ちを務めてくれた子が、順当に優勝した。

2010年8月21日 (土)

YN高校のBB

34Kの合宿はYN高校の体育館で行なわれている。

合宿の手伝いの合間に、生徒たちが作ったというシャーベットをもらった。学校で収穫したミカンを加工して作ったそうで、とてもおいしかった。
冷蔵庫の中を見ていると、やはり生徒が作ったと思われるブルーベリーのジャムを発見した。学校のどこかにブルーベリー畑があるのだろうか。

と思っていたら、学校探検をしていたウズ丸がブルーベリーの木があると報告に来た。
ラビットアイ系のBBが10本ほど植えてあったが、土壌改良しないまま植え付けたようで成長はイマイチ。
こんな育て方ではダメだな。私なら落第させる。

2010年8月20日 (金)

34K合宿

午後から34Kの合宿が始まった。
ツノ丸は走り込みと自由研究を済ませてから合宿に出かけていった。

ウズ丸も楽しそうなのでついていった。
中高生がハードな練習で倒れようが、ウズ丸には気にならないようだ。YC高校の柔道部で見慣れているからだろうか。
ウズ丸は、好きなようにドリブルをついて、好きなようにシュート練習をしていた。

2010年8月19日 (木)

スリット鉢

ネットで注文していたスリット鉢が届いた。
嫁が受け取った。
どこに置いてあるのかは、恐いので聞いていない。

スリット鉢は、ホームセンターで150円くらいで売られている。だが箱単位が買えば数十円で買える。
問題は嫁に見つかりやすいことだ。

2010年8月18日 (水)

写真と品種名

たくさん写真を撮ると、それが何の写真だったかわからないようになる。
たとえばブルーベリーの葉なんかをたくさん撮ると、後から品種を当てるなど不可能だ。
ピンと来ない人は、AKB48の子たちを次々に顔なしで撮ったとでも思ってくれればいい。
え、わかるの? そうなんだ。

私はそういうときは、品種名のイニシャルを手話で写し込んでおく。
ツノ丸は手話ができないからこんな感じ。

Ha Ya

この写真の直後にそれぞれ、ハゼノキとヤマハゼの写真を撮ってあった。それなりに工夫しているようだ。

2010年8月17日 (火)

接ぎ木の新芽

先日、接ぎ木したGeogiagem(SH)の新芽が伸びてきた。
夏の接ぎ木は初めてなので、うまく接ぎ木できる自信はなかったが、まずはこれで第1段階クリアだ。
ただし、穂木の力だけで新芽は伸びる。これだけで活着したとは言えない。
いったん新芽の成長が止まり、再び成長を始めたら活着したと言えるだろう。
写真は後日。

2010年8月12日 (木)

ピートモス注文

ブルーベリーの栽培には、酸性の土が必要だ。
そのためピートモスという酸性の土を、他の土に混ぜて植えることが多い。
うちはピートモスをたくさん使うので、6cuという大袋で買っている。聞きなれない単位だが、1cu=30×30×30cmくらい。170L、重さ40kgが、送料込みで、3,700円だった。
年末にホームセンターで注文すると3,000円くらいで買えるが、重いので引取りが大変。配達してもらえるなら妥当な値段だと思う。

これを買うと、これからもたくさんブルーベリーを栽培すると宣言しているようなものだ。嫁がいない時間を狙って配達してもらわねばならない。

2010年8月11日 (水)

台風前の収穫

台風が接近中だと聞き、ブルーベリーを急いで収穫した。
週に二日のペースでの収穫をしているが、695gとまずまずの量が採れた。

品種は、Baldwin、Blueshower、Brightwell、Delite、Homebell、Menditoo、Ochlockonee、Powderblue、Tifblueあたり。
Tifblueは小粒なものが多い。残っている実は鳥のエサでいい。Baldwinが現在の主力、次いで多いのがBrightwell。
Brightwellは早生品種にも関わらず、いまだに収穫が続いている。すばらしい品種だ。
パテントのOchlockoneeは、大粒の実がよくそろった。確かにおいしかったが、木が小さいので能力はわからない。

2010年8月10日 (火)

穴開きチーズ

名古屋で仕事があると、電車待ちの時間を「成城石井」で過ごす。
ちょっと変わった食材を扱うスーパーらしい。
私はピクルスやらオリーブやら、カビが生えたチーズやらを買って来ては失敗している。
今日は穴の開いたチーズを買ってきた。アニメの「トムとジェリー」でおなじみの、ショートケーキ型の穴開きチーズだ。
子供たちも、わくわくした顔で群がってきた。
次男が一口食べて一言。

「にがっ」

みんな、ひとかけら食べたらいなくなった。
私も食べてみたが、たしかに苦い。

なんともいえないチーズの濃厚な味だが、子供たちには不評なのも納得。
私も正直、このまま食べようとは思わない。
三幸製菓の「新潟仕込み」に載せて食べてみた。
これはうまい。

だったら最初からコレを買えって話だな。
もちろんコレよりずっとうまいのだが、それが10袋も買える値段なんだよね…。

2010年8月 9日 (月)

ナントカオオモモブトハムシ

先日、三重県松阪市でフェモラータオオモモブトハムシが見つかった。外国産の大型で美しい甲虫だが、どうやら帰化しているらしい。
帰化したとなれば和名が付くものだが、それがなぜ「フェモラータ」なのか。たった一匹の昆虫のために「フェモラータ」という言葉を覚えなければならない。
この部分には原産国や食草を入れて欲しかったと思う。

2010年8月 8日 (日)

練習試合

いつも一緒に練習させてもらっているYN高校のバスケ部が、近くの高校で練習試合をすそうだ。
ツノ丸も自転車で見学に行った。

練習試合の相手はA高校やKG高校。ユニを借りて試合にも出してもらった。背番号はどういうわけか#4。
ツノ丸たちは、A中学との練習試合が多かったので、6年制のA高校にも知った顔がちらほら。こんなところでまた対戦することになるとは思わなかった。

ツノ丸はボールマンを守るとき、ディフェンスでずるずると下がるクセがある。抜かれないためかもしれないが、ボールを狙うわけでもないし、敵のドリブルに合わせてどんどん下がる。敵は自由にパスができるし、これではディフェンスがいないのと同じだ。何度指摘されてもこれが直せない。

バスケでは特にいいところはなかったが、家でごろごろしているよりは良かったかも。

2010年8月 7日 (土)

セミカビ

先日、次男が冬虫夏草に混じって、カビが生えたセミをたくさん採集した。
セミカビというらしい。白きょう菌病ともいう。
写真はニイニイゼミとラミーカミキリに発生したもの。

Niiniizemikabi Ramikamikirikabi

ラミーカミキリは、カラムシやムクゲを食べるカミキリムシだ。ラミーは植物の名前で、カラムシと近縁だ。麻に似た繊維を採るために栽培されている。

セミカビは、今年のように、梅雨が長いとたくさん見られるのかもしれない。それにしてもこのセミカビ、他の昆虫にこすり付けるとどうなるのだろう。

2010年8月 6日 (金)

BB収穫

ブルーベリーを収穫した。目標は1.0kgだったが、790gしかなかった。
つまみ食いで結構減ったし、不良果は鶏に与えてしまったのが失敗だったか。

品種は、Baldwin、Blueshower、Brightwell、Briteblue、Homebell、Menditoo、Powderblue、Rahi(?)、Tifblueあたり。
今まで主力だったTifblueも大半を収穫し、主力の座をBaldwinやMenditooに譲ることになる。
来週にはDelite、Ochlockoneeなども収穫できそうだ。
写真はBaldwinだと思うが、あとでもう一度確認しよう。

Bbbaldwin

2010年8月 5日 (木)

シカさん

ブルーベリーの実で、冷凍庫がいっぱいになってきたので、嫁の機嫌が悪い。
冷凍庫にあったシカ肉などを取り出して場所を空けた。
シカ肉のステーキは、市販のステーキソースをかけたこともあってうまかった。

Shikajunbi1 Shikajunbi2

2010年8月 4日 (水)

夏休みの自由研究

ツノ丸は、宿題をさっさと終わらせて、夏休みの自由研究を始めた。
今年のテーマはこれ。
外国では'China'といえば陶器のことだ。ツノ丸が取り組んでいるのは'Japan'だね。
かぶれるし、時間もかかる。
受験生は部活もないから、夏休みの自由研究は、やりたい放題だ。
Nurudejueki

2010年8月 3日 (火)

BB収穫

週に二日のペースで、ブルーベリーの収穫をしている。
今はラビットアイ系品種だけ。

小さなボウルにいっぱいあった。600gほどだった。
主力は、Tifblue、Homebell、Powderblue、Brightwell、Blueshower、Menditoo。
他に、Bluegem、Briteblueなどを味見程度に収穫。
BluegemとPowderblueは、半分以上を鶏に食われてしまった。

2010年8月 2日 (月)

謎のラビットアイ系品種

昨年、某ホームセンターで買ってきたHomebell(RE)だが、Homebell(RE)にしては、どうも成長が悪い。
接ぎ木せずにほっておいたら、Homebellとは思えない実がなった。
大実で果柄が長くて収穫しやすい。味も文句なしだ。うちにあるラビットアイ系品種と比較したが、似たような品種がない。
品種は何だろう。果柄の長さが特徴だと思うが、図鑑だとRahi(RE)が近いか。
欲しかったVernon(RE)だったら嬉しい(笑)。

Unknownmi Unknowneda

2010年8月 1日 (日)

冬虫夏草

ウズ丸を連れて、キノコ観察会に参加した。
キノコといっても、狙っているのは冬虫夏草の仲間だけ。幸い、ツクツクボウシタケ、セミノハリセンボンなどが採集できた。

Tsukutsukuhoushitake Seminoharisenbon

冬虫夏草は11個体を採集したが、採集したのは私たち親子だけ。そういう目で探したのが良かったか。
夏休みの自由研究に使えるよう、標本用に9個体を持ち帰った。

Tsukuhoridashi

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

最近のトラックバック