« 春季大会の対戦表 | トップページ | ビデオチェック »

2010年5月18日 (火)

カラタチの鉢上げ

柑橘類はダイダイやカラタチに接ぎ木することが多い。
うちは夏ミカンや紅甘夏に接ぎ木しているが、ダイダイと同じで樹勢が強いため、木が大きくなるし、結果が遅くなるそうだ。
木を小さく仕立てるためには、カラタチが向いている。カラタチ台は樹勢が抑えられるため、木を小さく仕立てることができ、結果も早いという。
結果までにかかる時間は、実感したことがないが、木の大きさだけは間違いないと思う。

今日はカラタチの実生苗を20本ほど鉢上げした。トゲが鋭いため、すべてハサミで切り落としてから、PETボトル鉢に植えた。
うちでは実生苗をPETボトルに植えている。どうせゴミだし、縦長で容量を稼ぐことができる。そして何よりいいのは、PETボトルの箱にきっちり6本入ること。
発送するときに便利だ。

そういえば紅甘夏の小さな実生苗に、アゲハの幼虫がいた。やつらはどんな小さな苗も見逃さない。私もだよ。ぷちっ…。

写真は後日。

« 春季大会の対戦表 | トップページ | ビデオチェック »

園芸」カテゴリの記事

コメント

ほ~~ カラタチですかぁ~~接ぎ木 まだ接ぎ木という作業経験がありません なんか本格的ですねぇ~ 私もいずれ覚えなきゃね 
コメントありがとうございましたo(*^▽^*)o 
オークション10万目標ですかぁ すごい 私あれっきりになってしまいました 次どうしようかと考えたままです 金額の安い商品に送料高いと 売れないよなぁ~~とか いろいろ考えているうちに固まってしまった(^-^;
また なんとか動きださなきゃね よっしゃ~~~!!

台木による育ち方や実のなり方のの違いは、よく聞きますが、カラタチ自体は見た事ありません。
ましてやその実生・・、と言う感じです(笑)
台木として使われる三宝柑は我が家では美味しいと人気がありますが、カラタチって美味しいですか?

私もある木を挿し木、または実生を育てるのに下に根が伸びる木なのでペットボトルの鉢、興味があります。
是非見てみたいです。

>>Reveilleさん
カラタチは食べられませんよ。香酸柑橘としても使われることはないと思います。
PETボトル鉢は何度か紹介しているのですが、今度、清見の実生苗と一緒に紹介したいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/34763946

この記事へのトラックバック一覧です: カラタチの鉢上げ:

« 春季大会の対戦表 | トップページ | ビデオチェック »

最近のトラックバック