« 溝役 | トップページ | BB接ぎ木経過報告 »

2010年4月12日 (月)

トマトのCMV対策

仕事帰りに、カインズ桑名店にトマトの苗を買いに行った。
ミニトマトのトゥインクル(Twinkle)@298円、伏見甘長シシトウ@58円×2、菊鉢8号@148円×4、菊鉢10号@278円×2を購入。
このトゥインクルというミニトマトはデルモンテが販売している品種だ。とても甘いらしい。
トマトはCMV(キュウリモザイクウィルス)に感染するとひどいことになるが、デルモンテの苗には、このCMVに抵抗性を持っている。
この抵抗性は、品種の特性ではなく、別のウイルスが接種されたことによるものだ。
だからデルモンテの苗を買って、その苗を切ったハサミで別の苗をチョキンとやれば、同じウイルスを接種したことになる。ひこばえを切って、切り口をぐりぐり…。
違法かも知れないので、良い子はやっちゃいけないな。

ついでに売り場の果樹をチェック。
ブルーベリーコーナーができていて、登録品種のナントカ星(NH)のセット苗がたくさん売られていた。去年、あんなに売れ残っていたのに強気だね。
ハイブッシュ系品種は、ここらでは栽培しにくいと思うのだが、カインズブランドのラベルが付いていてやる気満々だ。
今年はDuke(NH)とDixi(NH)のセット苗もあったので、買うならそっちがいいと思う。
先日紹介したブルーベリーの大苗@980円は、Blueshower(RE)が完売。Gardenblue(RE)とCoastal(RE)が並んでいた。
代わりに、Tifblue(RE)、Menditoo(RE)、Mayers(RE)などが並んでいた。1.0mくいらのシュートが何本も立ち上がったすばらしい苗だが1,980円なら普通。
前回よりもさらに立派だが、大きさをそろえるために首をはねてある。その際、先端に着いていた花芽もはねらたようで花芽が少ない。
せっかく大苗を買うのは、早く実が食べたいからだろ。なのに実がならないなんて、おバカもいいところだ。規格がそんなに大事かね。

安くて立派なクリ苗が入っていた。よく覚えていないが筑波や丹沢は598円だったかな。登録品種のぽろたんは1,480円。もっと安かったかも。うちのぽろたんより立派でくやしいので、見間違いってことにしておく。

« 溝役 | トップページ | BB接ぎ木経過報告 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/34199180

この記事へのトラックバック一覧です: トマトのCMV対策:

« 溝役 | トップページ | BB接ぎ木経過報告 »

最近のトラックバック