« トマトのCMV対策 | トップページ | はまかおりさん »

2010年4月13日 (火)

BB接ぎ木経過報告

接ぎ木したブルーベリーの様子を観察した。
今年は丁寧に接ぎ木したつもりだが、その後が悪かった。脱走した鶏に伸びていた新芽を食われたり、伸びたら花芽だったという穂木もあった。
鶏にすべての芽を食われたのはダメかも知れないが、それ以外の穂木は別の芽を伸ばしつつある。
台木から伸びている芽を摘み取っておいた。せめて半分は成功して欲しいところ。
Chandler(NH)の挿し穂が余ったので、子供たちに接ぎ挿しをさせたが、これも花芽のようだ。接ぎ挿しは失敗のようだ。

昨年、ブルーベリーをシャシャンボに接ぎ木した。
シャシャンボ台木にRancocas(NH)、接ぎ木に使ったテープは電工テープ。品種もやり方も子供の頃と同じだ。
接ぎ木は問題なく成功したが、バスケットボールやシャシャンボツバメスガにやられて、穂木が折れてしまった。
こちらはあきらめていたが、新しい芽が伸びつつあった。

Bbherberttsugi100424

« トマトのCMV対策 | トップページ | はまかおりさん »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/34217919

この記事へのトラックバック一覧です: BB接ぎ木経過報告:

« トマトのCMV対策 | トップページ | はまかおりさん »

最近のトラックバック