« 調整中 | トップページ | こけこっこー♪ »

2010年3月10日 (水)

カキの剪定

今日は雨だと聞いていたが、なぜか晴れてしまったので徹夜明けにもかかわらず、寝ないで
カキの剪定をした。庭にある40年生のカキの木だ。
これくらいになると、いかに小さく維持するかが剪定のポイント。剪定で安定した収穫と、登りやすい樹形を維持したい。
今のままでも特に不自由はないのだが、今年は接木をして、欲しい場所に新しい枝を作ろうと思っている。
カキは台木が芽吹いてから接木しなければならない。そのためには、穂木を冷蔵庫で保存しておく必要がある。
剪定した枝の中から、穂木に使えそうな枝を選び、湿った新聞紙でくるんで、冷蔵庫で保存した。

夕方、軽トラ2杯の黒ボク土を山で採ってきて、田んぼを埋め立てた。昨日までの雨で、土が重いが、おかげでスギ花粉も少ないようだ。

« 調整中 | トップページ | こけこっこー♪ »

園芸」カテゴリの記事

コメント

KOHさんのところは何柿に何柿を接ぐのですか?
うちの実家は、渋柿に次郎柿としもごねりと言う品種を接ぎたいそうです。でもまだ台が芽吹いておりませんであと2週間くらい先になりそうです。
この組み合わせでの親和性はいかがでしょうか。

うちは富裕に富裕を接木します。欲しい場所に枝を作るための接木です。
カキは10品種ほどあるのですが、多品種接ぎも必要ないし、高接ぎで更新したい品種もありません。
ところで、渋柿に次郎を接木すると、接木不親和が起こる可能性があります。
せめて台木が不完全甘柿だと大丈夫だと思うのですが。

ありがとうございました。
やっぱり不親和性がありそうですか。
では、接げるかどうかわかりませんが、中間に入れたら大丈夫な柿の品種もなさそうなので、とりあえず接ぐだけ接いでみますね。
アドバイスをありがとうございました。m(_ _)m
昨日、会社の主婦仲間達と柿の話で盛り上がったのですが、その中である主婦の方のお家の甘柿がゴマが降るのに、渋みが少しあると言った話を聞きました。
私は、渋柿に甘柿を接ぐとそんな可能性があるのかと思っていましたが、品種として、そんな柿もあるのですか?

>>Reveilleさん
接木が渋に関係することはないと思います。
甘柿と思っている品種が、完全甘柿ではなく不完全甘柿なのではないでしょうか。
不完全甘柿は、種の数によって渋が残ったり、残らなかったりします。
なお、富裕や次郎でもヘタ付近に渋が残ることがありますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/33733907

この記事へのトラックバック一覧です: カキの剪定:

« 調整中 | トップページ | こけこっこー♪ »

最近のトラックバック