« 県知事賞 | トップページ | BB畑2号完成 »

2010年2月12日 (金)

レギュラー争い

ウズ丸は柔道の練習だった。今週は風邪で欠席したが、家で打ち込みを続けていたため、動きは悪くない。
いつものように練習が終わってから先生が一言。
「5年生は全員残れ」
レギュラーを決めるための試合だった。6年生の軽量級で強い子も2人残っていた。

ウズ丸の1試合目、相手は5年生の重量級だった。
ウズ丸は攻め続けるが、逃げる相手に手を焼いて引き分けだった。判定なら圧勝。
次は5年生軽量級。体が小さいが、運動神経のいい相手だ。何度も投げるが、うまくかわされる。攻め続けるうちに相手が疲れてきたようで、無理やり投げて一本勝ち。
次は5年生軽量級の副キャプテン。この学年のNo.2だ。
互いに背負い投げを狙うが決まらない。ウズ丸は逃げる敵を追って体当たり、同時に足をかけた。相手は反転してかわそうとするが、腕をつかんでつぶした。なんという技なのか知らないが、これで一本。これは練習では隠していた技だ。先生も「よく考えたな」と絶賛だった。
次は6年生軽量級。さすがに強い。相手の背負い投げをかわして、すぐに軸足を刈る。これはほとんど空振りだったが、先ほどと同じく、体当たりして腕の力でねじ伏せるように落として一本勝ち。
これも練習では隠していた技だ。金星かもしれない。
次は5年生重量級のキャプテン、学年No.1だ。
ウズ丸は重量級だと、支え釣り込み腰を狙わなくなる。これはよくない。普通の投げをかろうじてかわした後、押さえ込まれて一本負けした。
これだけ体格が違うと、普通の柔道で勝てるとは思えない。こういう相手には、小内巻込みを狙うべきだと思う。

以下は、先生の意見。
きちんと組む柔道も少し練習しておくように。
すべての技が決め技になっている。フェイクを一つ入れることも考えよう。
最初から最後まで攻め続けるのではなく、休む時間を作った方がいい。

次までに直しておく。組む柔道は無理だけど。

« 県知事賞 | トップページ | BB畑2号完成 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

すごい。お見事でした。
そしてKOHさんの実況中継もまさしく試合を見ているかの様でした(笑)

バスケだけでなく、柔道も家で練習相手になってあげられるのですか?

本当に投げると、ツノ丸では受身ができないし、
私では体格が違うので役立ちません。
家でできるのは、打ち込みの相手だけです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/33355987

この記事へのトラックバック一覧です: レギュラー争い:

« 県知事賞 | トップページ | BB畑2号完成 »

最近のトラックバック