« N×Tで青歯 #2 | トップページ | コントローラの製作 »

2010年1月21日 (木)

NXTでBluetooth

ツノ丸が帰ってきたので、2台のNXT本体(インテリジェントブロック)に名前を付けた。
方法はこうだ。
ロボラボでプログラムの作成画面を表示する。
するとアイコンを指定するパレットNxtpalette が表示されるので、NXT Window(左上)をクリックする。
ここでは通信相手となるNXTを選択するのだが、選択するとNXT Dataという窓が表示されるので、そこを直接書き換えて[Enter]を押せば名前を変更できる。
Nxtrename
新しいNXTには、uzu-oという名前を付けた。
さあ、昨日の続きだ。
今日はうまくいったので、NXTでBluetoothを使う手順をまとめておこう。

  1. 双方のNXT本体を操作してBluetoothをONにする。
  2. Searchで周囲のBluetooth機器を検索する。
  3. 接続したいNXT本体を選択する。
  4. その機器を何番のチャンネルに割り当てるか決める。

チャンネルは0~3が指定できるが、プログラムで使ったチャンネルを指定する。
いったん接続したら、電源を切るまではそのまま使うことができる。マスタ側のプログラムだけで、スレーブ側のモータを回すことができる。
いったん電源をOFFにすると設定は忘れてしまうが、再設定はマスタ側だけでいい。
Boluetoothを選択すると、MyListに前回の通信相手が残っているので、それを選択すればそのまま使用できる。スレーブ側のNXT本体は起動するだけで良い。
ファームウエアは、version 1.28を使用しているが、version 1.05でも正しく動作することを確認した。

通信プログラムなどについては、NXCの日本語マニュアルの「XI. ロボット間の通信」を参考になる。私が組んだプログラムも参考になるかもしれない。

« N×Tで青歯 #2 | トップページ | コントローラの製作 »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
ファームウエア、webサイトでは古いままです。
1.28がこちらにありましたので紹介しておきます。
http://legoengineering.com/library/doc_details/250-nxt-firmware-v128.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/33079860

この記事へのトラックバック一覧です: NXTでBluetooth:

« N×Tで青歯 #2 | トップページ | コントローラの製作 »

最近のトラックバック