« BB資材の発注 | トップページ | BBの土採り »

2010年1月 5日 (火)

ジョイスティックの修理

先日壊れたジョイスティックを返品せずに修理することにした。
筐体を開けると、配線が切れている。
配線をハンダで留めようと思ったが、どうもハンダがのらない。
こういった配線は、銅とかスズメッキされた銅線が定番だが、ただの鉄線が使われているらしい。さすが中国製だ。
修理すると無事にすべてのボタンが利くようになった。

それにしても使いにくいジョイスティックだ。故障だけではない。底部の吸盤は使っているうちに滑って、不自然なところでまたくっつく。レバーの頭のネジが緩む。ネジが緩んでも頭をくるくる回せば直るかと思いきや、軸部分にカバーがあって空回りして強く締め付けることもできない。
サンワサプライ USBアーケードスティック JY-A39USだ。みんなも気を付けよう。
写真は修理後の状態。左の8ボタンを接続するのが裸鉄線。
Joystick100109

« BB資材の発注 | トップページ | BBの土採り »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/33040432

この記事へのトラックバック一覧です: ジョイスティックの修理:

« BB資材の発注 | トップページ | BBの土採り »

最近のトラックバック