« 田んぼを畑に | トップページ | 畑作り »

2010年1月30日 (土)

黒ボク土の林

私が黒ボク土を採っている林は、昔は畑だった。
1990年に東海環状自動車道の計画が持ち上がり、その際に耕作放棄された。
元々、家から離れた畑で水の便が悪く、野菜を作るにはあまり向いていない。果樹を植えるといいのだが、いずれ道路になると聞いては植える気がしない。
あたり一帯の畑が耕作放棄され、畑への山道もササが茂って軽トラしか通れなくなっていた。

耕作放棄されて約20年が経ったが、道路はまだ造られていない。2008年にようやく測量に入ったが、昨年の政権交代で工事はストップしたようだ。この先、どうなることやら。

林の中を歩いたら、八朔とキウイフルーツとクリが生きていた。いずれも大木になっていたが、他の樹木に押されて樹勢は悪いようだ。いずれ何とかしたい。

キウイフルーツは私が中学生の頃に買った木だ。品種はアボットだ。雄木もまだあるのだろうか。ツルが絡まっていてよくわからなかった。
当時、キウイフルーツと一緒にブルーベリーを買った。ランコカスやハーバートは30年近く経過した今も元気だ。
クリの木は3本あった。品種は覚えていないが、ひじょうに大実の品種らしい。大きなクリを2粒拾ってきて、植木鉢にまいてみた。

もうこの林が畑に戻ることはないだろう。
だが、どうせ高速道路になってしまうなら、貴重な黒ボク土だけでも利用したいと思っている。

今日は軽トラ4杯の黒ボク土を田んぼに運んだ。
それから山道を補修して、林縁の草を刈り、クヌギの苗を2本植えた。道路が造られないまま10年もたてば、シイタケのホダ木に使えるだろう。

写真は畑の中の軽トラ。黒ボク土を採った跡が道に見える。

Kurobokuhori100131

« 田んぼを畑に | トップページ | 畑作り »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/33188449

この記事へのトラックバック一覧です: 黒ボク土の林:

« 田んぼを畑に | トップページ | 畑作り »

最近のトラックバック