« 小内巻き込み | トップページ | N×Tで青歯 #2 »

2010年1月19日 (火)

N×Tで青歯

先週から週イチで名古屋の会社に通っている。
今日は会社で、N×Tの青歯通信に取り組むことになった。
情報を検索した人が、私の失敗例の記事を読むことがないように配慮して、いろいろ伏字で書くことにする。現場では青歯なんて言ってないから誤解しないように。

2台のN×T本体を用意して、それぞれをマスターとスレーブと考える。本体に対する設定は一切せず、それぞれに単純なプログラムを転送して実験。

task main() {
  if( BluetoothStatus(0)==NO_ERR ) {
    TextOut(0, 0, "OK");
  }
  else {
    TextOut(0, 0, "Error!");
  }
  Wait(3000);
}

これはスレーブ側が、マスターが存在するかどうかを調べる処理だ。うまく動かなかった。
この時、N×T本体のファームは共にversion 1.01だった。そういえばN×T発売当時、青歯は後日対応になっていたな。
ロボラボを起動して、ファームをCD-ROMに収録されていたversion1.05に更新したが、やはり失敗。もしかしたらデフォルトで青歯がOFFになっているのかもしれない。
本体メニューから、青歯の設定ができる。2台の青歯をONに設定し直したがダメだった。

ところで、N×T本体で青歯の機器検索をすると、何台ものN×T本体に加えて、ケータイやノートPCまで検出した。悪いことはできないね。

こんなことを試しながら、この日は終了した。

« 小内巻き込み | トップページ | N×Tで青歯 #2 »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/33079825

この記事へのトラックバック一覧です: N×Tで青歯:

« 小内巻き込み | トップページ | N×Tで青歯 #2 »

最近のトラックバック