« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

畑作り

このブログへの訪問者が10万人を超えた。こんな個人的な備忘録を、いつも読んでくれてありがとう。

今日もツノ姉とツノ丸に手伝ってもらって、田んぼに土を運んだ。軽トラに2杯ほど運んだところで、雨が降ってきたため作業を終わった。
庭に生えていたコナラを2本、土を採っている林に植えた。
それからシイタケの廃ホダを林に捨てた。廃ホダは一ヵ所に積み上げて、カブトムシやクワガタの幼虫の餌場になるようにした。

Kurobokukei100131

ウズ丸たちは県大会の準決勝だったが、KMBCに敗れて3位に終わった。この日も最後まで6年生で戦ったそうだ。

2010年1月30日 (土)

黒ボク土の林

私が黒ボク土を採っている林は、昔は畑だった。
1990年に東海環状自動車道の計画が持ち上がり、その際に耕作放棄された。
元々、家から離れた畑で水の便が悪く、野菜を作るにはあまり向いていない。果樹を植えるといいのだが、いずれ道路になると聞いては植える気がしない。
あたり一帯の畑が耕作放棄され、畑への山道もササが茂って軽トラしか通れなくなっていた。

耕作放棄されて約20年が経ったが、道路はまだ造られていない。2008年にようやく測量に入ったが、昨年の政権交代で工事はストップしたようだ。この先、どうなることやら。

林の中を歩いたら、八朔とキウイフルーツとクリが生きていた。いずれも大木になっていたが、他の樹木に押されて樹勢は悪いようだ。いずれ何とかしたい。

キウイフルーツは私が中学生の頃に買った木だ。品種はアボットだ。雄木もまだあるのだろうか。ツルが絡まっていてよくわからなかった。
当時、キウイフルーツと一緒にブルーベリーを買った。ランコカスやハーバートは30年近く経過した今も元気だ。
クリの木は3本あった。品種は覚えていないが、ひじょうに大実の品種らしい。大きなクリを2粒拾ってきて、植木鉢にまいてみた。

もうこの林が畑に戻ることはないだろう。
だが、どうせ高速道路になってしまうなら、貴重な黒ボク土だけでも利用したいと思っている。

今日は軽トラ4杯の黒ボク土を田んぼに運んだ。
それから山道を補修して、林縁の草を刈り、クヌギの苗を2本植えた。道路が造られないまま10年もたてば、シイタケのホダ木に使えるだろう。

写真は畑の中の軽トラ。黒ボク土を採った跡が道に見える。

Kurobokuhori100131

2010年1月29日 (金)

田んぼを畑に

借りている田んぼを少し埋め立てて、畑を作ることにした。
ちょうどツノ丸が早く帰ってきたので、ツノ丸とウズ丸を連れて、黒ボク土を採りに行った。
もうすぐスギ花粉が飛ぶ季節だ。林の中での作業は、それまでに終わらせておきたい。

今日は10号の菊鉢×20とプランターを軽トラに満載して土を運んだ。結構な量を運んだつもりだったが、土を広げたらたいした量ではなかった。
田んぼなので高畝にしないといけないから、黒ボク土の厚さは50cmほど欲しい。
明日は朝から2-3往復しようと思っているが、これでは先が思いやられる。畑に作るのはかなり大変そうだ。

土を田んぼに入れてから夕食までの時間、兄弟で100本ほどシュート練習をさせた。
二人ともシュートフォームは少しきれいになってきたが、まだ安定していないようだ。油断すると、すぐに元通りになる。

2010年1月28日 (木)

ウズ丸の傷

一昨日、ウズ丸が小学校でケガをして帰ってきた。
教室の入り口でジャンプして、入り口の上の部分を手でつかんだら、手が切れていたという。わりと大きな切り傷だったらしく、保健の先生が病院に連れて行ってくれたそうだ。

今日は、再診のため、ウズ丸を病院に連れて行き、それから小学校まで送っていった。
傷口は確かに大きかったが、きれいにくっつきそうだ。次の日曜日は県大会の準決勝。それまでには治しておきたい。

2010年1月27日 (水)

八朔

私は柑橘類の皮をむくのが得意だ。八朔なら5分もかかずに皮をむける。
子供たちは、自分から八朔を食べようとはしないが、皮をむいた八朔はよく食べる。
私が八朔をむいて丼に入れておくと、子供たちが食べて、いつの間にかなくなっている。学校にも八朔だけの弁当箱を一つ余分に持っていく。
みかん箱いっぱいの八朔は、一週間ほどで無くなりそうだ。

今日は子供たちの前で八朔をむいてみた。
ストップウオッチでタイムを計ったら、結果は3分30秒。5分かからないとは思っていたが、思っていたよりさらに速い。

2010年1月26日 (火)

フォークリフト

家に帰ったら、ツノ丸がフォークリフトを作っていた。
荷物(タイヤを連結したもの)を挟んで持ち上げる動作をさせたいらしい。
Liftandnxt100127
先日作ったコントローラから、Bluetoothで左右のモータを回すようにしたが、うまく動かないという。片方のモータしか動かないらしい。
ソースを見せてもらったが特に問題はない。
処理手順をモータの左右ではなく、右左に変更すると、右だけが回った。
これでわかった。処理が追いつかないのだろう。
左のモータを回してから、0.1秒ほどウエイトを入れてから右のモータを回したところ、うまく動くようになった。

NXT本体を取り外すとこんな感じ。なかなかうまいね。
Liftnonnxt100127

2010年1月25日 (月)

安い冷凍BB

安い冷凍ブルーベリーが売っていたので買ってきた。453gで200円ほど。アメリカ産の大粒ブルーベリーだ。
味見をしてみると、甘みが少なくて、草のような風味があっておいしくない。生食はあきらめてコンポートを作ることにした。

まず農薬が気になるのでブルーベリーを洗った。表面の霜が取れると、果実本来の色がわかる。色は紫がかった実が多く、完熟ではないようだ。
このブルーベリーに、夏ミカンの果汁と砂糖を入れて鍋で10分ほど加熱した。
味はおいしくなったが、相変わらず草の香りが気になる…。
鍋のフタを開けたまま半日ほど冷ましておいたら、草の香りが薄れてブルーベリージャムのような香りになった。どうやら草の香りと思っていたのは、ブルーベリージャムの香りが濃くなったものらしい。
出来上がったコンポートは子供たちに好評だった。

店でブルーベリージャムを調べると、オレゴン産のブルークロップや、デュークが使われていた。
カナダ産のブルーベリーの蜂蜜漬けもあった。カナダ産となると、ノーザンハイブッシュではなく、ローブッシュ系の品種だと思う。
今回の冷凍ブルーベリーもそんな気がする。
写真は後日。

2010年1月24日 (日)

県大会・二日目

県大会二日目、今日もYAKは1試合だけ。
3回戦の相手はNBだった。
昨日と同じような布陣で戦い、前半だけで10点差を付けての快勝でベスト4進出。
せいぜい1QTだと思うが、来週にはウズ丸の出番があるかもしれない。

2010年1月23日 (土)

県大会・初日

ウズ丸はバスケの県大会。
うちのチームは5校ルールで全国大会に出ることはできない。そのため全国大会予選ではなく、岡村杯にエントリーしている。
冬の地区大会で優勝したので、トーナメントはシード扱い。1回戦はなく、夕方から2回戦、相手はHFだった。
6年生最後の大会なので、6年生中心で戦うだろうと思っていたが、その予想通り、1QTから全員6年生という布陣だった。1QTを終わって5-7。
2QTは5年生を一人使って17-17の同点で終わった。
3QTはプレスに手を焼いて、点差を広げられる場面もあったが、なんとか戻して27-28。ちょっとやばいかも。
4QTにYAKのCがファウルアウトしたが、終盤にようやく逆転して33-32。残り数秒でファウルを得た。フリースローを1本入れ、34-32で勝つことができた。

明日は3回戦。明日もウズ丸の出番はないだろう。ウズ丸の登場は来週の準決勝あたりだと思っている。

2010年1月22日 (金)

コントローラの製作

自宅でレゴの仕事を続けている。
Bluetoothで遠隔操作ができるようになったので、軽快に作業が進む。ツノ丸も一緒になって、好き勝手な物を作っている。
私は手持ちのコントローラを作っていたのだが、ツノ丸はレバー式のコントローラを作った。
左右のレバーを前後に動かすことで、フォークリフトの左右のタイヤを制御する。ツノ丸は稲刈りの手伝いで乗ったコンバインと同じ方式にしたとのこと。なるほどね。タッチセンサを四つも使った贅沢なメカだ。
プログラムを見せてもらうと、ちょっとおバカな感じがしたので修正を加えた。
写真はツノ丸バージョンのコントローラ。

Liftcontroler100127

昨日も書いたが、通信プログラムなどについては、NXCの日本語マニュアルの「XI. ロボット間の通信」を参考になる。
私が組んだプログラムも参考になるかもしれない。

2010年1月21日 (木)

NXTでBluetooth

ツノ丸が帰ってきたので、2台のNXT本体(インテリジェントブロック)に名前を付けた。
方法はこうだ。
ロボラボでプログラムの作成画面を表示する。
するとアイコンを指定するパレットNxtpalette が表示されるので、NXT Window(左上)をクリックする。
ここでは通信相手となるNXTを選択するのだが、選択するとNXT Dataという窓が表示されるので、そこを直接書き換えて[Enter]を押せば名前を変更できる。
Nxtrename
新しいNXTには、uzu-oという名前を付けた。
さあ、昨日の続きだ。
今日はうまくいったので、NXTでBluetoothを使う手順をまとめておこう。

  1. 双方のNXT本体を操作してBluetoothをONにする。
  2. Searchで周囲のBluetooth機器を検索する。
  3. 接続したいNXT本体を選択する。
  4. その機器を何番のチャンネルに割り当てるか決める。

チャンネルは0~3が指定できるが、プログラムで使ったチャンネルを指定する。
いったん接続したら、電源を切るまではそのまま使うことができる。マスタ側のプログラムだけで、スレーブ側のモータを回すことができる。
いったん電源をOFFにすると設定は忘れてしまうが、再設定はマスタ側だけでいい。
Boluetoothを選択すると、MyListに前回の通信相手が残っているので、それを選択すればそのまま使用できる。スレーブ側のNXT本体は起動するだけで良い。
ファームウエアは、version 1.28を使用しているが、version 1.05でも正しく動作することを確認した。

通信プログラムなどについては、NXCの日本語マニュアルの「XI. ロボット間の通信」を参考になる。私が組んだプログラムも参考になるかもしれない。

2010年1月20日 (水)

N×Tで青歯 #2

昨日の続きだ。今日は自宅での作業。
自宅の方が機材や工具が多い。必要とあらばサーボモータのケーブルを2mにだって延長できるし、青歯を搭載した機器を一覧で表示なんてこともできる。

今日用意したのは、ウズ丸のN×T本体。昨年、サンタさんが置いていったN×T2.0に入っていたものだ。
ファームウエアを確認すると、なんとversion 1.28だった。
ロボラボから本家webサイトをチェックしても最新は1.05ということになっている。サンタさんはこれをどこから持ってきたのか。とりあえずN×T2.0付属のロボラボで、ツノ丸のN×T本体のファームウエアを更新した。
昨日もマスターとスレーブにそれぞれサンプルを書き込んでテストしたが再び失敗。

ふと気づいたが、ツノ丸のN×T本体には、tsuno-oという名前が付いていた。どうやって設定したのだろう。ツノ丸が帰ってきたら聞いてみよう。

2010年1月19日 (火)

N×Tで青歯

先週から週イチで名古屋の会社に通っている。
今日は会社で、N×Tの青歯通信に取り組むことになった。
情報を検索した人が、私の失敗例の記事を読むことがないように配慮して、いろいろ伏字で書くことにする。現場では青歯なんて言ってないから誤解しないように。

2台のN×T本体を用意して、それぞれをマスターとスレーブと考える。本体に対する設定は一切せず、それぞれに単純なプログラムを転送して実験。

task main() {
  if( BluetoothStatus(0)==NO_ERR ) {
    TextOut(0, 0, "OK");
  }
  else {
    TextOut(0, 0, "Error!");
  }
  Wait(3000);
}

これはスレーブ側が、マスターが存在するかどうかを調べる処理だ。うまく動かなかった。
この時、N×T本体のファームは共にversion 1.01だった。そういえばN×T発売当時、青歯は後日対応になっていたな。
ロボラボを起動して、ファームをCD-ROMに収録されていたversion1.05に更新したが、やはり失敗。もしかしたらデフォルトで青歯がOFFになっているのかもしれない。
本体メニューから、青歯の設定ができる。2台の青歯をONに設定し直したがダメだった。

ところで、N×T本体で青歯の機器検索をすると、何台ものN×T本体に加えて、ケータイやノートPCまで検出した。悪いことはできないね。

こんなことを試しながら、この日は終了した。

小内巻き込み

ウズ丸は既に県大会モード。前哨戦となる紀南大会に向けて、ウズ丸が調子を上げてきた。
昨日は小内巻き込みを使っていいか、先生に確認したそうだ。ルール上は問題ないとの返事だった。

そして今日、乱取りの中学生相手に試してみた。
ウズ丸がこの技を意図的に使わなくなってからずいぶんたつし、道場でこの技を使うのは、ウズ丸ただ一人。
一本とはいかなかったが、身長170cmを超える中学2年生を倒す会心の一撃だった。
その後、怒った中学生に投げられていたのは当然だが。

2010年1月18日 (月)

せとか再び

もう一度、味見をしようと「せとか」を収穫してきた。
皮も剥きやすくなっていて、味もうまい。本来の収穫期は2月だから、もう少ししたら、さらにおいしくなるだろう。
だが、この品種は子供たちにも大人気。孫たちに「せとかはもうないの?」と聞かれれば、親父は張り切って収穫してしまうだろう。

写真の3個は、部屋で1-2週間置いて、減酸させてから食べようと思っている。

Setoka0121

2010年1月17日 (日)

初バスケ

私が所属するチームの初バスケに、NA中学のバスケ部を3人連れて行った。
#7にカットを教えたり、1年生にドリブルを教えた。
1試合目は、私+中学生4人vsそれ以外で4QTきっちりと試合をした。私がすべて指示を出した。うるさいほど指示を出したところ、試合は圧勝することができた。

試合が終わる頃に、34Kの子が3人やって来た。今度は時間の都合で34Kvsそれ以外で3QTほど試合をした。私はその他チームに入ったが、中学生のゾーンプレスにやられて、こちらは大敗だった。
久しぶりのバスケだったが、連日の土運びが効いたのか、体がずいぶん軽かった。

2010年1月16日 (土)

北勢大会二日目

先日、C(センター)が練習中のケガで負傷。こけてヒザを打ち、さらに顔を4針縫ったそうだ。
NA中学校のバスケットゴールは、信じられないことにアスファルトの上にある。ツノ姉も大きなケガをしたことがあるし、なんとか改善して欲しい。
使用禁止になると嫌なので、誰も言い出さないのだが。

そんなわけで、今日はCB中学校と対戦したもののトリプルスコアの大敗。NA中学校はレギュラー以外がほぼ素人。主力の退場、欠場は命取りになる。
ツノ丸も女の子がせっかく応援に来てくれたというのに、まったくいいところなし。

2010年1月15日 (金)

寒い日

先日、客土したブルーベリー畑に、ピートモスをすき込むことにした。
今日は午後になっても寒い。15:00を過ぎてから土を耕してみたが土は凍ったままだった。土が砕けないため、ピートモスを混ぜられない。また今度にしよう。

ウズ丸が自転車でこけて足が痛いというので柔道の練習を休ませた。代わりにバスケの練習をしていたわけだが…。

2010年1月14日 (木)

ISDNモデムの設定

某事業所に、DELL Vostro1520を納品した。こちらは箱から出して、ちょっとしたセットアップだけで作業完了。
インターネットに接続しないので、ウイルス対策ソフトも不要と言われた。金額は63,000円なり。

ここでは国保連への電子請求システムを導入しようとしていた。担当者がISDNモデムをセットアップしていたが、朝からやっているがうまく動かないというので、代わりにセットアップしてやった。いやあ、そんなに感謝してもらわなくてもいい。2,100円請求しとくから。

それにしてもこのご時世にまだISDNなのか。
このシステムを導入するためには高いシステムを買わねばならない。そのため請求を代行してくれる業者も存在するという。なんというか、すべてがお役所仕事…。

はやか

柑橘類の新品種「はやか」が売っていたので食べてみた。
皮を剥くと「はるみ」のように果肉が充実しているように感じるが、「はるみ」よりも袋が厚くて口に残る。
果皮の着色より先に中身が熟す品種らしく、生産者がそのことを知らないと酸が抜けきったミカンになる。今回買ったものも、ほんの少し収穫が遅いように感じた。

うちにある「はるみ」や「せとか」に比べると、とても育てやすい品種だというが、うちがこの品種を植えることはないと思う。

2010年1月13日 (水)

桧皮

黒ボク土で地植えするので地面に何かマルチをしたい。
稲ワラはたくさんあるが、すぐに腐ってしまうし、腐植質はブルーベリーの根を食べるコガネムシを呼び寄せる気がする。
バーク(樹皮を砕いたもの)は良さそうだが、こんな田舎に住んでいるのにバークを買うのはばかばかしい。
山に行ったついでに、桧皮(ひわだ=ヒノキの皮)を採ってきた。桧皮を適当な長さに切ってみたら、なかなかいい感じ。みかん箱いっぱい作ってみた。
写真はまた後日。

2010年1月12日 (火)

練成大会

昨日、ウズ丸は柔道の大会に参加した。県の練成大会だ。
この大会は基本的には団体戦だが、相手の強さを見て、任意の選手を好きなタイミングで試合に出すことができる。いわば県レベルの練習試合のようなものだ。

ウズ丸はやや体格のいい選手を狙って畳に上がった。この時期になると、腹の探り合い。
本人いわく、全勝も狙えたが、あえていくつかの技を封印したという。結果は2勝2敗とまずまず。
昨年の暮れから一度も柔道の練習がなかったが、あまり力は落ちていないようだ。

2010年1月11日 (月)

客土終了

連休中は天候に恵まれて、毎日、穴を掘っていた。
庭土を掘り出して、代わりに黒ボク土を入れる作業だ。穴の深さはせいぜい1mほどだが、軽トラ1台を埋められるほどの広さになった。
私が土を掘り出し、子供たちは植木鉢に小分けした土を軽トラに積み込んでくれた。

初日は軽トラで300L×4往復。行きは庭土、帰りは黒ボク土を運ぶ。二日目は1往復、三日目は7往復で合計3600L。重さにして4tもの土を運んだことになる。
黒ボク土にはピートモスとモミガラを混ぜるつもりだったが、すぐに使い切ってしまい、黒ボク土を客土するだけで終わった。後日、ピートモスを混ぜるために、また土を掘り返す必要がある。

Bbhatakehori100110

 

 

2010年1月10日 (日)

壮行試合

昨日はウズ丸たちのバスケ団の壮行試合があった。
県大会に出るチームが集まっての強化試合で、この時期によく行なわれる。
時期的なものか、YAKは6年生をフルに使っての試合だった。ウズ丸たち5年生は人数合わせで1QTプレイしただけ。
6年生は経験が浅い。ボールを運べるのは#4だけ。そのためゾーンプレスをされると、5年生チームにもつぶされてしまう。先日優勝したというのに、同じチーム相手に敗れて3試合全敗だった。
ウズ丸は各試合1QTずつ、ファウルアウト寸前の6年生と交代しただけだった。

県大会を6年生だけで戦うなら、何か対策を取らないといけない。3QTにウズ丸を出せば解決するけどね。

2010年1月 9日 (土)

北勢大会

ツノ丸はバスケの大会があった。
くじ運が良くて、トーナメント1回戦は試合がなかった。初戦の相手はNS中学。#4だけが突出してうまいチームなので、顧問の先生が作戦を立てた。

(1)ツノ丸に敵#4がマッチアップしたら心中。
 ツノ丸が敵#4をおびき出してディフェンスに参加させない。
(2)相手がゾーンなら、サイドからローポストを攻める。
 片側にディフェンスが偏ったら、ツノ丸が逆サイドで1on1。

相手チームは(1)の作戦だった。予定通り、ツノ丸はほとんどドライブをしない。外から攻めるフリをして敵#4を外におびき出す。味方がシュートを打ったら、敵#4を相打ちでスクリーンアウトしてリバウンドに参加させない。
ツノ丸が囮になっている間、#5と#6(?)が得点を重ねる。10点以上リードして前半を終わった。
後半が始まってしばらくすると、ドリブルのうまい敵#8がツノ丸相手にファウルアウト。つなぎ役がいなくなったため、敵は#4の1on1しか攻め手がなくなった。
こちらも#10(?)と#6(?)が立て続けにファウルアウトしたが、敵#5(?)もファウルアウトさせたので問題なし。試合は56-44で勝ち、3回戦に進出した。

2010年1月 8日 (金)

客土

庭の片隅にブルーベリーを植えることにした。
植木鉢で育てていた株が大きくなってきたので、地面に植えてもっとたくさんの収穫を狙うことにした。いつかクリスマスに電飾がかけられるほどの大木になってくれるといいのだが。
うちの庭の土は、ブルーベリーには向いていない。まずは土作りから取り掛かることにした。この連休を使って庭の土を入れ替えよう。

庭の土を掘り上げて、石を取り除いて田んぼに捨てた。田んぼは一部分を畑にしようと思っているので、土は多いほどいい。こうしてできた大きな穴を、山から採ってきた黒ボク土で埋め立てる。この繰り返しだ。
この日は庭と山、庭と田んぼをそれぞれ2往復した。一度に運べる土の量は、10号鉢に20個分。10号鉢の容量は15Lだから、15L×20鉢×4往復で1200Lほど。重さにすると1tを超える土を運んだ計算になる。
ウズ丸がよく手伝ってくれたので助かった。

Bbhatake100110

2010年1月 7日 (木)

打ち合わせ

打ち合わせのため名古屋へ出かけた。
ここの事業所では、インクカートリッジを残しておいてくれる。
朝、カバンにミカンを詰めて持って行き、ミカンをみんなに配った後、そのカバンに空のインクカートリッジを詰めて帰ってきた。
来週から週イチで仕事に通うことになった。

2010年1月 6日 (水)

BBの土採り

山に出かけて黒ボク土を採ってきた。黒ボク土は酸性で通気性が高く、ブルーベリーがよく育つ。
こんな寒い時期には作業をしたくないのだが、学校が休みで子供達が家にいる時期は限られる。夏休みは蚊がひどいし、春休みは花粉がひどい。

耕作放棄された茶畑が荒れて林になっている。その林に分け入って黒ボク土を採ってきた。
町内で黒ボク土が採れる場所は限られているが、幸いにして叔父の所有する山林が黒ボク土だった。しかも高速道路が通るため、いずれこの山林はなくなることになっている。

ササを刈り、土を掘って10号の菊鉢に入れ、これを軽トラに20個ほど並べて帰ってきた。写真の右下が黒ボク土だ。

Kuroboku100110

2010年1月 5日 (火)

ジョイスティックの修理

先日壊れたジョイスティックを返品せずに修理することにした。
筐体を開けると、配線が切れている。
配線をハンダで留めようと思ったが、どうもハンダがのらない。
こういった配線は、銅とかスズメッキされた銅線が定番だが、ただの鉄線が使われているらしい。さすが中国製だ。
修理すると無事にすべてのボタンが利くようになった。

それにしても使いにくいジョイスティックだ。故障だけではない。底部の吸盤は使っているうちに滑って、不自然なところでまたくっつく。レバーの頭のネジが緩む。ネジが緩んでも頭をくるくる回せば直るかと思いきや、軸部分にカバーがあって空回りして強く締め付けることもできない。
サンワサプライ USBアーケードスティック JY-A39USだ。みんなも気を付けよう。
写真は修理後の状態。左の8ボタンを接続するのが裸鉄線。
Joystick100109

2010年1月 4日 (月)

BB資材の発注

挿し木苗を育てるためにスリット鉢と、ピートモスを発注した。
スリット鉢はロング型の5号鉢を選んだ。スリット鉢は他の植木鉢に比べると、詐欺かと思うほど容量が少ない。容量を稼ぐために、同じ直径で高さがある鉢を選んでみた。
スリット箱は菊鉢に比べるとかなり高価だが、箱買いをすると意外に安く買える。1箱には260鉢も入っているので、半分は転売しようと思っている。
ピートモスはサハリン産の粗いものを選んだ。土が酸性になれば何でもいい。もっとも安いピートモスを選んだ結果がこれ。

2010年1月 3日 (日)

BB植替え

ブルーベリーの植替えをした。ブルーベリーの植替えなんて年中やっている。特に買ってきたばかりの苗は、嫁に見つかる前に植替えるのが基本だ。
暖かくなってきた春に植え替えると、作業はしやすいが、せっかくふくらんだ花芽がぽろぽろ落ちる。今年は寒いうちに植替えをすることにした。
外に出ると、あまりに寒い。ウズ丸とバスケをして体を温めてから作業することにした。
5号鉢×10、8号鉢×2を植えたところで、土が足りなくなった。続きはまた今度。

2010年1月 2日 (土)

初バスケ

昨日は日中、家族全員が爆睡していたので、今日が初バスケになった。
ウズ丸はドリブル、ツノ丸は声を出す練習をさせている。

私はツノ丸やウズ丸相手に、メタボ対策1on1をしたが私の圧勝だった。子供たちはバスケ勘が失われているようで、少しリハビリが必要かもしれない。


2010年1月 1日 (金)

初月食

例年、24:00を過ぎると、近くの神社に初詣。
それからいくつかの神社をハシゴして、明け方に初日の出を見に行くのが定番。
だが今年は天気が悪そうだし、風が強くて寒い。初日の出は早々と諦めて、月食だけ見ることにした。

04:20に外に出ると、雲の間からきれいな月食を見ることができた。
そんなわけで、あけましておめでとうございます。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

最近のトラックバック