« 冬に向けて | トップページ | このイチジクは何だろう »

2009年10月29日 (木)

シャシャンボ調査

明日は中学校の文化祭で、ツノ丸が早く帰ってきた。せっかくなのでシャシャンボ調査。
今日は私が知る範囲で、もっとも大きな群落を調査した。

豊産性の木はいくつか見つかったが、私にとってはどうでもいい。
いくら豊産性でも、実が小粒なら、シャシャンボを食べようとは思わない。ブルーベリーを食べればいい。
むしろ実着きが悪くても、樹勢が強い個体の方がいい。ブルーベリーの台木として使えるからだ。ホームベルのようなシャシャンボを探したい。

夕方までに243株を調べたが、大粒の個体は発見できなかった。
樹勢が強いと思われる個体はいくつか発見したので、来年、挿し木してもっともよく育ったものを残せばいいと思っている。挿し木しやすい品種を選ぶ意味もある。
ついでに実生苗を作るため、シャシャンボの実を採ってきた。シャシャンボは、実が一斉に熟すため、結果枝を切って収穫すると簡単。
ヌメリイグチというキノコも採ってきた。

Shashanbohousan Shashanmbomi

« 冬に向けて | トップページ | このイチジクは何だろう »

自然」カテゴリの記事

コメント

243株も調べたのですか。お疲れ様でした。
実生苗を育てるのですね。シャシャンボの接木の準備が着々と進んでいらっしゃる様です。頑張って下さいね。
こちらもシャシャンボの木を見学の宗像行き、12日か19日くらいで検討中です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/31994586

この記事へのトラックバック一覧です: シャシャンボ調査:

« 冬に向けて | トップページ | このイチジクは何だろう »

最近のトラックバック