« シャシャンボ調査 | トップページ | ウズ丸発熱 »

2009年10月31日 (土)

このイチジクは何だろう

昨日からウズ丸の熱が下がらない。バスケの練習をするほど元気だが、インフルエンザが恐いので団の練習は休ませた。

ツノ姉とツノ丸を連れて、近くの農場に出かけた。
そこの売店で、4個200円のイチジクを見つけた。この農場で穫れたイチジクではなく、愛知県産とのこと。

蓬莱柿という品種と同じくらいの大きさだが色が違う。その場で食べさせてもらったが、とにかく甘くて二つが限界。
店の人に品種を聞いたら「日本イチジクじゃなくてドーフィン」との回答だった。ドーフィンというのは、桝井ドーフィンのことだと思うが、とてもそんな味ではない。

店頭には12パック並んでいたが、裂果している実は一つもなかった。すべてがこんな色で、実は皮ごと食べることができた。
品種名に心当たりがある方がいたら教えて欲しい。

Ichijiku091031

« シャシャンボ調査 | トップページ | ウズ丸発熱 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

市場に出荷されているおいしいイチジクというなら、色からしてビオレ・ソリエスだと思います。
ヌアール・ド・カロンも有名ですが、まず市場では見かけませんし、収穫期もちょっと遅過ぎると思います。

国華園のカタログを見ると、「カリフォルニアブラック」ですか?
気になりますね。
http://www.kokkaen-ec.jp/user_data/ichijiku.php

ビオレ・ソリエス、それなら小さな苗が植えてあります。
カルフォルニア・ブラックは、カタログによると果重30-50gということになっています。
これだとビワより小さいことになるので違うと思います。
蓬莱柿(在来種)くらいの大きさがありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/32024853

この記事へのトラックバック一覧です: このイチジクは何だろう:

« シャシャンボ調査 | トップページ | ウズ丸発熱 »

最近のトラックバック