« モミガラ用土 | トップページ | 大株1円のブルーベリー »

2009年10月14日 (水)

こりない人

ブルーベリーにはブルーと名の付く品種が多い。
うちにある品種だけでもティフブルー、ブルージェム、リンダブルー、ブルーレイ、シャープブルーと、やはりブルーだらけ。
ブルーと名が付く品種は避けようと思っていた。

ところが、この夏、ブルーベリー園で食べたパウダーブルーという品種がおいしくて一目ぼれ。
この品種は三重県の気候にも合うし、収穫期が子供たちの夏休みに当たるのは好都合ということで植えてしまった。
さらに「ブルー」な品種が増えてしまいウンザリである。

ブルーベリーはいずれ、すべてを接木しようと思っている。
うちではホームベルという品種を台木にしていたが、この品種は樹勢が強いが実が小さい。
これを樹勢が強くて実が大きな品種に切り替えた。その品種というのがブルーシャワーだった。
こうしてまた「ブルー」な品種がどんどん増えていく。

ところでカナ入力のまま「blue」とタイプしてみよう。
つまり…、そういうことらしいな。

« モミガラ用土 | トップページ | 大株1円のブルーベリー »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/31792806

この記事へのトラックバック一覧です: こりない人:

« モミガラ用土 | トップページ | 大株1円のブルーベリー »

最近のトラックバック