« ミツバチ狩り | トップページ | パソコンの配達 »

2009年10月23日 (金)

蜂蜜しぼり

昨日採ってきた蜜巣から蜂蜜をしぼることにした。蜜巣というのは、蜂蜜が詰まった巣のことだ。
持ち帰った蜜巣を砕いてザルでこす。巣の材料であるミツロウのかけらが入るが構わない。
少しでも早くこさないと、嫁が恐いハチノスツヅリガという虫がわくからだ。
この日は徹夜で作業して、8kgほどの蜂蜜をしぼった。

こした蜜には、巣のかけらが浮いた粗蜜という状態になる。この状態になれば、あとの作業は遅れても構わない。後日、キッチンペーパーでこせぱ蜂蜜のできあがりだ。

徹夜明けで、日中寝ていたら、ツノ丸が帰ってきた。インフルエンザのため、今日からまた学年閉鎖になったそうだ。

HoneyfilterHoneymove0

« ミツバチ狩り | トップページ | パソコンの配達 »

自然」カテゴリの記事

コメント

美味しそう!!
天然のハチミツ
きっと濃厚で美味しいのでしょうね。

ハチノスツヅリガは、こんな秋でも沸くのですか?
また普段ミツバチがいる状態だと湧かないのですか?
日本ミツバチは、そんなにいるものなのですか?

ツヅリガの幼虫は常に巣にいるのですが、ハチが元気だと巣板に食い入ることはできません。
ハチがいない蜜巣には、すぐに幼虫が現れて育ちます。
和蜂は洋蜂と競合するので、養蜂業者がいない場所では多いです。
私が住んでいる地区は、養蜂業者の巣箱置き場があるので少ないです。

ちなみに今、最後のろ過を終えた蜂蜜が200mlくらいです。
キッチンペーパーでろ過すると、蜜はきれいになりますが、数秒に1滴しか落ちません。

先日は、コメントを頂きまして、ありがとうございましたsign03
蜂蜜が8キロって、すごいですねwobbly
全部ろ過するのに、どれくらいかかるのでしょう。
うちの子も学年閉鎖になりましたが、未だ感染せず
逆に心配になってきました。後からどーんと来るんじゃないかと・・・
今までの記事を読ませていただきましたが、
私の妹のお近くに住んでおられるように思いました。
これからもどうぞよろしくお願いしますclover

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミツバチ狩り | トップページ | パソコンの配達 »

最近のトラックバック