« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

このイチジクは何だろう

昨日からウズ丸の熱が下がらない。バスケの練習をするほど元気だが、インフルエンザが恐いので団の練習は休ませた。

ツノ姉とツノ丸を連れて、近くの農場に出かけた。
そこの売店で、4個200円のイチジクを見つけた。この農場で穫れたイチジクではなく、愛知県産とのこと。

蓬莱柿という品種と同じくらいの大きさだが色が違う。その場で食べさせてもらったが、とにかく甘くて二つが限界。
店の人に品種を聞いたら「日本イチジクじゃなくてドーフィン」との回答だった。ドーフィンというのは、桝井ドーフィンのことだと思うが、とてもそんな味ではない。

店頭には12パック並んでいたが、裂果している実は一つもなかった。すべてがこんな色で、実は皮ごと食べることができた。
品種名に心当たりがある方がいたら教えて欲しい。

Ichijiku091031

2009年10月29日 (木)

シャシャンボ調査

明日は中学校の文化祭で、ツノ丸が早く帰ってきた。せっかくなのでシャシャンボ調査。
今日は私が知る範囲で、もっとも大きな群落を調査した。

豊産性の木はいくつか見つかったが、私にとってはどうでもいい。
いくら豊産性でも、実が小粒なら、シャシャンボを食べようとは思わない。ブルーベリーを食べればいい。
むしろ実着きが悪くても、樹勢が強い個体の方がいい。ブルーベリーの台木として使えるからだ。ホームベルのようなシャシャンボを探したい。

夕方までに243株を調べたが、大粒の個体は発見できなかった。
樹勢が強いと思われる個体はいくつか発見したので、来年、挿し木してもっともよく育ったものを残せばいいと思っている。挿し木しやすい品種を選ぶ意味もある。
ついでに実生苗を作るため、シャシャンボの実を採ってきた。シャシャンボは、実が一斉に熟すため、結果枝を切って収穫すると簡単。
ヌメリイグチというキノコも採ってきた。

Shashanbohousan Shashanmbomi

2009年10月27日 (火)

冬に向けて

先日の試合、ウズ丸はシュートフォームがめちゃくちゃになっていた。
一週間前の試合ではフリースロー成功率は5/9で、ミドルシュートもそこそこ入っていた。
だが最終日はめちゃくちゃ。フリースローはリングにすら当たらないほどで成功率は0/6だった。フォームも異常は試合前のアップの時から一目でわかった。
帰宅してその日のうちに直ったが、やはり大会前には調整しないといけない。

先日の試合では、YAKの攻め方が少ないことが気になった。
一つは#4のドライブ、もう一つはCへのパス。基本的にこの二つしかない。
春季大会で見られた#5やウズ丸のドライブがなくなっていた。

またふだんはウズ丸がPGで#4が攻めるという形だが、TMBCとの試合に限っては、#4がボールを運ぶ。
なぜかはわからないが春季大会もそうだった。ゾーンの形が崩れていない状態を、#4の1on1で崩すのは大変そうだ。攻め手がもう一つ欲しい。たとえスクリーンだけでも構わない。
ボールを運ばなくていいなら、ウズ丸はもっと攻めた方がいい。セーフティなんてせず、速攻とドライブの練習をさせてみよう。

2009年10月26日 (月)

正しく納品

先日のDELL Vostro220sの設定に出かけた。
元はWindowsXP希望だったが、WindowsVistaの方が安いため、WindowsVistaでの納品となった。
OSが変わったところで、社内LANで使う分には特に問題もない。
EPSON PM-920というプリンタを接続するときら、ネットでドライバを探したのだが見つからない。
Vistaの人はこちらとリンクが張ってあった。
そのページは、初心者でもわかるようにインストールの手順が書かれているのだが、その内容を読むのに5分かかる。
5分かかってようやく、Vistaではドライバ不要と分かった。
本体@42,000円、中古15'LCD@6,300円に加えて、作業料@2,100円×3、古い機器の処分料@4,200円×2で納品。

納品したパソコンのCPUはPentiumE5300。このCPUはCore2Duoのシールは貼られていないが、れっきとしたデュアルコアCPUだ。安いのでおすすめ。

2009年10月25日 (日)

秋季大会・最終日

今日は順位戦。予選リーグの同じ順位同士が戦って、最終順位を決める。
対するはUMBC。10人しか選手がいないUMBCは、マンツーマンではなくゾーンで守っていた。
1QT、ウズ丸はPGにこだわり過ぎて速攻に走らない。誰かを速攻に走らせることもしない。数点差を追う形で後半に。
後半もウズ丸はボール運びにこだわり過ぎ。
ウズ丸がたまに速攻に走っても、レイアップまで持ち込めない。
ゾーンで守る相手に、ゾーンを組ませてから崩すような形となり、38-54で負けてしまった。
あまりにひどい試合でよく覚えていないが、ウズ丸は2得点じゃなかろうか。

3位決定戦に負けたので暫定4位。この後にチャレンジ戦がある。
4位までが県大会に出られるため、暫定4位と5位が戦い、改めて4位を決める仕組みだ。
チャレンジ戦を前に、コーチ達が監督に直訴して選手を代えたようだ。
チャレンジ戦まで時間があったため、コーチたちは直前までゾーンを崩す練習をしていた。

そして迎えたチャレンジ戦。
コーチ達のオーダーは、1QTに6年生の主力を集めて数点のリード。
2QTは5年生の主力を集めたが、慣れないメンバーでスローインすら入らない。
メンバーからするとウズ丸がボールを運ぶべきだが、そのウズ丸がスローインしている時点でおかしい。
セットオフェンスになっても誰もドライブしない。ウズ丸がドライブすべきだと思うが相変わらずのPGモード。
コーチ達の意図がわからないので、監督も指示が出せない。
いつもは何度も指示を受けるウズ丸だが、今回は指示もなくて逆転された。以前のオーダーの方がずっと強い。
初戦と同じく数点を追う形で後半戦。
コーチのオーダーで、ウズ丸と共に5年生はベンチ。
身長が高い6年生5人で固めたが点差はそのまま。
4QT、相手チームがゾーンプレスを仕掛けると、バスケ歴1年の6年生はターンオーバー連発で一気に離された。
コーチがプレスを指示したが、プレス要員の5年生2人はベンチ。
プレスの意味すら知らない2人が自陣に引いてしまい、前線でプレスしても意味がなかった。
YAKはボールを運ぶ選手がほぼ一人。しかもその選手が得点源というのは厳しい。
前回は接戦だったが、今回は41-50で完敗。

この日は2連敗で、県大会を逃した。

2009年10月24日 (土)

パソコンの配達

DELL Vostro220sを納品。来週の月曜日に設置すると言ったのだが、持って来るだけでもいいと言うので配達した。
置いてきただけで使えるわけでもない。
どうせ納品のついでに、他のパソコンの相談を持ち込けようという作戦だろう。
WindowsUpdateだったり、WordやExcelの使い方だったり、ウイルス対策ソフトの期限切れだったり。
この日は仕事をしたくなかったので、学年閉鎖のツノ丸を連れて野遊びの途中に立ち寄った。
受付のところでパソコンを渡し、部屋の中の人たちに気付かれる前に逃げ帰った。
崩落した橋の上で親子で昼ごはん。

Hashikiken091023 Hashihouraku091023

2009年10月23日 (金)

蜂蜜しぼり

昨日採ってきた蜜巣から蜂蜜をしぼることにした。蜜巣というのは、蜂蜜が詰まった巣のことだ。
持ち帰った蜜巣を砕いてザルでこす。巣の材料であるミツロウのかけらが入るが構わない。
少しでも早くこさないと、嫁が恐いハチノスツヅリガという虫がわくからだ。
この日は徹夜で作業して、8kgほどの蜂蜜をしぼった。

こした蜜には、巣のかけらが浮いた粗蜜という状態になる。この状態になれば、あとの作業は遅れても構わない。後日、キッチンペーパーでこせぱ蜂蜜のできあがりだ。

徹夜明けで、日中寝ていたら、ツノ丸が帰ってきた。インフルエンザのため、今日からまた学年閉鎖になったそうだ。

HoneyfilterHoneymove0

2009年10月22日 (木)

ミツバチ狩り

神主さんに頼まれて、近くの神社にあるニホンミツバチの巣を駆除することになった。
私の場合、駆除といっても殺虫剤は使わないし、ハチや巣は巣箱に入れて持ち帰る。

庫裏の床板をはがすと、床下に60cmもある大きな巣があった。
巣のちょうど上の床で足踏みをして、巣に振動を与え続けると、最初はハチが刺しに来るが、しばらくすると巣から離れていなくなる。
ハチが巣にいなくなったら、ヘラで巣を切り取って外していく。
巣にはたくさんの蜂蜜があって、作業中、たくさんの蜂蜜が土の上に落ちてしまった。もったいないことだ。
蜂蜜よりミツバチの方が大切なのでしかたがない。

巣を除去した空間に、刈り取ったササを詰め込んで営巣できない 状態にした。その上に巣箱をセットして、そちらに巣を作らせようという作戦だ。
ハチが巣箱に巣を作り始めたら、巣箱を持ち帰って作業完了になる。

Wabachikujo091022

Wabachisu091022

2009年10月21日 (水)

カキの新品種

我が家の庭にはカキの大木がある。品種は有名な富裕。
土地が合っているのか、甘くておいしいカキが実る。年に400個ほど収穫できる。
私はより緻密な肉質の次郎が好きなので、畑には次郎を2本植えてある。樹齢は15年くらいだろうか。2本で100個ほどの収穫がある。
他にも渋柿の蜂屋と平無核がある。これは熟柿や干柿にする。
これだけあればカキには不自由しないのだが、よりうまいカキを求めて新しい品種を買った。
早くから色付く早秋、見栄えがよくておいしい夕紅、大果の太秋。
だがこれ以上、カキの木があっても食べ切れない。これらの苗木はいったん植木鉢に植えて、いい枝が出たら庭のカキの木に高接しようと思っている。
こうすれば庭木の数を増やすことなく、色んな種類のカキが食べられる。
写真は我が家の富裕。樹齢は50年ほどだ。

Fuyu091019

2009年10月20日 (火)

学年閉鎖

ツノ丸たちの中学校は、先日の新人戦で、1-2年生がインフルエンザを拾ってきたようだ。昨日、1-2年生がそろって学年閉鎖になった。
近隣の小中学校でもインフルエンザが猛威を振るっている。ウズ丸も柔道の練習を休むことにした。学級閉鎖なのに柔道の練習に来ている子たちがいる。柔道はバスケと違って寝技がある。保菌者がいれば確実にうつされる。
ツノ丸とウズ丸はバスケのUMBC戦を控えており、毎日、マスクをして通学している。

UMBCはプレスで頑張るチームだ。ウズ丸は厳しいディフェンスに遭っても、耐えられるようにしておかねばならない。
今日から、ツノ丸が家にいる。ウズ丸には最高の練習相手だ。ウズ丸が学校から帰ると、1時間以上も練習に付き合ってくれたそうだ。

2009年10月19日 (月)

コガネムシ

今年の夏、サンショウの朝倉という品種を鉢に植えた。トゲのない、実山椒として有名な品種だ。思い切って大きな苗を買ったのだが育ちがよくない。
さては…と思い、鉢をひっくり返して苗を抜いて見た。苗木は新根がほとんどなく簡単に抜けた。そして丸々と太った大きなコガネムシの幼虫が5匹もいた。ぷちぷちぷちぷちぷちっ(怒)。
新しい土で植え直したが、うまく活着してくれるだろうか。枝も半分ほど落として様子を見ることにした。

カキの早秋、夕紅、それからクリの筑波なども、ポットから植木鉢に植え替えた。ポットのままでは水切れが恐いからだ。
地植えできる場所が見つかったら定植するつもりだが、いい場所が見つからなかったら庭のカキに高接ぎする予定だ。

Sanshokoke091019 Sanshokogane091019

2009年10月18日 (日)

かもしかマラソンとか

鈴鹿山麓かもしかハーフマラソンと地区運動会、そしてバスケの秋季大会が重なった。
ウズ丸は、マラソンを走ってからバスケの試合に臨むつもりだった。
だがインフルエンザで延期されていた試合が午後に組まれたため、この日、2試合を戦わなくてはならない。
マラソンを走るとバスケの試合で走れなくなる。ツノ丸は参加賞だけもらって、マラソンへの出場は取りやめた。

初戦はUBWとの試合。春の練習試合で一度負けているが、それ以降は負けていない。
1QTは地味にスタートしたが、3QTでウズ丸はお祭り状態。だが4QT途中で#4が退場したため、ウズ丸が試合をコントロールし始めた。
監督はウズ丸に何度も指示を出していたが、最後の指示は「慌てずにPGらしく攻めろ」と。
ウズ丸は時間を使えと解釈したようで、早い時間からボールを回して時間を使いながら攻めていた。チーム全体にその意思が伝わり、48-24くらいで勝った。

昼頃、ツノ丸がかもしかマラソンの試合会場から走ってきた。
故障していた昨年とは違い、楽しく走ることができたようだ。
昨年は、開催日が新人戦の前日だったため、参加人数も少なかったが、今年は新人戦が終わっているので中学生の参加人数が倍増。
ツノ丸は昨年より少し順位を上げ、2x/105位だった。
来年は、ツノ丸が中学生の部、ウズ丸が5-6年生の部を、共に最高学年で走ることができる。来年に期待しよう。

バスケは午後から2戦目。相手はAMBC。
1QTは2点リードするが、2QTで逆転されるというシーソーゲームだった。勝負は後半へ。
ウズ丸は3QTから相手#6とマッチアップ。敵のドライブを確実に止めて3QTで逆転し、ウズ丸は相手#4から三つ目のファウルをもらった。
4QT、ウズ丸は3ファウルの#4に狙いを定めてドライブ。ファウルを一つ奪うために、ウズ丸自身が四つもファウルを重ねてファウルアウト。
だが直後に#4がファウルアウト。狙い通りの心中。相手#4が抜けた穴を速攻で攻めて46-37くらいで勝った。

バスケの秋季大会は、予選リーグを4勝1敗の2位通過。最終日は3位決定戦に回る。相手はUMBC、あと一つ勝てば県大会だ。

そういえば、嫁が出ていた地区運動会は3年ぶりに優勝した。

2009年10月17日 (土)

去年の果樹苗

果樹の苗木を求めてホームセンターのコメリに立ち寄った。
ブルーベリーの苗木も並んでいたが、欲しい株はなかった。ブルーシャワー挿し木1年生@298円は接木の台木としてよさそうだと思った。
20品種ほどがあったが、夏の方がいい苗木が多かった。

奥の処分品コーナーで、昨年から売れ残っている果樹苗が売られていた。
ヤマモモ@1,580円が100円。
今年の春、秀峰という品種を買い求め、さらに接木するための台木を手に入れたりと大変だった。100円なら台木より安い。品種は瑞光、森口、秀峰とあったので、枝ぶりがいいものを選んで購入した。
カキのPVP品種@1,980円もいくつか残っていた。欲しかった早秋、夕紅に加えて、太秋も買った。こちらは400円。今年は1,480円くらいで流通している。
クリ@798円も100円。特に欲しいわけではないが、安さに釣られて筑波を1本買った。山にでも植えておくとするか。
果樹の苗木は、畑から掘り取ってすぐにポットに植えて出荷されることがある。特にクリ苗は活着が悪い。だがポットのまま1年を過ごした苗なら根が回っていて安心だ。
この店の管理が良かったのだろう。

12本の苗木を買って合計2,100円だった。

2009年10月16日 (金)

新人戦

ツノ丸は新人戦。昨年と同じO中学校と当たることになっている。
昨年はツノ丸が故障から復帰したばかりでひどい負け方をした。

O中は三重県選抜がいるようなチームで、普通に考えれば勝ち目はない。
だが先日、弟の試合がインフルエンザで延期された。相手はAMBC、同じ学区である。これに期待しよう。
当日、#4と#5がそろってインフルエンザとわかり、こちらのベンチが色めき立つ。
相手チームはミニバスケの経験者が揃っているが、それでもPGとCを失って攻め手がないようだ。10点くらいのリードで4QTを迎え、最後はツノ丸がボールを回して32-28くらいで勝った。

2試合目の相手は地区最強のU中学校。
今度の相手も、長身センターがインフルエンザで不在。#4は学級閉鎖と聞いていたが今日で解除らしい。復帰した#4は三重県選抜。しかも別にインフルエンザにかかっていたわけではない。
オールコートプレスにやられて大敗。これならセンターがいて、普通のバスケをしてもらった方が良かった。
本日の備忘録。

  • ボールを回すならチーム全体に声をかけること。
  • スローインが入らないなら、自分が受け手になった方がいい。
  • #5はスローインのパスを受けるときに寄って来ない。
  • パスを出したら、その勢いでスクリーンをかけること。

とりあえず最後の新人戦で1勝できたのでよしとしよう。

2009年10月15日 (木)

大株1円のブルーベリー

Yahoo!オークションで落札したブルーベリーが届いた。
他の株はそこそこ高値がついているのに、この株だけは枝ぶりがイマイチで値が付かない。とはいえ1.3mもあり株立ちの成木。

送料が2,000円かかるため、500円までならという気持ちで入札したら1円で落札できた。
品種はホームベル。小粒で丈夫な品種だが、こんな古い品種にはブルーベリー好きな人たちはあまり興味を示さない。
庭木や受粉樹、あるいは接木用には適していると思う。こんな大株にたくさんの枝を接木したら、すぐにたくさんの実が収穫できるのではないだろうか。

さっそく10号の菊鉢に植えてみた。春までに何かいい品種の穂木を手に入れなくては…。

2009年10月14日 (水)

こりない人

ブルーベリーにはブルーと名の付く品種が多い。
うちにある品種だけでもティフブルー、ブルージェム、リンダブルー、ブルーレイ、シャープブルーと、やはりブルーだらけ。
ブルーと名が付く品種は避けようと思っていた。

ところが、この夏、ブルーベリー園で食べたパウダーブルーという品種がおいしくて一目ぼれ。
この品種は三重県の気候にも合うし、収穫期が子供たちの夏休みに当たるのは好都合ということで植えてしまった。
さらに「ブルー」な品種が増えてしまいウンザリである。

ブルーベリーはいずれ、すべてを接木しようと思っている。
うちではホームベルという品種を台木にしていたが、この品種は樹勢が強いが実が小さい。
これを樹勢が強くて実が大きな品種に切り替えた。その品種というのがブルーシャワーだった。
こうしてまた「ブルー」な品種がどんどん増えていく。

ところでカナ入力のまま「blue」とタイプしてみよう。
つまり…、そういうことらしいな。

2009年10月13日 (火)

モミガラ用土

ブルーベリーの挿し木苗を鉢上げすることにした。
品種名は、パウダーブルー×4、ホームベル×2、ブライトウエル、オースチン、T-100(ノビリス)だったかな。
お気に入りはパウダーブルー。ホームベルは接木の台木として、残りはパウダーブルーの苗におまけで付いてきた。

ブルーベリーを栽培するには、土が酸性で通気性が必要だ。
そのためピートモスを土に混ぜて育てることが常識になっている。湿地から乱獲されたピートモスはできれば使いたくない。
ピートモスは土を酸性にするためだけに使って、モミガラで通気性を確保しよう。これならタダで手に入る。
土は川砂のひじょうに細かいものを使った。粒が見えないほど細かい砂でこれもタダ。
土:モミガラ:ピートを2:1:1に混ぜた。ピートモスはふかふかなので、本当はほんの少ししか入っていない。
とりあえず5号の菊鉢に植えて1年間様子を見ることにしよう。

2009年10月12日 (月)

廃棄パソコン

廃棄パソコンを引き取ってくれる業者に連絡したが、先方がSoftBankからAUにケータイを変えてから、電波が悪くてまともに話せない。故障しているんじゃないかと思うくらいだ。
そんなことが続いて今日、また電話をかけたら不通になっていた。解約したのだろうか。

すぐに廃棄できると思っていたので、廃棄パソコンは玄関に山積み。しかたがない。倉庫に片付けるとするか。

2009年10月11日 (日)

インフルエンザのおかげ

ウズ丸は秋季大会。今日だけで一気に3試合もある。
今日の相手は、対戦成績からすると1勝2敗。ここを2敗ではなく、なんとか2勝しておけぱ、県大会に進める可能性が高い。
しかし今日は、地区の伝統行事で4人もの子が欠席することになっていた。ウズ丸にはそこをカバーすることばかり教えてきたが、勝つのは難しいと思う。

ところが対戦相手のAMBCにインフルエンザが出て、試合が延期になった。
今日の試合は1勝1敗で切り抜けた。ベスメンバーで戦えばAMBCにも勝つことができるだろう。

今日のウズ丸はターンオーバーもなく、PGとしていい働きをしていた。
ウズ丸とマッチアップしていた子は、本来はファウルアウトしていたはずだが、オフィシャルがいい加減だったため退場にはならなかった。

2009年10月10日 (土)

植木鉢の移動

この夏、ブルーベリーはひじょうに調子が良かったが、秋になってから成長が鈍っている。
害虫が原因ではないかと思っていたのだが、どうやら日照時間の問題らしい。

うちは日当たりが悪い。
台風で移動した植木鉢を適当に置くと、一日のうちほとんど日が当たらない場所がたくさんあることがわかった。
夏の間は日の角度が違うためちょうど良かったが、秋になると日照時間が不足するようだ。
日当たりがいい場所は、通路、軒下、バスケットコート。植木鉢を置けない場所ばかり。
軒下は日当たりがいいものの、雨の日に水やりを忘れて枯らしてしまうことがよくあった。乾燥に強い植物しか置けない。
バスケットコートはその周囲でさえボールが飛んでくる。丈夫と言われる地植えのホームベルでさえ、ここ何年か、まったく成長しない。
夏の間はブルーベリーで垣根を作っていたが、日が当たる場所を探して分散させることに。
ワンコを放し飼いにできるスペースがなくなってしまった。

2009年10月 9日 (金)

練習試合

今日は34Kと34Jの練習試合。台風のせいで、大会後の練習なし。ぶっつけ本番。
先日の大会でイマイチだったツノ丸は、アップの時から息を上げるように伝えた。みんながのんびりシューティングをしているのに、一人だけドライブの練習をしている。

試合は1QTから登場。
チーム事情に合わせて調整した。とにかくボールを狙うようにした。部活のバスケは、ツノ丸がいないとチームは崩壊する。ツノ丸がファウルアウトするわけにはいかないのだが、34Kなら別にファウルアウトしても構わない。
そもそも優秀なPGなら、ツノ丸がボールを奪おうとしてもかわせるはず。たとえファウル気味にプレイしてもかわせるなら、最初からそれくらいの動きでディフェンスをさせよう。
それがうまくいったのか、今日のツノ丸のディフェンスはいつもよりいい感じだった。もちろん相手にかわされ続けてファウルもない。

オフェンスはいつも通りだったが、ゴール下が固められていたのでドライブは少なかった。
2QT以降はワンポイントで出てきたが、臆病な動きに戻っていて、ターンオーバーやインターセプトを食らった。
試合は前半リードしていたが、3QTに逆転されて54-59で負けた。今年はずっと負け続けているが、試合ごとに差が小さくなっている。
ツノ丸はトータル10分ほどプレイして9得点だった。

2009年10月 8日 (木)

台風18号

いつも通り、徹夜で仕事。テレビをつけっぱなしで台風18号の行方を見守ることに。
台風は三重県に上陸したというニュースを聞き、ある程度の被害を覚悟していたのだが、上陸したのは三重県の南端、紀伊半島。
すぐに伊勢湾に抜け、愛知県の知多半島に再上陸するコースをたどった。台風は三重県の右を抜けたおかげで、植木鉢への被害はほとんどなかった。
台風は反時計回りで回っている。台風の左側は北上の速度と相殺されるため、風があまり強くない。
午前中は小中高と、子供たちが時間差で登校。
鉄道が運転見合わせとなっていたため、ツノ姉を高校まで送っていった。

2009年10月 7日 (水)

台風に備えて

台風が来るというので、庭の植木鉢を安全なところに移動した。
植木鉢は100鉢以上あるので子供たちを総動員。4人でやれば作業も早い。

  • 植木鉢を風の影響が少ない軒下や塀際に固める。
  • 犬小屋を移動して、ワンコを室内につなぐ。
  • ミツバチの巣箱に重しを載せる。
  • バスケットゴールをもっとも低い位置まで下げる。
  • 小物はまとめてカゴに入れ石を載せる。
  • ジョウロやバケツなどの容器には重石として水を張る。

雨戸を閉めて、ライトなどを点検し、夜食を用意した。わざわざ夕方に仮眠をとった。
いつも通り、夜中に仕事をしていれば、台風への備えは万全。

軒下はすべてこんな感じになった。

Bbtaifu091008

2009年10月 6日 (火)

UPSの廃棄

昨日のUPS(無停電電源)の処分方法を考える。
いつも処分料としてもらっているのは4,200円。その範囲内でリサイクルできるならどんな方法でも構わない。
バッテリは金属資源としての価値が高いため、無償で引き取る業者はたくさんあるようだ。
ネットで検索するといくつか見つかったが、28.6kgもあるので送料を抑えないと意味がない。

まずはAPCに送り返す方法。うちからだと大阪営業所を利用することになる。大阪なら、まあまあ近い方か。
こういった解体業者を利用する方法もある。ここは確か関東だと思ったが、断線したLANケーブルや基板など、不要なパソコンパーツも引き取ってくれるため、うちとしてはありがたい。

2009年10月 5日 (月)

UPS交換

UPS(無停電電源)の交換に出かけた。
サーバー用のラックに入っているUPSは、APC SUA1500RMJ2U、持参したのは後継のSUA1500RMJ2UBだ。
ホットスワップといって、バッテリだけを交換することもできたのだが、壊れているかもしれないので本体ごと交換することにした。
これが大変。何しろ重量は28.6kgもある。
狭いところでは持ち上げることができないため、部屋の模様替えから始めて1時間もかかった。
ドライバは新旧の機種で共通だった。料金は60,900円、さらに古いUPSの処分料として4,200円。

2009年10月 4日 (日)

植木鉢メモ

うちの植木鉢は、近くのホームセンターで買えるアイカというメーカーの菊鉢がほとんどだ。
菊鉢の値段は、5号@68円、7号@138円、8号@148円、9号@???円、10号@278円だった。

世間ではスリット鉢の愛用者が多いが、スリット鉢は菊鉢に比べて高い。
スリット鉢は丈夫さに欠けるし、観賞用には向いていないと思う。
また鉢の縁が弱いため、鉢を運ぶときに両手で持たないといけない。乾燥が早いため根腐れしないというのがウリだが、我が家では水切れはあっても根腐れはない。
根のルーピングについて書かれたサイトをよく見るが、ループしたからといって何の問題があるのか。
今のところ、スリット鉢は水やりが大変になるだけで、あまり魅力を感じない。
ただし、6号以下になるとスリット鉢が安い。
5号鉢は主に育苗に使うが、縁がないのでびっしりと並べられるし、発送にも便利だ。

そんなわけで、スリット鉢の5号と菊鉢の7号、8号、10号あたりを使っている。庭に並んでいる植木鉢の数は100鉢ほど。

ところで、アイカの菊鉢は最近、品質が悪くなった。底の網になっている部分は、中央部分の穴が抜けていない。また9-10号鉢の底を指で押すと、「ピキッ」という音がして、簡単に割れてしまう。
以前はそんなにひどくなかったと思うのだが。改善してもらいたい。

2009年10月 3日 (土)

代理出場

ツノ丸は、所属するクラブチームで大会に参加した。
公式試合ではあるが、他チームの代理出場なので、予選リーグの2試合しか出場しない。
ツノ丸は2QTほどプレイしたが、特にいいところなく終わった。
備忘録も書きようがない。小さくて足が遅くて臆病者。直せそうな所が一つもない。
予選リーグを1勝1敗で終えたが、代理出場なので明日の決勝トーナメントには出場しない。

今朝はウズ丸を試合に誘ったが、今夜はお月見なので行かないとのこと。
一人で練習していたらしい。10本ノーミスのマイカンドリルを20セットやったそうだ。
これがきちんとできれば、どんな試合でもシュートが2-3本、余分に入るから悪くはないかな。

試合から帰ったら、大急ぎでススキを飾って里芋とお菓子を供えた。
ウズ丸も遅くまで走り回っていたようだ。

2009年10月 2日 (金)

UPSが重い件

UPS(無停電電源)が届いたので納品しようと思ったが、うんざりするほど重い機種だった。
今日は雨が降っていたので納品は来週にした。

古いUPSの引取りを依頼されると思うので、それは有料にしよう。
メーカに送ると無償で引き取ってくれるが、送料はこちら持ちだし、とても重い電源を持ち帰るのは大変。
充電池には、大量のニッケルやカドミウムが含まれている。廃棄すれば環境に悪いが、資源としてはとても良質。

2009年10月 1日 (木)

シャシャンボ観察

中学校は期末テストの真っ最中。
ツノ丸が早く帰ってきたので、毎年観察を続けているシャシャンボの調査をすることにした。
シャシャンボはブルーベリーの仲間で、11月に実が熟す。まだ実は青いが、この時期から調査を始めないと野鳥に食べられてしまう。何年も前から大実の品種を探している。
今日は100本ほどの木を調査した。
大実の個体は2本見つかったが、いずれも以前見つけた個体には及ばないと思わせれる。
シャシャンボを丹念に観察すると、実の大小以外にもいろいろな差異があることがわかる。
果実にツノが生える個体、幼果から色付いている個体、結果枝に小葉がある個体など、いろいろと興味深い個体を観察することができた。

アミタケとクギタケが出ていたが数は少なかった。キノコ狩りは来週からでいいかな。
最後の紅葉している木は、同じスノキ属の元祖スノキだ。同じところに生えていた。うちでも栽培している。

Ssbig091001a Ssbig091001b Ssbig091001c Ssblue091001 Sssmallleaf091001 Sunoki091001

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

最近のトラックバック