« 今年のスイカ | トップページ | ザクロの環状剥皮 »

2009年7月17日 (金)

中体連

ツノ丸たちは中体連の試合。
負ければ3年生は引退。
対戦相手はHZ中。ツノ丸たちは地区で一番の小型チームなので、いつものように全ポジションがミスマッチだ。

今日は3年生中心で、ゴール下から攻めることになっているようだ。
ツノ丸はドライブをほとんどせず、淡々とボールを運ぶ。
だが肝心の3年生の動きが少ない。まったく面取りができず、価値のないところでパスを受ける。
ディフェンスも同じ調子。
1QTから2-2-1のゾーンプレスを仕掛けるが、どうも動きがよくない。
顧問の先生がラインを下げる指示を出したが、1線目がラインを下げても、2線目の3年生は下がらない。
10点差をつけられて1QTを終え、3年生二人には顧問の雷が落ちた。

雷効果か、2QTから2年生の動きが良くなった。点差も1桁に詰めて前半を終えた。
3QTは押し気味にゲームを進めるが、2年生が一人交代したら、ここがひどい穴となり、点差を詰められなかった。
4QTにはベンチに下がった2年生をコートに戻したが、穴を下げずに2年生Gを下げた。
すると一気に点を奪われて敗れた。
これで3年生二人は引退。160cm台の3年生二人が抜け、150cm以下の2年生二人がレギュラーに加わる。
ツノ丸も145cm、小さいなあ…。

« 今年のスイカ | トップページ | ザクロの環状剥皮 »

バスケ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/30631403

この記事へのトラックバック一覧です: 中体連:

« 今年のスイカ | トップページ | ザクロの環状剥皮 »

最近のトラックバック