« ピンクのノートPC | トップページ | 日川白鳳 »

2009年7月28日 (火)

ブルーベリー狩り #2

今日はウズ丸を連れてブルーベリー狩りに出かけた。
遠出をするくつもりだったが、天気が持たないと思い、近くのグッドベリー鈴鹿に出かけた。

受付で、小さなバケツと蚊取り線香を渡され、虫よけスプレーをかけてもらい、園内では部ベリーを絶対に食べないようにと何度も注意を受けていざ出陣。
我々はラビットアイ系の品種が植えられたエリアに案内された。黒ボク土の表面にが薄くコケが生えた感じで歩きやすい。落ち葉が少しあるがマルチもない。
品種はティフブルーやブライトウェルに見える。
高さ2mを超える木ばかりでよく育っていた。1cm以上の大きさの実が鈴生りだった。
ここ数日、雨が続いていたので、大きな実は裂果している。地面にも大量に落ちていた。常に10人くらいが園内にいたが、とても摘み切れる量ではない。
1.5cm以上の大きな実だけを選んで摘み取ったが、すぐにバケツいっぱいになった。

お茶とお菓子を出してもらって、その間に計量してもらう。お茶が香ばしくておいしかった。そういえばこのあたりはお茶の産地だ。
我々は2kgほどの収穫で4,000円ほど。

ただしトイレがないので注意が必要だ。近くにある鈴鹿フラワーパークやコンビニ寄ってから来るといい。
ハイブッシュ系の品種はまだ小さくて1mほど。今年は収穫期を過ぎていたが、来年はハイブッシュ系の摘み取りもやってみたい。

GOODベリー鈴鹿
三重県鈴鹿市石薬師2157-144
TEL.090-7857-5257(20:00まで)

1996年に植え付け、2005年7月に開園、当時は1,500本ほど。
摘み取りは、火、木、土、日の週4回、電話予約制となっているが、飛び入り客も多かった。
入園料は無料で、摘み取り100gにつき200円。
7月上旬~8月中旬、08:00-17:00

以下はヲタク向け情報。
品種を聞いても一切答えてくれなかった。園主はその手の質問には不機嫌になる。
ここらは苗木生産業者が多い。ここのブルーベリーも自ら挿し木で繁殖したものだ。品種を答えると都合が悪いことでもあるのだろうか。

何か話をしようとしても、質問はスルーされて、園内で食べちゃだめとか、会話が成立しない。常連のおばちゃんたちとは話が盛り上がっていたようだが。

ブルーベリーが食べたいだけならここでいいが、ブルーベリーが好きな人は別のブルーベリー園がいいと思う。たとえば、ここの園はすべての品種に名前が付いている。

写真は左がシーズン真っ最中のラビットアイ系、右はシーズンが終わったハイブッシュ系品種の畑。

Bbgoodre Bbgoodhb2

« ピンクのノートPC | トップページ | 日川白鳳 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/30796819

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーベリー狩り #2:

« ピンクのノートPC | トップページ | 日川白鳳 »

最近のトラックバック