« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

納期が…

先日、注文したDELLのノートPC Inspiron15は、8月13日に届くという。いくら安くても半月後に届いたんじゃ間に合わない。
明日、手持ちのDELL Vostor1000を設置することになった。これで半月ほどしのいで、後日、Inspiron15を再設置する。

パソコンの値段にこだわる気持ちのはわかるが、結局、設置のためのコストがかかる。
ここの事業所はいつもこんな調子だ。
以前は安いカラープリンタを自前で調達した。ところが設置は自分たちでできず、私を呼んだためにコストアップ。
さらにこのプリンタだけが異なるインクを採用。たった1台のプリンタのために予備のインクを在庫として持つことになった。6色×5本で3万円ほど。インク代だけでプリンタが何台も買える。

なかなか進歩しないねえ。

2009年7月30日 (木)

ブルーベリー園

我が家のブルーベリーは20品種、30鉢ほど。古い品種は30年前から育てている。
今までどんな品種を育てればいいのか、育ててみないことにはわからない…と思っていた。
だがもっと楽な手があることに気付いた。
ブルーベリー狩りに出かけて、食べ比べればいいのだ。ブルーベリーのハズレ苗木を買うことを思えば、ずっと安くて手間がかからない。
今年の夏休みは週に一度、ブルーベリー狩りに出かけるつもりだ。

来週はどこに行こうか。三重県のブルーベリー園は10ヶ所ほど。
先日のような無愛想な園は避けたいので、電話で品種くらい確認して行こうと思っている。
インターネットで調べるとこんな感じ。

スカイブルーベリー浅沼農園とオオナカローズ&ブルーベリーは伊勢市にある。ブルーベリー園の多くは、摘み取り園。摘んでもその場では食べられない。摘んだ分だけを買い取る方式だ。大仲ローズは真のブルーベリー狩りができる。現地で食って持ち帰りはダメだ。
よって、うちには不向き。その場で食うなら自宅でできる。
伊賀菖蒲池ブルーベリー農園KATOは伊賀市にある。
伊賀市はブルーベリー園が多い。小林農園やロクイチファーム、モクモクでも摘み取り農園があるはずだ。
名阪国道をそのまま走れば、針TRSにベリーファームもある。
まだ開園していないが、猪の倉温泉のブルーベリー園も見てみたい。ここはホテルの敷地内で見学自由のはずだ。

2009年7月29日 (水)

日川白鳳

モモは手入れが難しい果樹だが、鉢植えなら大丈夫と聞いた。
苗木を買いにでかけたものの、季節外れも甚だしい。いい苗木は見つからなかった。
モモは種から育てても実がなるし、3年もあれば収穫できる。
きちんとした苗は来年植えることにして、今年は種から育てることにした。

モモは早生品種でないと虫にやられてしまう。そこで早生品種の日川白鳳を探すことにした。
店頭でのモモの扱いはひどい。産地や品種が一切書いてないのだ。
モモには実が傷まないようにネットがかけてある。これが産地によって微妙に違う。これを手がかりにして、和歌山県産と思われる日川白鳳を4個買った。1個99円だった。

ツノ姉がペロリとたいらげた。私は食っていないが、うまかったそうだ。食べ終わった種と皮は、空き缶に入れてカブトムシのエサ。
そのうち土に埋めてやろう。モモの種が芽を出すのは来年だったっけ。

2009年7月28日 (火)

ブルーベリー狩り #2

今日はウズ丸を連れてブルーベリー狩りに出かけた。
遠出をするくつもりだったが、天気が持たないと思い、近くのグッドベリー鈴鹿に出かけた。

受付で、小さなバケツと蚊取り線香を渡され、虫よけスプレーをかけてもらい、園内では部ベリーを絶対に食べないようにと何度も注意を受けていざ出陣。
我々はラビットアイ系の品種が植えられたエリアに案内された。黒ボク土の表面にが薄くコケが生えた感じで歩きやすい。落ち葉が少しあるがマルチもない。
品種はティフブルーやブライトウェルに見える。
高さ2mを超える木ばかりでよく育っていた。1cm以上の大きさの実が鈴生りだった。
ここ数日、雨が続いていたので、大きな実は裂果している。地面にも大量に落ちていた。常に10人くらいが園内にいたが、とても摘み切れる量ではない。
1.5cm以上の大きな実だけを選んで摘み取ったが、すぐにバケツいっぱいになった。

お茶とお菓子を出してもらって、その間に計量してもらう。お茶が香ばしくておいしかった。そういえばこのあたりはお茶の産地だ。
我々は2kgほどの収穫で4,000円ほど。

ただしトイレがないので注意が必要だ。近くにある鈴鹿フラワーパークやコンビニ寄ってから来るといい。
ハイブッシュ系の品種はまだ小さくて1mほど。今年は収穫期を過ぎていたが、来年はハイブッシュ系の摘み取りもやってみたい。

GOODベリー鈴鹿
三重県鈴鹿市石薬師2157-144
TEL.090-7857-5257(20:00まで)

1996年に植え付け、2005年7月に開園、当時は1,500本ほど。
摘み取りは、火、木、土、日の週4回、電話予約制となっているが、飛び入り客も多かった。
入園料は無料で、摘み取り100gにつき200円。
7月上旬~8月中旬、08:00-17:00

以下はヲタク向け情報。
品種を聞いても一切答えてくれなかった。園主はその手の質問には不機嫌になる。
ここらは苗木生産業者が多い。ここのブルーベリーも自ら挿し木で繁殖したものだ。品種を答えると都合が悪いことでもあるのだろうか。

何か話をしようとしても、質問はスルーされて、園内で食べちゃだめとか、会話が成立しない。常連のおばちゃんたちとは話が盛り上がっていたようだが。

ブルーベリーが食べたいだけならここでいいが、ブルーベリーが好きな人は別のブルーベリー園がいいと思う。たとえば、ここの園はすべての品種に名前が付いている。

写真は左がシーズン真っ最中のラビットアイ系、右はシーズンが終わったハイブッシュ系品種の畑。

Bbgoodre Bbgoodhb2

2009年7月27日 (月)

ピンクのノートPC

ノートパソコンと無線LAN、それにプリンタの依頼があった。朝イチで見積もりを出して、午後には正式注文となった。

この事業所では既にDELLのノートPC、Vostorシリーズを使っているため、DELLで手配することにした。
DELLのノートPCには二つの選択肢がある。
個人向けのInspiron15と、企業向けのVostro1520だ。
中身はほぼ同じなのでどちらでも構わないのだが、私はボディカラーのカスタマイズに惹かれてInspiron15を選択した。色はせっかくなのでプリティ・ピンク
ボディカラーを変更すると値段が上がるが、なんとなく変な愛らしい色を納品したかった。高くなった分は、OSでコストダウンしておく。
WindowsXPではなく、WindowsVistaを納品。業務ではVistaは基本的に向いていない。

ただしCPUをCore2Duoにしたことで+2万円、MicrosoftOfficeで+2万円と、意外にコストアップ。
トータルで94,130円の支払いとなった。

無線LANについては、子機はPC内蔵にして解決。ルータ側は、DELLおすすめの機種をAmazon.comで購入。
プリンタは倉庫で見つけたEPSON PM-G730。よく新品で残っていたものだ。この機種はランニングコストが安いため、既に生産中止となっている。

2009年7月26日 (日)

メダカ捕り

今日はウズ丸の友達を連れて、メダカを捕りに行くことになっていた。
雨がやむまで、縁側でワンコと遊びながら空を見上げること1時間。わずかな晴れ間を狙って近くの小川に出撃した。
武器は100円ショップのタモが二つだけ。それでもメダカを20匹ほどと、ナマズやタモロコをたくさん捕まえた。オイカワやカワムツもたくさん網に入ったが飼えないので放流。

メダカ10匹を我が家のビオトープに入れ、それ以外の魚はウズ丸の友達が持ち帰った。
写真は後日。

2009年7月25日 (土)

ブルーベリー狩り #1

今日はいなべ農業公園のブルーベリー園が開園する日だ。開園時間に合わせて、ツノ姉と一緒に出かけた。

入園料は無料。摘み取ったブルーベリーを100g/100円で買い取る方式になっている。
我々は開園時間ギリギリに到着したため、遠くの駐車場しか空いておらず出遅れてしまった。 実もあまり残っていないので、250gほど摘み取ったところで切り上げた。
出入り口には計量待ちの人たちが並んでいるので、行列がなくなるまで園内を散策した。

明るい谷を造成し、1mの高さに土を盛って畑を作り、大量のバーク堆肥でマルチしてある。ブルーベリーはよく育っていたが、木はまだ小さくて、ほとんどの木が1mもない。
初夏までは農薬を使い、以後は無農薬にしたようだ。イラガの3齢幼虫がついた木があって、何人かの人が刺されていた。

バーク堆肥はカブトムシの幼虫が好む。空を飛ぶカナブンを目で追うと、カブトムシがいる場所がわかる。4匹のカブトムシを捕まえた。
出口でブルーベリーの代金250円を払って帰ってきた。

いなべ農業公園
三重県いなべ市藤原町鼎(かなえ)717番地
TEL. 0594-46-8377
7月25日(土)~8月9日(日) 09:00~14:00受付(なくなったらおしまい)

以下、ヲタク向けレポート。
藤原町は石灰岩の土地なので、土地がアルカリ性になる。低pHを好むブルーベリーには向いていない。
植えられていたブルーベリーも、土壌を選ばないRE(ラビットアイ)系とSH(南部ハイブッシュ)系の品種に限られていた。
RE系はホームベル、ティフブルー、ウッダードの御三家と、バルドウイン、パウダーブルーあたり。
SH系も数が多いが品種はほとんどわからない。シャープブルーではないようだ。そういえばサンシャインブルーがあったね。
園内の名札はまったくのでたらめ。もしかしたらPVP品種の枝を失敬されないための工夫かもしれない。

右の写真には痛いやつが隠れている。

Bbinabe090725 Iraga090725

2009年7月24日 (金)

FTD-G732AS

先日のBUFFALO FTD-G732ASを試用したかったので、12,600円で納品した。
利益がほとんどないように見えるが、SOTECのLCDを処分料4,200円で引き取ってきた。専門業者に持ち込むと、無料で引き取ってもらえるため利益は出る。
デザインも悪くないし、思っていたよりいい感じだ。しばらくはこのFTD-G732ASを仕入れることにしよう。

2009年7月23日 (木)

山ピーのシュート

先日の続きで「ブザー・ビート」ネタ。
番組タイトルにもなっている「ブザー・ビート」は、タイムアップ直前のゴールということになっているけど、正しくは「ブザー・ビーター」だと思う。「ブザー・ビート」とは普通言わない。

ここで、お便りを紹介しよう。

「山ピーは、レイアップシュートがうまいですね」

よく観察すると、山ピーのレイアップシュートは、すば抜けてうまいときと、そうでないときがあるね。
疑惑のシーンをいくつか見てみよう。たとえばこんな感じだ。
うまく見えるレイアップシュートは、ゴール下を駆け抜けてディフェンスに戻る前に、カメラが他のところに移ってしまうね。
これは他のシーンでも同じ。どうしてかなあ、なんでかなあ。
がんばれ山ピー。疑惑に負けるな山ピー。

ところで、ジャニタレは勝手に写真を使えないようだ。どの番組でも苦労している。

番組サイトでも、主人公の山ピーは後ろ姿。きっと山ピーが前を向いちゃうと、番宣のポスターとか作れなくなっちゃうんだろうなあ。

2009年7月22日 (水)

次期LCD

17インチLCDの在庫が尽きたので補充することにした。
いつもうちが納品していたLCDは生産終了で、手に入らないようだ。後継となるLCDを選択しなければならない。

Amazon.comで、I-O DATA LCD-A177GW@12,495円、BUFFALO FTD-G732AS@11,025円を1台ずつ注文し、比較検討することにした。
LCD-A177GWはスピーカなし、FTD-G732ASはスピーカ内蔵型で後者の方がどう見てもお買い得だ。
しかし後者は値崩れがひどい。1年前に発売された商品なので、生産終了の可能性がある。

2009年7月21日 (火)

ブザー・ビート

フジテレビの月9ドラマは「ブザー・ビート」というバスケドラマらしい。キーワード録画で勝手に録画されていた。

イケメン俳優が多くて、バスケシーンはひどいものだと思っていたが、主人公の山ピーこと山下智久を除いて意外とまともだった。
よく見るとチームメイトにたくさんのバスケ選手が混じっているようだ。
石田剛規(元トヨタアルバルク)、中村友也(東京アパッチ)、宮永雄太(東芝ブレイブサンダース)など。
リンク栃木ブレックスや東京アパッチなどが、対戦相手として登場している。また、番組スポンサーがトヨタなので、番組予告には五十嵐圭など、アルバルクの選手が多数登場しているようだ。
こんな空気の中でプレイする山ピーは大変そうだ。

チームメイトには俳優もいるが、これが未来戦隊タイムレンジャーのタイムレッドこと永井大。身長が185cmもあって、スポーツ万能。
ドラマ中のシュートフォームもきれいだった。
がんばれ山ピー。負けるな山ピー。

2009年7月20日 (月)

マテバシイ接木

ツノ丸とウズ丸を連れて、マテバシイの枝を採りにいった。
昨年、大実のマテバシイを何本か見つけた。その中から最早生と、最晩生の個体を選び、それらの苗木を作ることにした。
切ってきた枝はすぐに自宅のマテバシイに接木した。
早生を3本、晩生を7本ほど接木をした。
盛夏の接木は活着が悪そうだが、それも自由研究のうちだ。

夜はパソコンを納品に行った。
FUJITSU FMV-C630、Pentium4-3.0GHzでメモリは512MB、OSはWindowsXPだ。
ディスプレイなしで23,100円で納品。

Matebatsugiki090729

2009年7月19日 (日)

草バスケ

ウズ丸は柔道の東海合宿とやらで、朝から名張まで遠征。
どうして参加できるのかよくわからないが、強い相手と練習ができたようだ。

ツノ丸は中体連の大会を見に行くと思っていたのだが、顧問の先生が「宿題やっとけ」と言ったそうで、家でまったりとしていた。
せっかくなので私の草バスケに連れてきた。
子供たちの大会が続き、私は6週連続で草バスケを休んでいた。バスケをするのは久しぶりだ。

今日は他チームが来ていたので、ツノ丸も含めてひたすら試合だった。この日の得点王は間違いなくツノ丸だった。
大人はギャンブルの速攻に追いつく体力もないし、ディフェンスを頑張る気力もないようだ。

2009年7月18日 (土)

ザクロの環状剥皮

庭に10年以上になるザクロの木がある。
花はよく咲くが、樹勢が良く、まったく実を着けない。生理落下だと思われるので環状剥皮を試みることにした。
樹皮を環状に剥いで、枝から養分が降りられないようにする。木質部を残すので根から吸い上げた養分は枝に届く。

3本の枝に環状剥皮を施した。私が見本を見せて、ツノ丸とウズ丸が続いた。
本当なら剥ぎとった樹皮を上下逆にして、接木テープで巻いておくという手もあるが、トゲが痛いので作業がしづらい。剥いたまま放置することにした。
いささか乱暴だが、これでも実がならないようなら伐採してブルーベリーを植えるつもりだ。
写真は後日。

2009年7月17日 (金)

中体連

ツノ丸たちは中体連の試合。
負ければ3年生は引退。
対戦相手はHZ中。ツノ丸たちは地区で一番の小型チームなので、いつものように全ポジションがミスマッチだ。

今日は3年生中心で、ゴール下から攻めることになっているようだ。
ツノ丸はドライブをほとんどせず、淡々とボールを運ぶ。
だが肝心の3年生の動きが少ない。まったく面取りができず、価値のないところでパスを受ける。
ディフェンスも同じ調子。
1QTから2-2-1のゾーンプレスを仕掛けるが、どうも動きがよくない。
顧問の先生がラインを下げる指示を出したが、1線目がラインを下げても、2線目の3年生は下がらない。
10点差をつけられて1QTを終え、3年生二人には顧問の雷が落ちた。

雷効果か、2QTから2年生の動きが良くなった。点差も1桁に詰めて前半を終えた。
3QTは押し気味にゲームを進めるが、2年生が一人交代したら、ここがひどい穴となり、点差を詰められなかった。
4QTにはベンチに下がった2年生をコートに戻したが、穴を下げずに2年生Gを下げた。
すると一気に点を奪われて敗れた。
これで3年生二人は引退。160cm台の3年生二人が抜け、150cm以下の2年生二人がレギュラーに加わる。
ツノ丸も145cm、小さいなあ…。

2009年7月16日 (木)

今年のスイカ

今年のスイカはデキが悪い。
雨が多いとかそういう理由ではない。犯人はカラスだ。
カラスがスイカをつつくと、ほんの少しつついただけでスイカの実は割れてしまう。
今年は既に13個も割られてしまった。網が張ってあるので、スイカを食われることはない。つついて割られるだけ。

今年、収穫できたスイカはまだ5個くらいだ。例年だと20個近い。
写真のスイカは今年最初に収穫したもので重さは11.5kgだった。我が家の目標は13kgなので、まだまだ小さい。

黒いお嬢ちゃんは、かまってほしいみたい。

Suikareggie090703

2009年7月15日 (水)

シャシャンボツバメスガ

シャシャンボに接木したランコカスの芽が伸びたと思ったら、
さっそくシャシャンボツバメスガがついて、せっかく伸びた芽がしおれてしまった。
たった5cmしかない芽になぜ産卵するのか。
ちゃんと活着してくれるといいのだが。

2009年7月14日 (火)

エアプランツ

花ひろばでサンショウの苗木を買って来た。「朝倉」というトゲのない品種だ。
うちのサンショウに接木するつもりだったが、2mもある立派な苗木を買ったため、接木する理由を失った。

帰り道、100円ショップのダイソーに寄った。
ダイソーは今年になってチランジア、いわゆるエアプランツを扱うようになった。もちろん105円である。
チランジアは明るいところに転がしておけば育つ。土もいらない、たまに霧吹きで水を与えればいい。
初めてチランジアを買ったのは10年以上前。当時は1株600円もしたが、今ではたったの105円。
我が家にも、6年前に買ったイオナンタがある。当時は380円だった。子供たちが嫁の誕生日に買ったものだ。

ダイソーに並んでいた品種は、

( 9)イオナンタ
(10)カプットメデューサ
(11)コルビー
(12)ベルティナ
(13)メラノクラテル
(14)ストリクタ
(15)ブルボーサ
(16)ジュンセア
(17)不明
(18)不明
(19)マグヌシアーナ
(20)チランジア

残念ながら#1-9と#17-18は売り切れなのか、見かけなかった。
写真は先日、ダイソーで買ったカプットメデューサ(左)と、先輩のイオナンタ(右)。土がいらない植物なので、植木鉢の中は空っぽ。

Airplants090610

2009年7月13日 (月)

キノコご飯

今日は名古屋で仕事。

昨日、セイタカイグチ5本、ヤマドリタケモドキ3本、チチタケ3本を持ち帰った。大型のキノコが多かったので鍋いっぱいあった。
すぐに洗ってゆでておいたのだが、今日、帰ってきたら炊き込みご飯になっていた。さすがにうまい。

虫が多くて食べられないキノコは、我が家のドングリの木の下に伏せておいた。うまく感染してくれるといいのだが。

左の写真は、セイタカイグチとヤマドリタケモドキ。右は不明種。

Seitakayamadori090712 Ookogechaiguchi090712

2009年7月12日 (日)

キノコ観察会

県が主催するキノコ観察会に参加した。
ツノ姉も行くというので講師ではなく一般参加。
イグチの仲間が目立ち、60種を超えるキノコが観察できた。名前がわからないものも含めると80種ほど。
私もその半数以上を採集し、観察会に貢献した。

ワルナスビという植物を初めて見た。なかなかきれいな花だ。初めて見たにもかかわらず、嫌いな外来種ワースト3入りは確実。
目に付いた206株を採集して、その場に放置してきた。
他の嫌いな外来種上位はセンダングサ、スズメノヒエ、ミントあたり。

観察会では、参加者が採ってきたキノコをシートの上に並べ、片っ端から同定していく。一通り同定が終わると、講師の方が簡単な説明をしてくれる。
写真は観察会に来ていた小学生。

Kansatsukai090712

2009年7月11日 (土)

接木で自由研究

夏休みが近い。夏休みといえば自由研究。
常に何本ものネタを抱えている我が家だが、今、もっとも力を入れているのが接木ネタだ。

今日も国道脇にクリの木を見つけた。シバグリと呼ばれる野生のクリで、その下を調べると、クリの幼樹を見つけた。
今日はそれを掘り取ってきて、植木鉢に植えてみた。来春には首をはねて接木する予定だ。

そんなわけで我が家は、庭中が植木鉢だらけ。
ブルーベリー×30、スノキ×2、ナツハゼ×2、シャシャンボ×5、クリ×5、ヤマモモ×7、ミニバラ×4、ノイバラ×3、柑橘類×2、ビワ×5。
他に実生のカキや柑橘類、マテバシイがPETボトル鉢で100以上。挿し木のノイバラやシャシャンボ、ブルーベリーもビニールポットで72。
自由研究の準備は整いつつある。3年後のね。

あ、今年の自由研究はどするんだって? それなら一昨年から始めて、去年終わった。あとはまとめるだけ。
夏休みは部活で忙しいから、早めにやっておかないとね。

2009年7月10日 (金)

ヤブガラシ

ブドウ科の多年草で、ヤブガラシという植物がある。最近知ったのだが、ヤブガラシには2倍体と3倍体の個体があるそうだ。
3倍体の植物には実がならない。そのため3倍体が多い関東では、ヤブガラシの実はなかなか見られないらしい。
うちの周りでは両者が混在しており、観察するにはちょうどいい。

そのことをツノ丸に話したら、ツノ丸は帰り道にヤブガラシを観察するようになった。まさに道草である。帰宅すると、どこに2倍体のヤブガラシがあったのか報告してくれる。
こういうネタを自由研究にしてもいいのだが、どうせ誰かがやりそうなので研究しない。

写真はアメリカネナシカズラと一緒に写真に写っていたヤブガラシ。
ブドウのような実は、味見したがうまくなかった。

Yabugarashi2bai080826

2009年7月 9日 (木)

期末試験の結果

男子バスケ部の連絡は、3年生のキャプテンと副キャプテン、それからツノ丸に回ってくる。
2年生以下への連絡は、ツノ丸が勝手に決めた連絡網で伝える。
ツノ丸は電話連絡以外に、ケータイメールで一斉送信したりもするので、ほとんどの連絡にツノ丸が絡む。
テスト前になると、他人の勉強っぷりも連絡する。他の部員はどれだけ勉強しているか言いふらす。バスケ部員は危機感を持って勉強するのか、今年になってバスケ部全体の成績が上がって来た。
今では平均点以下だった連中が、今ではレギュラー全員が平均点以上。
みんなを草バスケに連れて行くと、「お願いします」で車に乗って、次の言葉が「ワークどこまでやった?」だ。

今日、1学期の期末試験の結果が届いた。
成績上位10人の中にバスケ部員は4人もいる。しかも1-2位を独占したようだ。
(注)女子バスケ部員は1年生の頃から成績がいいらしい。

2009年7月 8日 (水)

接木の結果

今年の春、シャシャンボにブルーベリーを接木した。
そのうち2本は失敗、3本が生き残っている。
いったん成長が停まっていたが、今月に入って再成長を始めた。無事に活着したようだ。
芽が動いてから穂木を採り、そのまま接木するという乱暴な接木だったが、特に問題はなかった。接木に失敗した木だって、植木鉢につまづいたりしなければ活着したと思う。
シャシャンボ台木はとても丈夫で土地を選ばない。これからの成長に期待したい。

Bbtsugiki090707

2009年7月 7日 (火)

七夕なのに

今日は七夕だが、雨と仕事で七夕の笹を採りに行くことができなかった。短冊に「全国大会に行けますように」と書くつもりだったのに。

ところで右側のgremzのブログパーツは、昨日に続いて今日も表示が変わっていた。見逃した人のために貼っておく。Gremztanabata

2009年7月 6日 (月)

ヤマモモの接木

ヤマモモの接木はいつがいいのだろうか。よくわからないので、とりあえず3本ほど接木をしてみた。
葉を数枚残して首をはね、秀峰という品種を接いだ。この時期の接木は失敗しそうな気がするが、ウズ丸に接木を見せたかったので強行した。成功したらラッキーということで。

それを見ていたウズ丸が、「俺も接木がしたい」と言い出した。作戦通りだ。ウズ丸はまだナイフをうまく扱えないので、剪定したカキやザクロの枝で練習をさせてみた。

ラビットアイ系ブルーベリーが熟し始めた。うちのトップはホームベルだった。エッセルも数日後には食べられそうだ。
ちょうど近所の女の子が遊びに来たので食べさせてやった。あと三日してから来てくれるといいんだけど。

このブログの右側にgremzというブログパーツが貼ってある。このブログパーツは記事の投稿により植林してくれるというものらしい。今日はキャンドルナイトとやらで、ちょっと変わったことになっている。見逃した方のためにどうぞ。

Candlenight

2009年7月 5日 (日)

市大会優勝

ウズ丸たちは柔道の市大会。
ウズ丸は1回戦はなく、2回戦がしょぼい一本勝ち。そして3回戦が見事な一本負けだった。
相手はよく道場に練習に来てくれる子だ。いつも乱取りでは圧倒しているが、試合では勝ったことがない。攻め方を覚えられている感じだった。

チームは2年連続の団体優勝。4-6年生の部をすべて優勝で飾った。そろそろ全国大会にも行ってみたいのだが。
ところで、5年生の部で準優勝した子は小さくてとても速い。ウズ丸の手本にしたい。

BOINCのWCG(World Community Grid)解析ランキングが3万位を切った。現在の解析ランキングは29,900/462,100位。

2009年7月 4日 (土)

練習試合

ツノ丸は朝から隣中まで遠征して練習試合。
先日の大会で敗れたA中との再選となる。大会では、ゴール下から攻めて負けた。
それからチームは戦術をがらりと変えた。ツノ丸の攻撃が増えた。

相手エースをファウルアウトさせ、5点差くらいで勝った。
今日のように4QTの試合だと、昨年の夏から負けていない。だが小さな大会はたいていハーフ(2QT制)で行なわれる。ファウルアウトを狙えないときにも勝てるようにしておきたい。
SG中にもダブルスコアの圧勝だったが、メンバーを落とすことはなかった。

あと2週間ほどで3年生は部活を終える。最後の試合までこのメンバーで行くようだ。

2009年7月 3日 (金)

台木ぞろぞろ

ヤマモモ「秀峰」の接木苗を買ったものの、やはり自分でも接木苗を作ることにした。
台木に使うヤマモモは、とある農園で250円で販売してもらえることになった。同じ農園では、ヤマモモ以外にクリやハゼノキも育てているという。せっかくなのでそれも注文した。

今日、ヤマモモ@250円×6、クリ@250円×2、ハゼノキ@250円×2の苗木が届いた。どの苗木も接木の台木として使う予定だ。

ポットが小さいので5号鉢に植え替えた。たった1日で10鉢も増えてしまった。庭の植木鉢が多くなってきたので、一部の植物は処分するか置き場所を変えないといけない。休耕田に並べるとするか。

2009年7月 2日 (木)

フクベリー

先日、たくさんのブルーベリーの苗木が届いたというのに、またブルーベリーの苗木が届いた。フクベリーという日本の品種だ。
フクベリーはラビットアイ系の超晩生品種で9月中旬が最盛期。10月まで収穫が続くという。
我が家のブルーベリーは6月から収穫が始まり、8月いっぱい収穫できる。その収穫期を9月、あるいは10月まで延ばせるのはありがたい。

2009年7月 1日 (水)

webサイト更新

保守契約を結んでいるwebサイトを更新。このサイトはほぼ毎月、何らかの更新がある。
今回はユーザからの「ご意見・ご要望」を受け取るCGIを組み込むという作業だった。

このwebサイトを引き受けた当初は、いずれwebサイトの更新を担当者と代わるということになっていた。ところが月々の保守契約を結んでいることをいいことに修正を重ね、次々に新しい機能を組み込んできた。今ではたくさんのCGIが組み込まれ、素人では更新できない規模になった。

社内に個人のwebサイトを開設している人でもいなければ、業務の合間にwebサイトを更新できるとは思えない。しかも事実上のサービス業務だ。たとえその能力があっても立候補する人はいないと思う。
このまま何年も月々8,400円で更新を続けることになるのだろうか。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

最近のトラックバック