« 接木苗の蒸散対策 | トップページ | 選抜大会 »

2009年4月17日 (金)

細胞培養

ツノ丸が細胞培養に興味を持ったので、資料を買ってやった。
ネットで参考書を探したがとても高い。5,000円以上の値が付いている本がほとんどだ。生物やパソコンの参考書はせいぜい3,000円。
本好きの私でも、5,000円を超える本はなかなか手が出ない。
だがインターネットの古本屋を探すと、学生が手放したと思われる古本がたくさん見つかった。
数百円の本を何冊か見つけて注文した。

  • 絵とき植物生理学入門@627円
  • 植物バイテクの実際 (農学基礎セミナー) @866円
  • 悪魔の新・農薬「ネオニコチノイド」
    ミツバチが消えた「沈黙の夏」@1,302円

この3冊を買った。最後の1冊は細胞培養には無関係。

夏休みの自由研究にするつもりなら、そろそろ取り掛からないといけない。今なら失敗してもやり直すだけの時間がある。

« 接木苗の蒸散対策 | トップページ | 選抜大会 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/29184354

この記事へのトラックバック一覧です: 細胞培養:

« 接木苗の蒸散対策 | トップページ | 選抜大会 »

最近のトラックバック