« ミズムシ | トップページ | 細胞培養 »

2009年4月16日 (木)

接木苗の蒸散対策

シャシャンボに接木したブルーベリーの新梢が伸びてきた。
小枝が持っていたエネルギーがあるため、花瓶に挿してもこれくらいは伸びる。ここから葉を開いて一休みして、それからまた生長を始めれば接木成功だ。
葉が開くと水分が蒸発しやすいため、蒸散を防ぐ工夫が必要だ。ツノ丸は切ったPETボトルをかぶせていた。
シャシャンボは強い根を持っているため、接木されたブルーベリーは環境の悪い場所でもよく育つはずだ。土質改良のためにピートモスを買うより、がんばって接木をしたい。
Tsugiki090410

« ミズムシ | トップページ | 細胞培養 »

自然」カテゴリの記事

コメント

接木なんてすごい~!!
植木屋さんみたい?笑
そうそう、オリーブの木の枝が数本
葉が落ちてしまって生きている枝が
1本だけになってしまったのです
上手に枝別れをさせたいのですが
分かれ目から死んだ枝を切ったらまた
そこから芽がでてくるんでしょうかね・・

枯れ枝は短く切った方がいいと思います。
中にカミキリムシの幼虫がいるなら、切ることで殺せますから。
オリーブは放任でも、そこそこきれいにまとまります。
もちろん枝分かれもするので、気にしなくても大丈夫ですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/29179938

この記事へのトラックバック一覧です: 接木苗の蒸散対策:

« ミズムシ | トップページ | 細胞培養 »

最近のトラックバック