« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

そうだ京都、行こう

昨年から、ツノ丸は京都に行きたいと言っていた。

今年のゴールデンウイークは、部活も34Kも草バスケもない。その期間を利用して、一人で京都に出かけることにした。
電車で出かけることにしたようで、インターネットで時刻表を調べていた。計画では二泊三日。嫁の実家(祖父母)に泊まらせてもらい、そこからあちこちに出かけるつもりらしい。

中学生の頃、私は自転車で名古屋空港や関ヶ原に出かけていた。まあ、電車なら安全だろう。

2009年4月29日 (水)

地図作り

ウズ丸とコービーを連れ、父のいる畑に出かけた。
畑に植えてある果樹を調べるためだ。
驚いたことに父は畑の地図を持っていた。それはつまり、覚えきれないほどたくさんの果樹が植えてあるということだ。

柑橘類だけで、甘夏、宮川早生、上野早生、グレープフルーツ(無理)、文旦、メイ・ポメロ、ネーブル、清見、不知火、せとか、はるみ、伊予柑×2が植えてあった。
それに加えて、ビワの田中、カキの次郎×2、富裕、蜂屋、リンゴの王林、サクランボの暖地桜桃。イチジクの蓬莱柿、桝井ドーフィン。

ウズ丸の自由研究に使うため、親父のヘタな地図を元に新しい地図を作った。
でもまだ他にも畑があるから、もっと品種が増えそうだ。
写真は文旦。メイポメロという寒さに強い品種だ。
Buntancourt090430

2009年4月28日 (火)

迷惑ソフト

ノートパソコンの調子が悪くなったと持ち込みがあった。
調べると期限切れのMcAfeeが原因だった。またお前かという感じだ。ウイルス対策ソフトのMcAfeeは、更新期限が過ぎると動作がとても重くなる。自分自身が迷惑ソフトと化す。
慣れたユーザなら、McAfeeをアンインストールすれば解決するのだが、初心者にはどうしようもない。お金を払うまで、まともに動かないという仕掛けになっている。
アンインストールしてから、新しいMcAfeeのインストールで解決した。代金は2,100円なり。

2009年4月27日 (月)

大食らい

授業参観日の代休で、ウズ丸は昼まで爆睡していたが、腹が減ったと昼に起きてきた。
私がメシを用意するのか。
マクドナルドに連れて行くと、ウズ丸はビッグマックとシェイクとポテトとシャカシャカチキンを食った。さらにハンバーガー2個とシャシャカチキンを追加。相変わらずよく食うやつだ。
たくさん食って、でかくなってくれることを期待。

いつもなら帰ってバスケをするところだが、昨日の草バスケでヒザが痛い。自然観察に出かけることにした。
今日は春の林を散策。ウズ丸は昨日覚えたシャシャンボを、次々に見つけていた。シャシャンボは10本ほど見つけたが大木ばかりで幹しか観察できない。自由研究には使えそうにない。
気になっていたハイノキも、甘い香りで発見することができた。たくさん生えているというわけではなさそうだ。
写真はシャシャンボの大木。

Shashataiboku090428

2009年4月26日 (日)

ハイノキ

夕方、ウズ丸やツノ丸を連れて山歩き。
シャシャンボという樹木を探すのが目的だったが、生えていそうな場所は知っている。すぐに1本目を見つけた。
さっそくカメラを構えたら、池にはまった。湿地を好む植物がびっしりと生えていて、まったく水面が見えない。
冷たい足にめげながら、次のシャシャンボを探す。

途中、いい香りがするので立ち止まったら、頭上にきれいな花が咲いていた。
見たことがない木だったが、歩きながらハイノキという名前を思い出した。図鑑で見て覚えていたようだ。周りを見渡しても、ハイノキはこの1本しか確認できなかった。探せばもっとあるのだろうか。

夕方だったので、3本目のシャシャンボを見つけたところで帰ることにした。
足も冷たいし。
写真はハイノキの花。香りだけでなく花も見ごたえがある。

Hainoki090426 Hainoki090426z

2009年4月25日 (土)

親子でミカン

園芸店に果樹の苗木が並ぶようになると、果物好きの私はスイッチが入る。毎日、インターネットでいろいろと情報を集めている。
そんな中、「きよか」や「せとか」というミカンがうまいとの情報を得た。

翌日、園芸店で「せとか」の苗木が売られていた。接木2年生の苗木が2,000円。よく伸びて、とてもいい苗木だった。
苗木を買って家に帰ると、親父が一言。
「せとか? それなら畑に植えてあるぞ。」
親子で同じ品種のミカンを購入するとは思わなかった。
「はるかもあるから、もうミカンはもう買うなよ。」
親父は果樹を栽培するのが好きだが、中でも柑橘類はひじょうに多い。宮川早生などの温州みかんから、甘夏、八朔、文旦、メイポメロ、清見、ネーブルまで育てている。
どの品種も収穫期をずらしてあり、冬から春の半年間は毎月、ミカンを収穫できるらしい。

2009年4月24日 (金)

フラスコ探し

細胞培養に必要な器具を集め始めた。
Yahoo!オークションで、ビーカーを検索してみた。表示されたのは大量のベビーカーだった。
あきらめてフラスコで検索。表示されたのはウイスキーを小分けするボトルだった。アンティーク小物で少しフラスコが売られていたが高くてばかばかしい。
Yahoo!オークションは無理だ。あきらめよう。

実験器具を扱う専門業者を調べると、カルチャーボトルという、PC(ポリカーボネート)製の培養専用フラスコが売っていた。
ガラス製と比べるとやや高いが、割れないので子供には良さそうだ。
どれにするか迷っていたら、成績アップのご褒美として、祖父がツノ丸に買ってくれることになった。
じゃ、一番高いやつを買っとけばいいよ。箱ごとね。

2009年4月23日 (木)

酔っ払いタレントと政治家

タレントの草彅剛が酔っ払って逮捕されたらしい。
それに対して鳩山大臣が怒っている。
「最低の人間だ。絶対許さない」
酔っ払って裸で騒いでしまったタレント一人に、どうして大臣がこんなに怒っているのだろう。
同じ酔っ払いだったら、鳩山大臣の同僚である中川大臣の方が、よほど悪質でみんなに迷惑をかけたと思う。日本の恥だ。

2009年4月20日 (月)

レジーの芸

レジーが一つ芸を覚えた。
誰かが食事をしていると、すたすたと隣にやってきて、
何か食べ物をよこせとポーズをとる。
このポーズで見つめられると弱い。
傍らにレジーが立つと、みんな食べ物を与えるようだ。

Reggieonedari

2009年4月19日 (日)

初試合

ウズ丸は柔道の大会に参加した。今年度の初試合だ。
先月、県大会で痛めたヒジが完治していないため、背負い投げは使えないが、それ以外は大丈夫だ。
初戦はぐだぐだに投げ、落ちながら固めて一本。
2戦目は攻め続けるも両者ポイントなし。ウズ丸は残り時間が少なくなった頃に、反則すれすれの行為を犯した。幸い、注意はなかったが、そのまま判定で敗れて2回戦負け。

2009年4月18日 (土)

選抜大会

ツノ丸はバスケの選抜大会。
初戦の相手はM中学校。初めての顔合わせだが、顧問の先生いわく「勝てるはずがない」とのこと。
今日はツノ丸がPGとしてプレイ。それから珍しくエンドラインからのスローインも担当した。
ドライブはまったく見られず前半で10点差を付けられた。

3QTは一時、5点差に詰め寄ったものの、敵がゾーンプレスをかけてくると大混乱だった。
ツノ丸がスローインをするということは、ボールを運ぶ選手がプレスを受ける。ボールをツノ丸に戻す前にターンオーバーで失点。
ツノ丸が遠投を狙っても、一歩も動かずにキャッチしようとしてインターセプトされるし、頭上に合わせても強いパスをキャッチできずにファンブル。これは苦しい。
このQTはツノ丸のドライブが目立つようになった。だがオフィシャルがひどい。個人ファウルの数も出ないし、チームファウルが5を超えてもフリースローをもらえない。
それどころか、こちらのファウルでフリースロー。どうやらファウルを逆にカウントしていたようだ。ここでようやくオフィシャルに抗議するが、もらえたはずのフリースローをやり直しできるわけもなく、そのまま試合再開。
3QTを終わると20点差が付いていた。

4QT、3Pシュートで攻めろという指示が出ていたので、ツノ丸もロングシュートを狙う。
ドライブで体当たりしてレッグスルーで3Pとか、バックチェンジでステップバックして3Pなどやりたい放題。
この日3Pだけで5本を沈めたが70-40くらいで敗れて初戦敗退。初日だけで大会が終わってしまった。
ツノ丸はロングシュートの距離感がないのか、シュートをバックボードに当てて入れる。まあ入ればいいか。

2009年4月17日 (金)

細胞培養

ツノ丸が細胞培養に興味を持ったので、資料を買ってやった。
ネットで参考書を探したがとても高い。5,000円以上の値が付いている本がほとんどだ。生物やパソコンの参考書はせいぜい3,000円。
本好きの私でも、5,000円を超える本はなかなか手が出ない。
だがインターネットの古本屋を探すと、学生が手放したと思われる古本がたくさん見つかった。
数百円の本を何冊か見つけて注文した。

  • 絵とき植物生理学入門@627円
  • 植物バイテクの実際 (農学基礎セミナー) @866円
  • 悪魔の新・農薬「ネオニコチノイド」
    ミツバチが消えた「沈黙の夏」@1,302円

この3冊を買った。最後の1冊は細胞培養には無関係。

夏休みの自由研究にするつもりなら、そろそろ取り掛からないといけない。今なら失敗してもやり直すだけの時間がある。

2009年4月16日 (木)

接木苗の蒸散対策

シャシャンボに接木したブルーベリーの新梢が伸びてきた。
小枝が持っていたエネルギーがあるため、花瓶に挿してもこれくらいは伸びる。ここから葉を開いて一休みして、それからまた生長を始めれば接木成功だ。
葉が開くと水分が蒸発しやすいため、蒸散を防ぐ工夫が必要だ。ツノ丸は切ったPETボトルをかぶせていた。
シャシャンボは強い根を持っているため、接木されたブルーベリーは環境の悪い場所でもよく育つはずだ。土質改良のためにピートモスを買うより、がんばって接木をしたい。
Tsugiki090410

2009年4月15日 (水)

ミズムシ

家の裏を流れる川にはいろんな生物がいる。
魚は、オイカワ、カワムツ、タモロコ、ヨシノボリ。貝はマシジミ、カワニナがよく目立つ。
川底の砂利をかき混ぜると、大量のマシジミに混じって、小さな水生昆虫(?)らしきものがたくさん見つかる。
オニヤンマのヤゴが多いが、よくわからない虫もいる。こいつはいったい何だろう。

Mizumushi090412

2009年4月14日 (火)

演技賞

ウズ丸は痛めたヒジも大体良くなって、練習に熱が入っている。次の日曜日は、柔道の大会がある。
今日は中学生を投げたと得意満面で報告してくれた。
おそらくそれは中学生が投げられてくれただけ。上級生は、いいタイミングで技が入ったときだけうまく投げられてくれる。そして中学生ともなると「うわっ」と叫んだりして演技もうまい。

県大会で痛めたヒジはまだ少し痛むが、背負い投げ以外は大丈夫だ。背負い投げを封印して大会に臨む予定。

2009年4月13日 (月)

アイロン修理

アイロンを修理することにした。ハンダ付けでコードを接続と思っていたが、絶縁テープがなかったので挫折。100Vを短絡させるわけにはいかない。
そこでコンセントを付けてみた。コンセントはハンダもいらないし、絶縁だってする必要がない。

コードが50cmと短いものの、なんとかアイロンが使えるようになった。使うときは延長コードをつないで使う。収納に便利だし、見ようによってはかわいい。
とりあえず明日からの外回りには間に合った。よれよれのシャツで外回りはできない。
とりあえず、新しいアイロンを買わずに済んだ。

2009年4月12日 (日)

スチームアイロン

昨年末、新しいスチームアイロンを買った。それまで使っていたアイロンは2000年製造だったから、8年間使ったことになる。
新しいアイロンはもう壊れた。コードが切れかけている。
ウサギのミケランジェロがコードをかじったのだ。いくら保証期間内だといっても、無償修理ってわけにはいかないだろう。
Iron090414

2009年4月11日 (土)

トナー切れ

某事業所から、ページプリンタ LP-1400のトナーが残り少ないと連絡があった。
現地で確認すると、トナー残量が少ないとの警告が表示されるものの、印刷には問題なかった。新しいトナーが届くまで、このまま使ってもらうことにした。

これを機会に、カラーもモノクロもすべてインクジェットプリンタで印刷したいという要望があった。
トナーは新品だと10,000円ほどかかるが、リサイクルトナーだと6,000円以下で手に入る。トナーは3,000枚印刷できることになっているから、1枚当たり2円になる。しかし実際には3,000枚よりはるかに多くの印刷が可能で、さらに印刷コストは下げられる。
インクジェットプリンタは印刷コストが計算できないが、5円以下で済むとは思えない。

今まで通り、モノクロはページプリンタ、カラーはインクジェットと使い分けてもらうことになった。
家に帰ってからLP-1400のリサイクルトナーを発注。

2009年4月10日 (金)

いつものLCD

17インチLCD(液晶ディスプレイ)の在庫がなくなっていたので、いつものLCD-A175VWを注文した。
LCD-A175VWは現在、10,800円という値段がついている。なんと定価の70%OFFである。安くなったものだ。
これからLCDはこれくらいが標準的な価格になるのか。それとも一時的に在庫が余っているからなのか。

2009年4月 9日 (木)

体が軽い

昨日、ツノ丸がDIY店に行きたいというので、仕事に行くついでに車に乗せていった。目的の店はそこから2kmほど離れた場所にある。ツノ丸は仕事場から店まで、走って買い物に行った。

それがよかったのか、34Kの練習ではよく走っていた。本人も体が軽いと言っていた。試合の前日に、2km程度の走り込みをしておくと、試合で活躍しやすいかもしれない。
今日は「パスが誰に入るかわかった時点で次の動作に入る」ことを注意して練習していた。とても簡単なことだが、注意していないとできないことだ。

2009年4月 8日 (水)

OutlookExpressのパスワード

FMV-C620を納品した。Pentium4-1.8GHz、メモリ512MB、WindowsXPでMicrosoftOffice付きで25,200円なり。
ディスプレイはそのまま使うということだったが、デジタル端子専用で接続することができなかった。
変換コネクタを接続してもダメだったので、17'LCDを納品しようと思ったが在庫を切らしていた。急いでいたので、手持ちの15'LCDを8,400円で納品した。

古いパソコンからデータを引っ越して、インターネットの設定をし、プリンタドライバのインストールをした。作業は無事に終わり、先方にパソコンを引き渡した。
するとOutlookExpressで、メールのパスワードを保存できないという症状が出た。「パスワードを保存する」にチェックを入れてもダメだ。
調べたところ、Winsowsに問題があるようだ。
レジストリエディタを使って、レジストリを書き換え、ようやく修復することができた。

古いFMV-6866CL7と14'LCDを引き取ってきた。どこかに売り飛ばせるといいのだが。

2009年4月 7日 (火)

部員募集

ウズ丸を道場に迎えに行ったら、部員募集のチラシを作っていた。
今まで、プリンタで印刷した紙をハサミで切り貼りして作っていたようだ。それくらいなら私が作っておくと安請け合いした。
チラシはハガキ作成ソフトの筆まめで作ることにした。文字を組み合わせて、さくさくとチラシを作った。

あとはイラストを一枚入れて完成と思ったが、ネットでは気に入ったイラストが見つからない。
手持ちの写真から、内股の写真をスキャナで取り込んだ。これを背景から切り抜き、フィルタをかけてペンで描いたようなタッチに加工して完成。

こんなイラストだが、使いたい方はご自由に。筆まめのように、背景色を透明にできるソフトを使うか、他のソフトで背景を白で塗ると使いやすいと思う。
Uchimatapen_2

2009年4月 6日 (月)

接木講座

そんなわけで今日はツノ丸に接木講座をすることにした。
うちにはブルーベリーが10品種と、ブルベリーに近種のナツハゼやシャシャンボが鉢上げされている。

だが台木に使おうと思っていたシャシャンボは、外れたシュートによって何度もぺしゃんこにされている。樹齢10年にもかかわらず高さはせいぜい30cmだ。これでは使えない。
ツノ丸を連れて、近くの山でシャシャンボを5株ほど掘って来た。

次は穂木。接木をするのに適した穂木が用意できないことには、接木もできない。
うちで一番人気のブルーベリーはハイブッシュ系のハーバートだが、穂木に向いた枝はあまり出ていなかった。
結局、ハーバートを2鉢、ランコカスを2鉢接木するのが精一杯。ツノ丸に作業させたかったが、失敗を恐れて私が作業した。

写真は台木に使ったシャシャンボの根。細い根は少ないが特に問題はないだろう。

Shashanbo090406

2009年4月 5日 (日)

ブルーベリーの話

ブルーベリーの根は地表を浅く広がり、乾燥に弱い。ひどく酸性の土を好むため、栽培にはピートモスが必須となる。
ブルーベリーも他の果樹と同様に、丈夫な植物に接木してやれば、こういった欠点を回避することができる。

子供の頃に持っていた「くだもの」という本が、接木について詳しかった。それを読んだ私は、遊びでよく接木をしていた。理由はよくわからないが、リンゴやナシ、ボケの接木をよくやっていた。
ブルーベリーもシャシャンボに接木した。畑の片隅に植えっ放しだったが、カミキリムシにやられるまで、毎年たくさんの収穫があった。

20年後、また同じことをやろうとしている。それは子供たちの自由研究となりそうだ。
同じようなことを考える人はたくさんいるようで、インターネットでは多くの成功例が報告されている。
ところで、この接木について特許を取っている人がいる。そのためか、シャシャンボ台木の苗は市販されていないようだ。

今年の自由研究というわけにはいかないが、そろそろ準備を始めようと思っている。

2009年4月 4日 (土)

植替え

今日はブルーベリーの植替えをした。
ブルーベリーは酸性の土を好む。赤土にピートモスで植えるのがいいらしいが、赤土を取ってくるのは面倒だ。
家にあった細かい朝明砂にピートモスを混ぜて植え込んだ。あとから赤土を表面にまくつもりだ。
毎年、ザルいっぱいの収穫はあるが、カキやイチジクと比べると手間がかかる。ただし、いったんピートモスを混ぜた土で植えてしまえば、水やりだけでよく育つ。肥料だって、毎年、油粕を少し置くだけだ。

他にもクサイチゴ、タラノキなんかを植え替えた。こちらはどんな土でもいい。地面に植えておけばいいと思う人もいるだろう。一年がかりで育てた植物だって、うちだとシュート1本でぺしゃんこになるのだ。

2009年4月 3日 (金)

短いレイアップ

今日は庭いじり。庭にまいたマテバシイが、手ごろな大きさの苗になったので鉢に上げた。根が大きいのでプランターや9号鉢を使った。植木鉢代がかかってしかたがない。

その間、ツノ丸とウズ丸はバスケの練習。ウズ丸には短い距離のレイアップを練習させてみた。リングからほんの2mくらいの距離でパスを受けてレイアップシュート。
予想した通り、ウズ丸はそこが苦手だった。
普段、ウズ丸はこの位置を両手のバンクシュートで狙う。ミニバスだとそれでも十分だが、大人だと通用しない。ゴール下にでかい敵がいたらブロックされてしまう。
体でボールを守りながら、レイアップやフックを打って欲しい。ウズ丸はなかなかうまくできないのでくやし泣き。
それでも夕方にはなんとかできるようになった。
試合で使えるようになるには、まだ時間がかかると思っていたが、その日、ツノ丸との1on1で使っていたので驚いた。
これを一工夫すると、ツノ丸がよく使うノンステップフックになる。

2009年4月 2日 (木)

高めのゴール

ツノ丸は試合中、シュートを手前にはずすことが多い。もしかしたら、うちのゴールが少し低いのが原因かもしれない。
そう思って、ゴールの高さを上げることにした。だがうちのゴールは、ギアを一つ上げるだけでずいぶん高くなってしまう。まあいいや。とりあえず今日はこの高さで練習してみよう。

夜、ツノ丸は34Kの練習に出かけた。
試合形式の練習では、0度からのシュートをすべて入れた。ゴールの高さを上げたのが良かったのだろうか。
当分の間、高いままのゴールで練習させてみよう。ウズ丸にはちと厳しいが…。

体験君

予習君をバスケ団に連れて行った。
他にも新人が来ていたので、その二人相手にドリブルやパスを教えてみた。予習君はドリブルもパスも予習してあるので楽勝だった。

気をよくして、予習君にレイアップシュートをやらせてみた。だが、あれほど練習したというのにまったくシュートが入りそうにない。ボールがボードの上を越えていく。
そういえば、予習君が昨日まで練習していたゴールは大人の高さだった。ミニバスケのゴールは低すぎたか。

2009年4月 1日 (水)

予習君のレイアップ

今日も予習君がやって来た。
ウズ丸と一緒にバスケをしたり、裏の川で魚を捕ったり…。
今日もも少しだけレイアップを教えてみた。
そこそこシュートが入るようになってきたが、ボールを手から離すのが早すぎる。力加減はそのうち覚えるだろう。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

最近のトラックバック