« スライドショー | トップページ | McAfee再び »

2009年3月 4日 (水)

Picasa3でスライドショー

Picasa3を24時間いじってみた。
今回の目的は、子供会の写真をスライドショーにして、DVDに動画として収録することだ。
確かにスライドショーはすぐに作れる。メッセージを入れたり、エフェクトも自由にかけられる。写真の回転やコントラストの補正なども、さくさくと作業できる。
だがメッセージの色や大きさを指定しても、作業途中のデータを保存する方法が見つからない。
作業を始めたら、最後まで編集作業を終わらせて、動画データを吐き出さねば、ソフトを終了してはいけないのだ。
後日間違いに気付いたら、文字の配置や大きさ、色、そしてすべてのエフェクトはすべてやり直しある。
これでは長編のスライドショーを作るには使えない。残念。

音楽のないスライドショーを動画として吐き出し、別のソフトでテロップや音楽を付加する使い方なら悪くないと思う。写真をレタッチするには操作性がひじょうに良く、とても快適に使える。
私だとこんな手順になる。

  • Picasa3...写真をスライドショウ動画に変換
  • VirtualDub...テロップを付加
  • TMPGEnc4.0Express...音楽を付加して、フォーマットを変換

この後、DVDプレイヤーで再生できるように、オーサリングする作業が必要になる。
オーサリング可能なTMPGEncを買えば解決するかもしれないが。

« スライドショー | トップページ | McAfee再び »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/28506319

この記事へのトラックバック一覧です: Picasa3でスライドショー:

« スライドショー | トップページ | McAfee再び »

最近のトラックバック