« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

ROCKMENの解析

先日、届いたROCKMENを解析した。
MP3デコーダICはA1568L。MP3以外に、WMAの再生も可能と思われる。
メモリが1GB内蔵されていて転送速度もそこそこ速い。
SDカードスロット装備で、2GBまでのSDに対応と記載されているが、実は4GB超のSDHCにも対応していた。
パソコンでSDHCを読み書きできなくても、ROCKMEN自体がSDHCドライブになるので便利だ。

ROCKMENはハングアップが多い。
パソコンに接続しても反応がないという時は、ROCKMENがハングアップしていることがある。その場合は、リセットスイッチを押すといい。
リセットスイッチはケースの底にある小さな穴の奥にある。クリップを伸ばした器具を作り、その先で押すといい。
リセットをかけると、ROCKMEN自体には変化はないが、パソコンに再接続すると認識されるということが何度もあった。

USB経由でしか充電できないのは意外に面倒だ。
家庭用のコンセントから電源を取りたい場合は、ACアダプタ付きのUSBハブに接続するといい。こうすければパソコンは不要だ。
iPodと接続して、外部スピーカとして使うこともできる。そのためのステレオミニケーブルも同梱されている。

個人的にはひじょうに気に入っているが、クレームが多そうだ。

2009年2月27日 (金)

ウズ丸のターン

柔道の練習日。ウズ丸は県大会モードのまま。誰よりも大きな声で一生懸命。
乱取りでウズ丸が元立ちになると、かかって来る子が少ない。
県大会に出るような子たちなら、ウズ丸に柔道で負けることはない。だが乱取りは時間制で、一本勝ちでも終わらない。これが体力的にきつい。
そんなわけでウズ丸には、手加減してもらえる低学年や、何も知らない他の道場の子ばかりかかって来る。
たまに強い相手がかかって来ると、その反動で最初から最後までウズ丸のターンだ。そして余計に練習相手がいなくなる…。
キャプテンや副キャプテン、中学生なんかが相手をしてくれこともあるが、やはり同格の相手と乱取りをしたい。逃げ遅れた子がウズ丸に捕まっていることがあるが、見ていてほほえましい。

2009年2月26日 (木)

ROCKMEN

ツノ丸は、勉強しているときにケータイで音楽を聞いている。まあ、勉強といっても宿題だけだが。
うちにはたくさんのMP3プレイヤーがあるが、ヘッドホンが気に入らないようで、ケータイで音量を最大にして音楽を聞いている。
その使い方はどうかと思ったので、スピーカー内蔵のMP3プレイヤーを探した。買ったのはROCKMENという製品で、3wのスピーカーを二つ内蔵している。

ROCKMENは充電池内蔵で、充電するにはパソコンとUSBケーブルで接続する仕組みになっている。確かにACアダプタより安く作れる。
これでツノ丸が音楽を聴いていたらハングアップした。電源が切れない状態になった。スイッチもないし、充電池内蔵なので電池を抜くこともできない。

保証期間なんてどうでもいいので、分解することにした。
ゴム足の裏や、電池ボックスのフタにネジが隠されており、気軽には分解はできない仕組みになっている。
ケースを開けると、電池ボックスがあり、本来は電池式のようだ。
電池ボックスに配線を通す穴を開け、無理やり充電地パックを詰め込んである。充電池パックの容量は750mAh。ニッケル水素充電池の単4に換算して1本分と、やや容量不足か。

基板を見るとリセットスイッチがついていた。よく見ると、リセットスイッチの上に、小さな穴がある。説明書には載っていないが、この穴からリセットがかけられるようだ。スイッチを押すと無事に再起動した。

充電池は基板に直接、細い配線で固定されていた。
観察しているうちに配線が切れてしまい、半田ゴテで修理して、ホットボンドで補強するハメになった。
写真は、分解されたROCKMEN。赤丸のところが、リセットスイッチを押すための穴と、リセットスイッチだ。
Rockmen090227

2009年2月25日 (水)

新人戦の備忘録

ブログの目的は備忘録。先日の新人戦の備忘録を作っておこう。

ウズ丸はドリブルを自分で止めてパスを出すことが多い。ドリブルからショットガンでパスを出したい。
ドリブルも得意なはずだが、試合ではそれらしいところは見せなかった。ウズ丸が運べば、エースの負担を減らせる。

ショットガンでの遠投は、コート内のどこでも落とせるようになっていた。速攻に走る子がいれば役立ちそうだ。

ウズ丸は得点よりもファウルの方が多かった。典型的なファウルコレクターだ。単独速攻のシーンでも、わざと減速して、追ってきた子が顔面強打という場面があった。得点よりもファウルをもらうことが優先なのか。

バスケットカウントはどの試合でも見られた。パスをもらって左右どちらからでもドライブして、フックシュートを打つので、ブロックされるシーンはなかった。
だがカットしてパスを受け、シュートを打つシーンはなかった。こういった攻撃もできるようにしたい。

ディフェンスが良かった。意図的に犯したファウルはともかく、コースに入るディフェンスは効果的だった。ファウルをもらうこともあったが審判次第だと思った。
審判に「いいポジションに入っているが、おなかが出ているからファウル」と注意を受けたそうだが、直すのは難しそうだ。おなかを引っ込めるとケガをしやすい。

ルーズボールに強い。ルーズボールを追うときは、敵のブロックを優先していた。
片手で敵のボールを押さえ込んだまま、味方に「走れー」と叫んだことがあった。さすが柔道部。これはこのままでいいと思う。

ウズ丸のドライブは、顔が常にリングを向いていて、そのままサイドにパスが出せる。敵はもちろん、味方までもがパスに気付かないシーンがあった。普段からそういうパスをしていれば、みんな慣れてくれると思う。

2009年2月24日 (火)

6年生

この時期、道場の6年生は試合がない。
県大会に備えて5年生以下の練習台になる。強い練習相手になったり、技をかけられながら教えてくれる。
県大会にも投げられるためだけに同行することがあるほどだ。

彼らは小学生の練習が終わった後、中学生の柔道を練習する。たとえば小学生だと絞め技が反則になるが、中学生からは絞め技が使えるようになる。倒れ込む瞬間に首を絞め、畳に落ちたときには投げようとした側が気を失うなんてことも。
毎年、中体連の1年生大会では道場出身の子が優勝している。記録を途切れさせるわけにはいかない。

どんなスポーツも体格がモノを言う。サッカーやバスケはその最たるものだ。だが柔道は小学生はともかく、中学生になると体重別に試合が行なわれるようになる。小さい子は強敵がいなくなって一気に開花する。

うちはチビだが、続けるならバスケかな。地区大会くらいならチビでも構わないし。

2009年2月23日 (月)

県大会モード

毎年のことだが、県大会が近くなると道場の雰囲気が変わる。
元々、バスケ団やサッカー団なんかと比べると厳しい練習だが、普段は笑顔もある。今はピリピリとした空気が張り詰めている。
中でもAチームに入った子は特別で、誰もが鬼気迫る顔で練習をしている。県大会のAチームに入ることは、とても重いことなのだ。

乱取りの間、いつもは稽古をつけてくれる先生が、畳を囲んで立ち、一人ずつ動きをチェックしている。
間合いや足運び、指のかけ方まで細かく修正される。

練習が終わり、ウズ丸が車に乗ると、分厚い柔道着は汗だくで、声もすっかり枯れている。
去年の今頃は、練習態度についていろいろと注意したものだが、今のウズ丸には文句を付けるところが見当たらない。
技術的には山のように取り組む問題がある。今日はこれ。

  • 体当たりするときは腕を引き付けること。
  • 襟をつかまれたまま格上の子と戦わないこと。

この二つは今週中に直す。

2009年2月22日 (日)

新人戦

ウズ丸はバスケの新人戦。
初戦の相手はKLFだった。新人戦なので情報なし。
ウズ丸は1QTから出たが、マッチアップはでたらめ。相手の得点はいつも同じところだった。マッチアップを変えようかとも思ったが、最後までそのまま戦った。
ウズ丸はドライブからのシュートでファウルを稼ぐ。ツノ丸同様、ファウルコレクターだ。このQTを終えて5-14。
2QTはウズ丸がベンチで11-9、前半は16-23とやや劣勢。
昨年は前半の貯金を後半いかに守るかという戦いが多かったが、今年は後半が勝負らしい。
3QT、またもウズ丸のドライブで#4がファウル。5ファウルで退場に追い込んだ。このQTは14-5で逆転。
ウズ丸はドリブル芸人ではないが、セーフティと速攻の切り替えやポジション取りが巧妙。渋いバスケをしていた。
4QTは安定した試合運びで、試合に出ていない子も試合に出すことができた。4QTは21-0と完封。試合は51-28で勝った。

2試合目はAMBCと対戦。昨年の主力が4人も残る強敵だ。
初戦と同じような試合展開で、1QTを5-15で終えた。1試合目と違って、ファウルがほとんどもらえなかった。2QTは11-11と互角の戦い。前半を16-26で終えた。
3QTはウズ丸が相手の#4を封じる作戦らしい。オフェンスはセーフティに入り、ディフェンスに専念していた。
しかし、#4に対するディフェンスは間が空きすぎで、いいパスを出される。チェックしろと指示を出すと、近付きすぎてカウンターで抜かれてしまう。考えた末、ちょっかいをかけろと指示を出した。これはうまくいったようで、パスを減らすことができた。このQTは9-9と互角だった。
4QTも得点差は縮めることができず、選手交代もあって10-18。試合は35-53で敗れた。
ベスト5人の戦いだとほぼ互角。2年前のように、フェイスガードを覚えれば、今秋には勝てそうな気がする。

2009年2月21日 (土)

特別練習

柔道の県大会に出る子を対象に、強化練習をすることになった。
ウズ丸は、明日のバスケに備えて休ませたかったのだが、そういう雰囲気ではないようだ。
県大会には関係のない中学生や6年生も駆けつけてくれた。中学生は遠いところから本当に走って道場に来てくれたそうだ。

ウズ丸は午後からバスケの練習、夜は柔道の強化練習と、とてもタフな一日になったが、6年生相手に有効を奪ったり、二重絡みでタップさせる場面もあり、いい練習をしていたようだ。
宿題の日記にも「6時間も練習したのでつらかったです。」と書いてあった(笑)。

ところでウズ丸は、負荷のかかった生活を続けると、翌日、発熱して寝込むことがある。
明日はバスケの新人戦があるため、今日一日は食事も短時間で済ませて、すぐに寝かせた。

2009年2月20日 (金)

出場選手の発表

中学生は、試験期間なので部活がない。
ツノ姉とツノ丸を草バスケに連れて行った。SOBの練習にお邪魔したが、SOBの選手は一人だけ。
外人チームと、うち(OSK)、クラブチームABCの3チームが、休憩なしでひたすら試合。OSKは人が多かったので、私はABCに入った。
子供たちにいろいろ教えるつもりだったが、親父は試合でそれどころではなかった。子供たちは勝手にシューティングをしていた。
帰りはなか卯でカツ丼を食べて帰ってきた。

ウズ丸が通っている道場では、県大会の出場選手が発表になった。Aチームには二人の4年生が入っていた。Aチームの先鋒はウズ丸。よかったな。大変なのはこれからだ。

2009年2月19日 (木)

またまたPICライタ

新しいPICkit2を手に入れたので、古いPICライタは使わなくなった。
そんな話をしていたら、その古いPICライタが欲しいという人が現れた。新しいPICライタを買ったものの、環境が変わるので古いPICライタを使いたいのだという。そんなわけで、PICライタを新しいものに交換してもらった。
私が愛用していたのは、AKI-PICプログラマ v4.0だ。これはシリアルポートに接続するタイプで、ノートPCでは使いにくい。
新しく手に入れたのはAKI-PIC2プログラマボード。これはUSB接続で使いやすい。また純正のPICkit2と互換性がある。
写真は左が古いPICライタ、右が新しいPICライタだ。

Picpgm090218 Pic2programmer090218




 
 
 

ところで、某事業所でオシロスコープが不要になったとのこと。ブラウン管のアナログオシロだ。
私には使い方もわからないし、必要になったこともない。引き取りに行けば何台でもタダでもらえるとのことなので、とりあえず5台くらいもらって来よう。

2009年2月18日 (水)

自然教室

ツノ丸たちの学年は、今日から自然教室だ。御在所岳に登ってスキーをしたり、里山保全をしながら、山の中で二泊三日を過ごす。
一週間前には雪がなくて心配していたのだが、ここ数日で雪がよく降ってくれた。

2009年2月17日 (火)

レギュラー争い

来月には県大会の団体戦がある。
県大会は5年生以下の5人で戦う。ウズ丸が通う道場からは2チームがエントリーするので、上位10人に入らないと大会には出られない。
5年生のキャプテンと、副キャプテンは当確。残る8つの枠を15人以上が争う状態になっている。

今日は道場内で試合が行なわれた。ウズ丸は7人と戦い6勝1敗だった。今年の目標は負けてもいいから攻める。引き分けがなかったのは良かったと思う。
これで県大会の切符が手に入ったと仮定すると、次はAチームに入ることが目標になる。この日、1敗したため、5年生7人の内、6人を倒さないといけない。がんばれ。

2009年2月16日 (月)

自然研究会

ツノ姉は公立高校を前期選抜で合格した。
これで部活が再開できる。とはいうものの、高校でバスケをする気はなく、目指すは自然研究会。面接で志望動機を聞かれて「自然研究会に入りたいから」と答えたほど。

進学する高校の自然研究会は、三重生物研究発表会で二度の県知事賞を受賞しているそうだ。
うちも同じ発表会には三度挑戦しており、自然研究会の存在は知っていた。その時、わざわざ研究会の先生にカラーの冊子をいただいた。冊子はまだ保存してある。
生物研究会は毎年、水生生物の調査をしていたと思うが、ツノ姉は水草が専門なのでちょうどいいかもね。
ちなみにツノ姉は昨年、小中学生の部で入賞。ツノ丸にいたっては県知事賞も取っている。

2009年2月15日 (日)

紀南大会2009

ウズ丸は柔道の紀南大会で、前日乗り込み。
トーナメント表を見るとベスト8あたりが限界。これを目標にした。
残念なことに、初戦も2回戦も不戦勝で、3回戦でようやく柔道をすることができた。
体格は同じ。まずはぐだぐだ投げで固めようとするが逃げられた。これが有効。攻め続けて、次は別の技で投げた。今度はきれいに決まって一本勝ち。
4回戦、これに勝てば目標のベスト8に届くが、予想通り強い。
ウズ丸が最初に投げられたが反転して耐える。しかし有効を奪われた。構わず攻め続ける。相手がウズ丸の投げに耐えて崩れ、ウズ丸はそのまま固めに入った。だが足を掴んで突進されて形勢逆転。尻餅をついたところを固められて敗北。
ベスト16/99だった。

2009年2月14日 (土)

勝手に部活

夕方、私が起きたら、ツノ丸はいなかった。今日は部活がないので、朝から友達と遊びに出かけたようだ。
メタボ対策に付き合わせるべく、「バスケをするから早めに帰って来い」と、ツノ丸にメールした。
10分ほどでツノ丸は帰ってきた。バスケ部の友達を5人連れて。

メタボ対策はおいといて、ゲームをしながら、スローインのコツや、悪いシュートを教えてみた。
スローインはウインターリーグで敗れた日に説明した。今日はその改良版を教えた。
バスケ部でレギュラー入りできなかった子は、パスもドリブルもシュートもヘタではない。だが悪いシュートが多い。今日はどうしてそれが悪いのかを理詰めで説明した。
シュートはいくら外れてもいい。だが、どんな外れ方をするのかを考えてシュートを打ちたい。

みんなが帰ってから、ツノ丸と1on1を4QTほどやった。
残念ながら私の圧勝。ツノ丸も上達しているが、私の方が上達しているような気がする。

2009年2月12日 (木)

ボタン

保守契約を交わしている事業所のwebサイトを更新した。
今まで文字で表示されていたメニューを、ボタンを押すようにして欲しいとのこと。
文字は入力するだけで好きに変えられるが、ボタンは画像なのでそうはいかない。今週の初めにボタンのデザインが決まったので、なんとか今週中に完成しようと、徹夜でボタンの絵を描いた。
たしかに見栄えはよくなったが、重いページになった。特にケータイでのアクセスが不便になった。
事前にケータイでアクセスするには向いていないと説明した。だがケータイでアクセスする人はいないだろうとのことだった。ちょっと感覚がずれていると思うのだが…。

この事業所は月々8,400円の保守契約を結んでいるので、作業料金はその中に含まれている。

2009年2月11日 (水)

神前杯2009

ウズ丸は柔道の大会があった。県内から多くの道場が集まった。
予選は3チームのリーグ戦。
初戦はKK道場との対戦だった。ウズ丸の相手は重量級の県1位。練習相手としてはあまりよくない。ウズ丸はよく動いて、教えた通りの柔道をしていた。相手も技がかけられず困っていたが、ウズ丸が何を仕掛けても、重量級はびくともしない。
つぶれたところを押さえ込まれて一本負けした。
他の階級もほぼ全敗でチームも敗れた。

2戦目もなかなかいい相手だった。軽量級の枠いっぱいというところか。ウズ丸同様、よく動く相手で、互いに技の応酬が続いた。
ウズ丸は相手の技をしのぐのに苦労していたが、大外刈り(?)をさばいて、その勢いを利用して体落とし。
前日、他人に教えていた技で一本勝ち。
他の階級も好成績でチームも勝った。

ウズ丸のBチームは、1勝1敗で予選敗退だった。

Aチームは決勝トーナメントに進んだが、いいところなく初戦で敗退。全敗に近い結果に、メンバーが集められて大目玉。
ウズ丸はBチームだが、なぜか涼しい顔で一緒に並んでいた。もしかして野次馬なのか。

2009年2月10日 (火)

巴投げ

先月、ウズ丸はバスケのために柔道の大会を休んでいた。バスケで県大会を勝ち進んだ場合に備えて、すべての大会を不参加にした。
今月はバスケの新人戦があるが、それ以外の日はほとんどが柔道の大会。

明日も大会がある。ウズ丸は団体戦のメンバーに選ばれた。ウズ丸と一緒に戦う4年生の子と毎日、居残り練習をしている。
大会用にフェイクを教えたら、おもしろいように技が決まる。ウズ丸も調子に乗って、今日は巴投げなんてやってるし。
うちの道場で巴投げを使うのはウズ丸ただ一人。得意の小内巻込みも何人かが使うが、公式戦で使うの子は少ない。

2009年2月 9日 (月)

仕様変更

今日もwebサイトを更新。完成を急いでいるにも関わらず、何度も修正が来る。最初の版を納品してから1年以上が経過した。

先方「いつになったら完成するんだ」
私「あなたの仕様変更がなければ今すぐに」

今回の仕様変更は、メニューで各ページを行き来できるようするというもの。すべてのページを修正する必要があり、作業には一晩かかった。先方は、どんな修正も文章の間違いを直すような感覚で修正できると思っているのかもしれない。
とはいうものの、実は完成まで毎月8,400円をもらう契約になっており、仕様変更は大歓迎なんだけどね。

PICマイコンとパソコンのキーボードを接続してナントカと思ったので、廃棄処分のキーボードを分解することにした。FMV-KB321というキーボードを分解して、コントロールボードだけ取り外した。
使うかどうかはわからないが、捨てる前に再利用できる部分だけを外しておこう。
Keyboard090209

2009年2月 8日 (日)

エネループvsリサイコ

保守契約を交わしているwebサイトを更新した。今月はweb関連の仕事が多くて時間を取られそうだ。保守契約の場合、更新してもしなくても月々8,400円。

そういえば、ツクモ電機がヤマダ電機に吸収されるらしい。ヤマダ電機か、ちょっと残念。

秋月電子通商から、届いた電子部品を検品。
中央の緑色の乾電池は、ReCyko+というニッケル水素充電池だ。エネループのGP版と思えばわかりやすい。
GPは世界的に有名な電池メーカだが、この電池はハズレだった。国産の電池に比べてほんの少し大きいし、作りが雑。
MP3プレイヤーで使おうと思ったら、(+)側の端子部分がビニールの被覆しかなくて破れてしまった。性能はこれから調べるが、こうも造りが悪いのでは話にならない。

Parts090207

2009年2月 7日 (土)

ウインターリーグB

ツノ丸たちは、ウインターリーグのBリーグに参加した。
Bリーグには7チームがエントリーしており、一日でハーフを6試合も戦うことになる。
ツノ丸の目標は3勝。上位チームのOI中やAH中はまだ雲の上なので、眼中にない。他の4校に勝たないといけない。

初戦は全員がミスマッチ、大型のKG中。長身で運動神経がいい選手ばかりだが、ディフェンスで圧倒。
大きくてもスクリーンアウトをしないので楽勝だった。

次はKN中。ミニバス出身者が多いが、いつもNA中といい勝負になる。3点差で敗れたが、次に戦うときは勝てると思う。

続いてOI中、AH中に連敗したけど計算済み。

続く8P中はゾーンプレス。スローインが悪く、ツノ丸にボールが入らない。スローインは#5がすることになっている。#5は審判がボールを渡してからパス先を探す。フリーのツノ丸がいても、パス先を探している間にツノ丸にディフェンスが付く。
さらに問題がある。#7がボールをもらおうとして寄ってくる。ディフェンスを連れて…。
これが恐くてパスが出せず、すぐに遠投をしようとする。するともう遠いところしか見えない。遠くにいるフリーの味方にパスを出すが、それは罠だ。何度もインターセプトされていた。
ツノ丸がボールを持つと一人で運べるようなやさしいプレスに、20点以上の差で大敗した。対策は簡単なので、来週中に直しておこう。

最後はA中が相手。ミニバス経験者のPGが一人いるが、ドリブル芸人に手こずっている。
終始NA中のペースで試合が進む。数点差でついてくるが、早い時間からディレイド。ボールを回し残り10秒になると、ドリブル芸人がミドルシュート。ようやく2勝目。

家に帰ってから、#7にスローインの練習をさせた。次の大会では問題ないだろう。

2009年2月 6日 (金)

パソコン修理

バスケ仲間からパソコンの修理を依頼された。BIOSをいじったら起動するようになったので返却。
と思ったら、Windowsにログインしてからブルー画面になるらしい。
パスワードがわからないためログインできず、その先はチェックできなかった。
また、持ってきてもらうことに。

2009年2月 5日 (木)

電子部品の買い物

可変抵抗が欲しかったので、またも秋月電子通商で買い物。
今年に入って四度目の注文だ。毎回800円の代引送料がでかい。
他にLCD、単4のニッケル水素充電池ReCyko+、PIC16F648A、可変抵抗などを注文して3,000円。
しまった。PIC16F88を買うのを忘れた。また今度だ。

デスクの上に、またMP3プレイヤーが置いてあった。
「色違いがあったので取ってきました」
とのこと。何か他にもいろんなグッズを持ち帰ってきたようだ。使わせてもらうよ。ありがとう。Mp3player090209

2009年2月 4日 (水)

PICでLCD

PICkit2を探し出したので、ブレッドボードで回路を組み始めた。
作りたいものがあるわけではないが、今後のデバグを楽にするために、LCDから接続することにした。
とりあえず任意の文字を表示できるようになった。次は何かのカウンタを作ろうと思っている。

制御に使ったPICは手持ちの16F628A。16F84Aとは違って、内蔵クロックで動作するので回路がきれいに仕上がる。

LCDはSD-1602HU、このLCDは定番のSC-1602BSとほぼ同じ作りをしている。ピン穴が1列に並んでいるため、ピンヘッダを立ててハンダ付けするだけでブレッドボードに接続できる。
ただし、SD-1602HUとSC-1602BSでは、1-2PINの役割が逆になっていることに注意。

Lcd090205

2009年2月 3日 (火)

ちびっ子マラソン

近くのスーパーに、ちびっ子マラソンの募集ハガキが置いてあった。
エスビー食品のアレだ。ウズ丸に出場するかと聞いたら、やる気満々だったので応募した。
ウズ丸は校内のマラソン大会でも2-3位。たいして速くないが、大会の経験を積ませようと思っている。
マラソンも柔道もすべてはバスケのために。

ちびっ子マラソンは全国各地で開催されている。
他県の大会は、出場資格が○○地区在住となっているが、和歌山県と三重県大会は制限なし。
しかも三重県がシーズン最後の大会となっていて、県外からとんでもなく速い子がたくさんやって来る。
短距離走のようなスピードで、最初から最後まで走る子が何人もいる。観戦だけでも楽しい。上には上がいるということを思い知らされる。

店頭の応募ハガキがない方はこちら

2009年2月 2日 (月)

CDの整理

仕事が一段落したので、朝からせっせと部屋の整理。
まず本棚のCDを片付けよう。CDの中身はすべてPCに吸い出し、原版のCDは棚から箱の中へ。

CDドライブにCDを入れ、フリーソフトのiTunesでMP3に変換する。できあがったMP3ファイルは、アルバム単位で「無圧縮」のZIPファイルに変換する。ファイル名をHamutsun2008.zip.mp3のように二重拡張子にしておくと区別しやすい。
こうして変換したファイルは、このままiTunesやMediaPlayerで再生できる。ただし携帯プレイヤーに入れるときは、拡張子をzipに戻してから解凍し、MP3ファイルの形で転送しなければならない。

部屋にある廃棄パソコン2台を処分。HDDをフォーマットして、Windowsを再インストールした。元のユーザの情報を完全に消して、業者に引き渡した。
Celeron1GHz未満の自作PCとFMVだった。

2009年2月 1日 (日)

ツノ姉の草バスケ

午後からは、ツノ丸たち中学生4人を連れて草バスケ。今日は嫁やツノ姉、ウズ丸も総動員。
ツノ姉は久しぶりのバスケだ。バスケ部を引退してから、オスグットだったヒザも良くなった。
部活のとは役割が違うためか、運動量が目立って多い。ディフェンスもいいし、よく走り込む。
大人と子供を混ぜて6QTほどゲームをした。90-90の同点だった。

そういえばツノ姉は、明日が初めての高校受験。がんばれ。
成績がイマイチだったので、近くの高校には通えそうにない。
バスケを続けるほどの技量もないので、公立も私立も自然科学研究会が強い高校を選んだ。

綱引き大会

今日は地区の綱引き大会だった。
子供会の役員をしているので、子供会を連れて小学校へ。今年のメンバーから考えると、とても入賞するとは思えない。
予選リーグ初戦は、地区最強チームだった。
1セットは相手がまだ準備していない間にさっさと整列させて勝った。2セット目は試合中にちょうど砂嵐。こちらは後ろ向きだが、相手は正面で受けてしまい、ラッキーな勝利を飾った。価値ある1勝。

ここで綱の目の関係で東が圧倒的に有利ということに気付き、キャプテンに耳打ち。その後の試合はうまくコートを選んで、3勝1敗で予選を1位で通過した。

決勝トーナメントまでの間、大人の試合があった。
こちらはたぶん今世紀に入ってから負けなし。誰が出ても優勝という雰囲気で全勝。あっけなく優勝した。

再び子供達の試合。決勝トーナメントの初戦は接戦だったが、コート選びが良かったのか、長時間の試合に勝利。
決勝は先ほどの最強チームと再戦。今度は相手もきちんと整列していて勝ち目なし。2セット共敗れて準優勝だった。
Court090201

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

最近のトラックバック