« 降らなかった | トップページ | スッポン »

2008年9月 5日 (金)

バスケ部の柔道

事情があって、柔道の練習に遅刻して行った。
練習後、ウズ丸は5年生の女の子と乱取りを始めた。柔道の先生の娘だ。ウズ丸の後ろには私が、女の子には先生がついて動きを細かく指示。

ウズ丸はこの女の子が苦手だ。ウズ丸が相手の袖や襟をつかむと、その手を切りにかかる。ウズ丸が離すまいと頑張ると腕を巻き込まれて体落としを食らう。

今年、ウズ丸が目指しているのは手数の多い柔道。
私の指示は、袖や襟を少しでもつかんだら攻め続けるという単純なもの。足を飛ばし、反対の手を出し、回って、飛び込む。
技の精度は無視。何しろ私はバスケも柔道も素人だ。技術的なことはわからない。
春までのウズ丸は、何をするか考えて動いていた。ウズ丸が仕掛けに入るとペースが変わる。相手がより守るから成功しない。
ずっと攻め続けていれば、仕掛けがわからない。こっちはバスケ部、底なしの体力とスピードで戦えばいい。

一本はなかったが、技ありや効果を何度も奪った。理想的な柔道だった。
春先はちょっとつまづいたが、そろそろ化けてくれないだろうか。

« 降らなかった | トップページ | スッポン »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/23531564

この記事へのトラックバック一覧です: バスケ部の柔道:

« 降らなかった | トップページ | スッポン »

最近のトラックバック