« 夏の中体連・初日 | トップページ | ウズ丸復活 »

2008年7月20日 (日)

夏の中体連・二日目

ツノ丸たちが対戦するのはシード校。180cmのCを擁するチームだが、ここ半年ですっかり力を付けた#4が抑え込む。ベンチの指示も外は捨てろということだった。1QTはリード、2QTは逆転されるが、3QTで10点のリードを奪った。
残り5分でもリードしたままだったが、ここから相手のゾーンプレスにやられてどんどん点差を詰められる。PGがいないチームは辛い。だが相手のG陣が次々にファウルアウトして、2点差で逃げ切ることができた。
とりあえず目標のベスト8に到達した。試合結果を別会場に報告すると、向こうで歓声が上がっていた。

大急ぎで移動し、ツノ姉たちの試合を観戦。こちらもシード校との対戦となり、ツノ姉にとってたぶん最後の試合になる。
ツノ姉たちは今日もいいデキだったが、まったく歯が立たずに負けた。これで引退が決まった。

元の会場に戻り、ツノ丸たちの3回戦を観戦した。こちらもツノ姉たちと同様、歯が立たない。一方的にやられるというわけでもなく、シュートの正確さが全然違う感じ。どちらも魅せる技が多くて楽しいバスケだった。3QTになるとすでに負けは決まって、ベンチの3年生が順番に試合に出ていた。こちらの3年生もこれで引退だ。

大急ぎで女子の試合会場へ移動。
しばらくして、顧問の先生の手が空いたところで全員が集合した。顧問の先生の話を聞きながら、主力の何人かは涙が止まらない。顧問の先生も…。実は先生も4QTで既にやばかったそうで、怒鳴り声も出せなかったとか。
ツノ姉は笑顔だった。そこはキャプテンとして、空気を読んで泣くところじゃないのか?

Intai080720

« 夏の中体連・初日 | トップページ | ウズ丸復活 »

バスケ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/22462065

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の中体連・二日目:

« 夏の中体連・初日 | トップページ | ウズ丸復活 »

最近のトラックバック