« 日本武道館行き決定 | トップページ | 廃品回収 »

2008年6月11日 (水)

○ッチセンサ

イベントの入力装置は、毎年、押しボタンスイッチだった。だがそろそろ時代遅れのような気がしてきたので、触れただけでONになる○ッチパネルを使ってみることにした。
○ッチセンサ初めてなので特性がよくわからない。
○ッチセンサを実験するには、いくつかの方法が考えられるが、我々が考えたのは以下の三つ。

mTouchはPICマイコンで実現する方法だ。サンプルプログラムや資料も充実しているが、資料の大半が英語。それに最新のPICを使うので、PICライタ@$34.99を購入する必要がある。
AVRマイコンはまだ使ったことがないが、試してみたいと思っていたところだ。実験回路を公開している人もいてうまくいきそうな予感。こちらもAVRライタ@2,100円を購入する必要がある。
PS-306は電子工作キットとして販売されている○ッチセンサだ。一つ買ってみたが、リレーやブザー、LEDなど、ユーザが拡張できるよういろいろな回路が付加されていて2,500円。

どれが目的に適しているのかよくわからないので、とりあえず全部試してみることにした。出費がかさむが、まあ、レゴほどではあるまい。

« 日本武道館行き決定 | トップページ | 廃品回収 »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/21614420

この記事へのトラックバック一覧です: ○ッチセンサ:

« 日本武道館行き決定 | トップページ | 廃品回収 »

最近のトラックバック