« 20分走 | トップページ | 団の練習 »

2008年2月19日 (火)

シューティングドリル

試合の中で、ツノ丸は最適な技を使っていないように感じる。
その技が苦手というなら仕方がないが、使いこなしていた技もそのうち使わなくなる。覚えた技をうまく使えないというか、ここぞというときに思い出せない感じ。

ツノ丸は苦手な技を繰り返し練習して、その技を習得している。
そうやって覚えた技は、次の日の練習からでも使うことができるが、代わりに以前覚えた技は使わなくなる。フリースローでさえこんな調子だからうんざりだ。

こんなツノ丸だが、ドリブル系の技だけは、いつでも好きな技を使うことができる。これはいつもFreeStyleみたいなことをして遊んでいるからではないだろうか。
この理論が正しければ、今まで覚えたことを一度づつ順番に練習していれば忘れずに済む。
スクリーンのかけ方、ディフェンスの下げ方、ディフェンスの割り方…。
とはいうものの、そんなことは無理なので、せめてシュートだけでもルーチンにしてみた。
どんなシュートも自在に打てるなら、それはそれで便利かも。
週末の試合に向けて、とりあえず今週の練習テーマはこれで行こう。

« 20分走 | トップページ | 団の練習 »

バスケ」カテゴリの記事

コメント

先日、協会長杯があったのですが
やっぱりシュート率のいいチームは
必ず上位に上がってきますよね。
わがチームはパス回しはうまいのですが
シュート&リバウンドがどうも苦手な子ばかり・・
いつも勿体無いって思ってしまうのですよね。
(口を出すわけにはいかないし・・)

シュートはなかなかうまくならないですが、リバウンドは場所取りを考えてスクリーンアウトをするだけで見違えるようになります。
家で教えて、練習前や試合前にも指示して、ちゃんとできた日は必ずほめる…と、覚えてくれると思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/10633538

この記事へのトラックバック一覧です: シューティングドリル:

« 20分走 | トップページ | 団の練習 »

最近のトラックバック