« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

お礼

昨年の春にホームページの作成を依頼された。データが届いたのは2月9日だが、納期は2月末。つまり今日だ(笑)。
なんとか納品したが、他の業者に依頼した画像などは届かなかった。こればかりはしかたがない。
お礼といっては何だが、データについての質問を先ほどメールした。回答は急いでくれよ。何しろ今日が締め切りなんだから(笑)。

2008年2月28日 (木)

ランニング兄弟

本日の記録。ツノ丸は3.0kmを12分04秒、ウズ丸は2.0kmを10分41秒だった。足は筋肉痛だと言っていたが、そんなもの走ったら治る。ストップウォッチを持って、嬉しそうに家を出て行くなんて変わり者だな。

ツノ姉はテスト期間中なので勉強していた(かも知れない)。

2008年2月27日 (水)

ランニング姉弟

子供たちが学校から帰る頃に雨が降り出した。
これではバスケの練習もできないので、姉弟三人が帽子をかぶってランニングすることになった。
ツノ姉は指を骨折しているので部活はお休み。地区の駅伝に出るので、練習をしておくという。
ランニングが終わると兄弟はバスケ団の練習へ出かけた。

2008年2月26日 (火)

玉子

若い鶏5羽が、ほぼ毎日、玉子を産むようになった。玉子を入れておくカゴが、すぐにいっぱいになる。
以前は鉛筆で玉子に日付を書いていたが、最近は面倒になったので、カゴを二つ用意した。先週の玉子入れと、今週の玉子入れという具合だ。
Tamago080226


2008年2月25日 (月)

ミケランジェロ

我が家のウサギは、ウサ吉とかピョン吉とか適当な名前で呼ばれていたが、先日、飼い主のツノ姉が「ミケランジェロ」という名前を付けた。通称「ミケ」である。
エサは市販の干し草を与えるつもりだったが、実はこの私、花粉症なんだよね。
スギやヒノキはもちろんのこと、オオアワガエリの花粉もダメ。市販の干し草はたいていティモシーという牧草だが、ティモシーの和名がオオアワガエリ。
そんなわけで、ミケのエサは自家製の稲ワラと決まった。稲ワラはあまり栄養価が高くない。それだけではかわいそうなので、自家製の野菜を毎日、与えている。
ブロッコリーの葉、ニンジン、小さなサツマイモ、白菜の葉の根元など。
毎日、恩着せがましく手から与えていると、ミケもすっかり慣れてきたようだ。脱走しても飼い主の枕元で寝ているし、寝ている人の顔に前足を乗せて鼻をなめに寄ってくる。

Pyonkichi080227

2008年2月24日 (日)

優勝

二日間の大会は5戦とも大差で念願の優勝を飾ることができた。どの試合も3QT終わった時点で安全圏だった。
ツノ丸は平均で3得点くらいかな。

ほんの少し練習したゾーンプレスはびっくりするほど精度が高くて、相手チームの子がキレて蹴りを食らった子もいたほど。もちろんテクニカルファウル。
今年から160cm台の子が一人増えた。決勝戦のラスト1秒でアリウープを決め、会場が沸いた。
Yushocup080224

2008年2月21日 (木)

惨敗の予感

学校から帰ると、ツノ丸はバスケの練習、ウズ丸はランニングを始めた。
ウズ丸は2.0km走るのに11分もかかっていた。ウズ丸が出場するマラソン大会の優勝タイムは6分59秒。優勝は無理だな。

2008年2月20日 (水)

団の練習

団の練習。この時期、6年生は反対側のコートで、中学生のリングでのんびりと練習する。
ツノ丸は選抜での試合がまだ残っているので、ミニバスの高さで自主練させてもらうことにした。
夜、頭も短く刈り直した。週末の試合に向けて準備完了。

2008年2月19日 (火)

シューティングドリル

試合の中で、ツノ丸は最適な技を使っていないように感じる。
その技が苦手というなら仕方がないが、使いこなしていた技もそのうち使わなくなる。覚えた技をうまく使えないというか、ここぞというときに思い出せない感じ。

ツノ丸は苦手な技を繰り返し練習して、その技を習得している。
そうやって覚えた技は、次の日の練習からでも使うことができるが、代わりに以前覚えた技は使わなくなる。フリースローでさえこんな調子だからうんざりだ。

こんなツノ丸だが、ドリブル系の技だけは、いつでも好きな技を使うことができる。これはいつもFreeStyleみたいなことをして遊んでいるからではないだろうか。
この理論が正しければ、今まで覚えたことを一度づつ順番に練習していれば忘れずに済む。
スクリーンのかけ方、ディフェンスの下げ方、ディフェンスの割り方…。
とはいうものの、そんなことは無理なので、せめてシュートだけでもルーチンにしてみた。
どんなシュートも自在に打てるなら、それはそれで便利かも。
週末の試合に向けて、とりあえず今週の練習テーマはこれで行こう。

2008年2月18日 (月)

20分走

昨日の選抜練習に、ウズ丸も少しだけ混ぜてもらった。
練習前の20分走は最初の13分だけ楽に走り、ラスト7分を全力で走った。

ウズ丸は某食品会社のマラソン大会に出るつもりらしい。ラスト7分というのはその大会の優勝タイムを想定している。
子供の長距離走は運動神経とは関係ない。がんばれば、がんばった分だけ速く走れる。自分で上位を狙って練習しているなら、いつか結果もついてくる。
ツノ姉もツノ丸も低学年の頃は遅かったし。

バスケ団の練習では、6年生が抜けてから、歩くような速度で走っている。列になって走るというルールなので、一人速く走ることもできない。足はバスケ団以外で鍛えるしかなさそうだ。

2008年2月17日 (日)

一日練習

団では監督不在で、親子バスケをするという話だったが、選抜の一日練習と重なってしまったのでお休み。
ツノ丸とウズ丸は弁当を持って、朝から晩までずっと選抜練習へ。

ツノ丸は悪いクセがたくさん出た。しばらくバスケの練習がなかっただけで、なぜかこんなにもプレイを忘れてしまうのか。生命線の速攻すら、走る距離やライン、声のタイミングがイマイチだった。週末までに直しておこう。

2008年2月16日 (土)

県発表会

ツノ姉が自由研究の県発表会に参加した。ツノ丸もお手伝い。
ツノ姉は緊張していたのか、ずいぶん早口だった。11分で発表を終える予定がわずか10分で終わってしまい、結果は惨敗だった。
今年の傾向は、発表の技術は無関係。研究結果もあまり重要ではなかった。継続観察やこつこつと調べるような研究が上位だった。成功だけをまとめるのではなく、何回も失敗した内容も書いておいた方がよさそうだ。

うちは新たな発見がなければ自由研究のネタにすらしないのだが、そろそろ、まとめ方を変えないと上位入賞は難しいかもしれない。目標は全国展だ。
写真はウズ丸。市発表会の様子だ。

Happyokai071006

2008年2月13日 (水)

発表会の練習

週末は自由研究の県発表会。夏休みの自由研究は、市展、市発表会、県展、全国展ときて、最後に県発表会がある。
バスケのウインターリーグ二日目と重なったが、ツノ姉は骨折中なので心置きなく発表できる。
案内によると、発表時間は13分のはずだが、理科の先生が10分に短縮されたと言っていたらしい。
あわてて時間配分からやり直した。ページごとに時間を計り、話す内容を削ることに頭を悩ませていたら、翌日また連絡があって、ホントは13分のままだって。今も理想的には10分とか言ってるらしいけど、その根拠はいったい…。

自由研究はPowerPointで作っているので、研究内容はそのままスライドに表示できる。書いてあることを棒読みしても発表できるが、それでは発表の意味がない。
スライドにない情報を付け加えるようにアドリブでしゃべっていく。その上で時間配分し、持ち時間内で発表を終わらないといけない。
あと少しというところでも、持ち時間を使い切ったら発表は中断させられる。パソコンでPowerPointを操る子が、残り時間を見ながらどのページを飛ばすか決める。

研究内容から考えると優勝は難しいが、できる限りのことをしたい。

2008年2月12日 (火)

選抜練習

県大会や新人戦も終わり、今週から選抜練習が始まった。ツノ丸は選抜練習では地味な技しか使っていなかったが、今年に入ってからはお祭りのようなバスケをしている。とても楽しそうだ。
ツノ丸だけではない。5年生もすっかり自信を付け、見違えるようなプレイをするようになっていた。
対称的なのが層の厚いPG陣だ。派手なプレイではなく、どうやったら周りを生かせるかだけを考えてプレイしている。PG陣はもっと高いレベルで争っている感じだ。

ツノ丸はポジション争いには関係なく、楽しいバスケを満喫している。面取りしては大好きな1on1を仕掛け、変てこなシュートを打つ。
ドライブ中にバックチェンジでコースを変え、ティアドロップみたいなシュートを打ってみたり、監督に教わったギャロップステップもフックシュートと組み合わせて使っていた。
が、試合形式の練習になるとガラリと変わる。チームに大きい子が入ると、ツノ丸はエンジン全開。走る走る。技術なんて関係なし。誰かに追い付かれても、大好きな1on1でシュートまで持ち込んでしまう。

さて、備忘録を…。ドライブ中の合わせがイマイチ。ドリブルしている手の側へ速いパスが出せないようだ。直しておこう。
フリースローは安定している。一日に何度もフリースローの練習があるが、5-6本連続で入れることも多かった。シュートフォームがカッコ悪くても、しばらくはいじらないでおこう。

2008年2月11日 (月)

紀○柔道大会

ウズ丸は朝から紀○柔道大会。ウズ丸は3年生軽量級の部に出場した。この階級には、100人ほどの選手が参加していた。
試合直前、なぜか小指をケガして大出血。応急処置をして試合に臨むことに。出だしからドタバタさせられた。

初戦は足が痛かったので慎重に攻めるが、何ともなさそうなので試しに背負い投げ。うまく背負ったのに、重くてつぶれてしまった。
気を取り直して足払い。きれいに決まらなかったが、いつものように落ちながら固めて一本勝ち。
2回戦は足を飛ばしてわずか4秒で一本。
3回戦の相手はひたすら背負い投げをかけようとしてくる。攻めあぐねたが何とか判定勝ち。
4回戦は県2位、ウズ丸のライバル登場だ。一度も勝ったことがない相手だが、この前の大会では引き分けて、先生にほめられた。背負い投げを返して技あり。優勢勝ちだった。
5回戦、またも組んだら背負いというスタイルの子だった。他の技もなく、ひたすら背負い。まったく組ませてもらえず、うっかり有効を取られて負けてしまった。低学年ではこういうスタイルも強い。

結果はベスト8。県大会に続いてまた表彰台を逃してしまった。
ちなみに団体戦は3位。某S道場に敗れたのだが、今年度はSナントカに、サッカーもバスケも柔道も全敗だった。あちゃー。

2008年2月10日 (日)

新人戦

バスケの新人戦。うちの団は6年生を除いても13人。5年生は8人もいるので、3年生のウズ丸は1QTのプレイが精一杯。
初戦の相手は昨年、地区優勝のSMBKだ。ウズ丸は#11とマッチアップしていたが、いつの間にか#7に代わったようだ。得点ゼロだったが、動きは良かったらしい。試合は大敗だったが…。

ウズ丸は、1試合だけで早退させてもらった。明日の紀南柔道大会に出るため、午後から遠征なのだ。1,200人もの参加がある大きな大会らしい。たくさん投げて来いよ。

2008年2月 9日 (土)

一本背負い

ウズ丸は、昨年末から背負い投げの練習を続けている。だが、相手が背負いを警戒するようになり、なかなか投げさせてもらえなくなった。
そこでウズ丸に一本背負いを教えてみた。教えたといっても、たった10本、練習に行く前に一人打ち込みをさせただけ。

すると、その日の練習で一本背負いが4回も決まった。32kgのウズ丸が投げた相手は、小2~小4の40kg超。背負い投げがうまくいかないときには使えるかもしれない。
腕を突っ張るような子には一本背負い、きちんと組める子には背負いで攻めさせてみよう。

2008年2月 8日 (金)

フライング菌打ち

シイタケは、よく乾燥した原木に菌打ちするのが常識だが、最近の研究によると、必ずしも原木を乾燥させる必要はないらしい。
先日、伐採したコナラは、乾燥を待たずに菌打ちすることにした。

今日は高温性のシイタケの菌打ちをしたのだが、どうも種コマが良くない気がする。袋には菌が蔓延しているのだが、肝心のコマは生木のような状態だった。こんな種コマでいいのだろうか。生木に打ったのが原因かも知れないので、低温性の種コマも2本だけ打っておいた。
結果は5月になればわかる。うまく菌が回れば、木口に菌の白い模様が出てくるからだ。
写真は怪しい種コマ。

Tanekoma080208

2008年2月 7日 (木)

木炭

今年の冬は灯油ストーブではなく、豆炭を使おうと思っていた。化石燃料よりはいいだろうと思ったのだが、豆炭の原料には石炭も使われているらしい。これでは意味がない。
せっかく買った七輪なので、燃料を木炭に変えて使うことにした。

一番安かったインドネシア産の木炭は炎が出るし煙もひどい。まるで薪を燃やしているようだ。
おき火にしても煙が出る。こんな木炭だと家の中どころか、バーベキューをしてもうまくはないだろう。たまたま当たりが悪かったのかも知れないので、別の木炭も買ってきたがやはりインドネシア産は煙がひどい。いくら安くても部屋では使えそうにない。いや、もうバーベキューでも使わないつもりだが。

次に買ったのはマレーシア産の木炭。特選切断炭3kg@298円と少々高いが、灯油よりは安い。
煙が出る木炭も少し混じっているが、おき火になると煙は消える。まあタバコの煙程度なので、許容範囲かもしれない。ちなみに煙が出る木炭は、大きいのですぐわかる。半径11cmの木炭は、元の木は22cmもあるわけで、いかにも煙が出そうな感じがする。こういうのは着火のとき、外に七輪を置いてお湯でもわかそう。

#1.三重県の灯油は18L@1,719円(2008年1月10日調べ)。比重を0.8と計算すると3kgで357円となる。

2008年2月 6日 (水)

再び原木

まだシイタケの種駒が残っているが、原木も尽きたので今年はおしまい。山林には大木しか残っていないので、あと数本のために伐るのはもったいない。

と、思っていたら、うちの畑の近くに造成が入った。
他人の土地と道の境界あたりにコナラの木が生えていて、いずれ伐採される運命だという。
どうせ伐採処分されるくらいならと、私が伐らせてもらった。これから原木を乾燥させるとして、菌打ちできるのは来月くらいか。Genboku080206

2008年2月 5日 (火)

ニセループ

私のデジカメは単3のニッケル水素充電池を使う。最近、デジカメの電池が弱ってきたので、新しい電池を買うことにした。
名駅の○ックカメラで物色すると、SONY製の見慣れない充電池が見つかった。商品名はサイクルエナジーブルー。SONY製となっているが、SANYOのエネループのOEM品に見える。パッケージの説明にもエネループ技術という言葉が見受けられる。4本で1,080円ならエネループよりずいぶん安いので買ってみた。
家に帰ってから調べたら、特性もほぼ同じらしい。

ついでにUSBメモリも購入。BUFFALO TurboUSB/1GB@1,680円…と思ったが、色が気に入らない。よく見かける青い色は使っている人が多いので別の色が欲しい。100円足して1,780円で緑色のUSBメモリを買った。

Soneloop080124 ニッケル水素充電池には容量が印刷されているが、デジカメの電池として使うなら、容量よりも自己放電しない電池の方が便利だと思う。
充電してから日にちがたっても使えるようにする技術が、エネループ技術らしい。
昔は充電池といえばニカド電池だったが、今はニッケル水素充電池が主流。ニカド電池と違って充電が楽だし、カドミウムを使っていないので安心できる。

2008年2月 4日 (月)

骨折

ツノ姉が部活で小指を痛めて帰ってきた。嫁が病院に連れて行き、剥離骨折だったというメールをよこした。
しかたがない。週末のバスケの大会には、薬指と一緒にテーピングで…と思っていたら、立派なギプスで固定されて帰ってきた。だめじゃん。
そういえば来週の日曜日は自由研究の県発表会だ。練習するにはちょうどいい。とりあえずプラス思考で。

昨日の写真をもう1枚。敵が罪もない人々を襲っていたので守っているところ。ツノ丸はたぶん喫茶店のマスターを救い出して安全なところに…。
Sentai080203

2008年2月 3日 (日)

6年生大会

今日は6年生大会。各団の6年生が混成チームで対戦する。お祭りみたいな雰囲気で、みんなが楽しみにしている。
大人と同じコートとリングで行なわれる試合は、試合前の挨拶では、県外の有名チームのモノマネをしたり、監督が大声で3Pシュートを指示したり。3Pを決めたら相手チームのベンチを挑発しながら走り抜けるなどやりたい放題。
ロングシュートが得意な子は3Pを狙うし、ツノ丸のようにドライブ好きな子はドライブばかりで攻める。1試合目は圧勝だったが、お祭りなんだから、次の試合はもっと派手な技で攻めて欲しいな。

試合の合間にはドリブルシュートやフリースロー大会がある。
ツノ丸はドライブ好きだが、団体戦のドリブルシュートはさっぱり入らず、みんなの足を引っ張っていた。
調整したばかりのフリースローは、リングに当たってゴン…、でもはねたボールはリングの中へ。こんなシュートばかりだったが120人中5位と健闘。賞品をもらってご機嫌だった。

2試合目。前半は3Pの打ち合いだったが、ツノ丸だけはドライブで勝負。高いリングに手を焼き、シュートもよく外していたが楽しそうだった。ファウルをもらってのフリースローもそこそこ入っていた。
せっかくなので3Pも1本だけ入れ、相手チームのベンチを挑発して走り抜けていた。試合は圧勝だった。

3試合目。各チームの代表とコーチ陣が対戦。
試合はコーチたちの高さにやられっぱなし。ツノ丸だけはコーチが相手でも、いつも通りのドライブとフックシュート。フックシュートはディフェンスの身長なんてお構いなし。シュートが入らなくても、コーチを抜いたり、スティールをするだけで会場が沸く。ドライブが止められても、お約束のレッグスルーやバックチェンジをしてからパスアウト。

楽しい一日が終わった。
指導者の皆様、運営スタッフの皆様、一日ありがとうございました。

戦隊モノのヒーローのような色をしているのがツノ丸チーム。黒いのは地球を狙う悪のナントカ。ツノ丸は赤、戦隊モノのリーダーは赤と相場が決まっている。

6nentaikai080203

2008年2月 2日 (土)

草バスケ

明日、ツノ丸は6年生大会がある。ツノ丸のために、草バスケの練習の最後は、ウチ家族vs残りのメンバーで5vs5をした。
とはいえ、3年生のウズ丸は戦力外だし、嫁はスクリーンアウトくらいしか役立たない。ハンデとして、ウチ家族は全得点を+1点でカウントすることに。

私かツノ丸どちらかがドライブして、止められたらもう一人にパスを出してまたドライブ。これを交互にすることにした。パスが出せないときは、ツノ姉が外からという作戦。
こちらのディフェンスはゾーン。敵のシュートは楽に打たせて、全員がスクリーンアウトすることにした。
ドライブはあまり成功しなかったが、執拗なドライブのおかげでツノ姉がフリーになることが多かった。ツノ姉が4Pを連発して勝ってしまった。この日、他のゲームも含めて10本近く入れていたような…。

2008年2月 1日 (金)

選考会

ウズ丸が通っている道場では、今週はずっと選考試合が行なわれていた。ウズ丸は初日に2敗し、学年順位は3位以下が確定した。
次の大会は2チームでエントリーするので、3位以下では団体戦には出られない。
道場では毎回選考試合をしているものの、3年生以外はほぼ固定メンバーだ。ところが3年生だけは激戦区。大会の度にメンバーが変わる。競争があるというのはいい。

ウズ丸は身長が高い子に弱い。その対策として昨年末から背負い投げに取り組んでいるのだが、それからずっと調子が良くない。
県大会までにはまだ時間がある。今は負けてもいいので、きれいな背負い投げを覚えてほしい。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

最近のトラックバック