« かけ足記録会2007 #2 | トップページ | 交歓大会 »

2007年12月 8日 (土)

キノコ栽培

子供が小さい頃は、よく独りで山歩きをしていた。ヒラタケやキクラゲなんて食べきれないほど採ってきた。だが子供とバスケやサッカーができるようになってからは、毎日のようにボール遊びをするようになり、山歩きをしなくなった。
慢性的なキノコ不足を解決するため、キノコを栽培することにした。

加川椎茸で、エノキタケとシイタケの種駒を注文することにした。特に栽培したいキノコはエノキタケだ。キノコの種菌を販売している会社はたくさんあるが、エノキタケの種駒を販売しているのはここしかない。
本物のエノキタケは茶色をしていて、カサの大きさだって5cmにもなる。実にうまいキノコだが、八百屋には売っていない。
写真は野生のエノキタケだ。アカメガシワの切り株に生えていた。
Enokitake021102

« かけ足記録会2007 #2 | トップページ | 交歓大会 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/9349313

この記事へのトラックバック一覧です: キノコ栽培:

« かけ足記録会2007 #2 | トップページ | 交歓大会 »

最近のトラックバック