« スーパーチャンプル | トップページ | 山林の手入れ »

2007年11月26日 (月)

パソコン保守×3

某給食屋のパソコン2台に、ウイルス対策ソフトをインストールした。ソフトの代金が2,100円、そして作業料金が2,100円×2だった。

続いて、某病院に中古のルータを納品した。オークション入手価格の2倍、12,600円で納品したのでずいぶん利益が出た。だが1年以内に壊れたら、うちが責任を持って交換しなければならない。中古なので妥当かと。

某医院の作業。先日納品したPCの調子が悪いとのこと。渡されたメモには次のようなことが書かれていた。

  • CD-Rが焼けない。
  • 焼いたCD-Rがイカレる。
  • フラッシュメモリがイカレる。
  • フロッピーがイカレる。

とにかくどんなメディアもイカレる。恐くて使えないとのこと。
調査するとCD-ROMドライブ内蔵のPCだった。CD-Rが焼けないのは当然である。
焼いたCD-Rがイカレるというのは読めないということらしい。CD-Rだったら読み出せるが、使っていたのはCD-RWだった。そのドライブでは対応していない。CD-Rに書き込む機能を持ち合わせていない以上、焼いたCD-Rをイカレさせる能力もない。ただの勘違いだ。
フラッシュメモリは、いつも「ハードウエアの取り外し」を使わず、好きなタイミングで引き抜いていたらしい。モノも古いし、そんな使い方では壊れて当然である。
最後のフロッピーディスクはどうやらイカレていたが、古いフロッピーの寿命だと思う。新しいフロッピーディスクを使えば問題はない。
特に作業もなく、ただ調査しただけで作業料2,100円だった。

« スーパーチャンプル | トップページ | 山林の手入れ »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/9131461

この記事へのトラックバック一覧です: パソコン保守×3:

« スーパーチャンプル | トップページ | 山林の手入れ »

最近のトラックバック