« 青海杯 | トップページ | 静岡遠征 »

2007年8月26日 (日)

青海杯・二日目

青海杯は決勝トーナメントに進めず、某中学に移動して下位トーナメントを戦うことになった。

初戦、1-2QTは余裕の試合運びで、前半をリードして折り返した。ツノ丸は相手の#4を3ファウルに追い込んで勝ったと思った。しかし甘かった。3ファウルの#4はツノ丸を徹底マーク。攻撃もしないが、ツノ丸にボールを持たせないつもりらしい。
ツノ丸は1on1しかできないので、ボールをもらうのがとてもヘタ。走り回ってもさっぱりパスをもらえない。ボールをもらえないのでドライブもできず、たまにドライブをしても失敗してばかり。じわじわと点差を詰められて逆転負けを喫した。

こちらの#9はゴール下以外は素人。このを#9の穴を埋めるため、ディフェンスをハーフコートにした。#9の得点は二桁に乗ったが、スティールやインターセプトからの速攻がなくなった。
ドライブの代わりにCにパスを入れなければならないため、仕事がなくなったツノ丸は混乱していた。
昨日は何十回と繰り返したバックチェンジも今日はゼロ。ドライブもフェイクなしで突入して自滅していた。速攻も徹底マークから逃げるため、ロングパスが届かないようなとこに走ったりしている。課題が山ほど見つかった。

2試合目、マークも緩くなり、仕事を理解したツノ丸は、徹底的に#9にパスを入れるようになった。失敗してもリバウンドを打ち返すので、いつかは入る。
まだリターンパスもできないし、ツノ丸がドライブしているのに#9がゴール下から動かず3秒オーバータイムになったりするのはご愛嬌。
ツノ丸は残り30秒、2点リードのところでボールをキープしなかったり、最後までスイッチが入らなかったが、何とか逃げ切って勝利。
青海杯を13/16位で終えた。

ツノ丸がもっとパスをさばいたらどうかという意見があったので試してみたが、その成功率はドライブよりずっと低い。今のところ、ドライブの方がファウルをもらえるだけマシ。
ロングシュートを打つのはどうかという意見もあったのでそれも実験。まだ自分の間合いで打てないが、そのうち慣れると思う。
ツノ丸のドライブが単調だったのは、こういった課題のせいかもしれない。まだ経験不足だな。来月の交歓大会でも、もうちょっと試してみたい。

« 青海杯 | トップページ | 静岡遠征 »

バスケ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/7733186

この記事へのトラックバック一覧です: 青海杯・二日目:

« 青海杯 | トップページ | 静岡遠征 »

最近のトラックバック