« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月30日 (月)

飛んで火に入る…

バスケの選抜練習の日だったが、そっちは嫁に任せて、私は道場にやってきた。日本武道館行きが近いので、ウズ丸の柔道を見ることにしたのだ。
ウズ丸を道場に送って行ったら、3年生エースのママが近寄ってきた。今度、暇なら食事でも…なんてことはなく、こんな話を…

子「ウズ丸に、中学になったらバスケ部入れって言われた」
母「入ればいいやん」
子「でもさあ、バスケってどんなんか知らへんから」
母「ウズ丸に教えてもらえばええやん」
子「そんなん、よう言わんわ」

ということがあったので、夏休みの間にバスケを教えてほしいとのこと。電話して誘いに来てくれないかということらしい。まさに飛んで火に入る…である。
キッズケータイを持っているそうなので、私のケータイ番号と、うちの電話番号を登録。これでいつでも拉致できる。身長は3年生で140cmを超えているし、何しろ柔道部のエース。最強のツインタワー完成。

この子が柔道部じゃなければバスケ部に勧誘しているところだが、それでは柔道部に迷惑がかかる。中学になったときのためにツバをつけておくだけにしよう。

2007年7月29日 (日)

バックターン

ドリブルしている手から見て、バックロールするのがバックロールターン、フロントロールするのがバックターンらしい。フロントロールターンと言えばわかりやすいのに。

ツノ丸はバックロールターンが得意なので、試合中によく使う。バックロールターンは攻めるには有利だが、一時的にドリブルで下がることになり止めやすい。それにターン中にショットガンが出しにくい。
ゾーンプレスを一人で耐えるには、バックターンを強化するのが簡単そうだ。

ドライブで体当たりする練習もやってみた。体当たりで相手を蹴散らして逃げようという魂胆だ。とりあえず、ドライブでディフェンスをよろめかせてキックバック、すぐさまミドルシュートを打たせてみたがいまいち。私は大得意だが、ツノ丸はひ弱なので自分がよろめいている。

ツノ丸がバックターンしながら道路を往復していると、それを見ていたウズ丸も勝手にやり始めた。ウズ丸は強化どころか、まだバックターンしかできないレベルである。ツノ丸と同じコースでやり始めたので、たまに交錯するのだが二人とも相手をうまくよけていく。ぶつからないのが不思議なくらいだ。これはいい練習になるな。

リザーブ練習試合

昨日の練習試合は、試合の合間にリザーブの試合があった。柔道の大会がないので、久しぶりにウズ丸も試合に出してもらった。

スティールとリバウンドはエース級の働き。ボールに抱きついて、ボールをもぎ取る動きはすばらしかった。
相手が疲れてくると、片っ端からボールを奪う。圧巻は4QT、ボールに抱きつくと同時に体をひねって相手を投げ(笑)、そのままドリブルで走り去った。本人いわく、体落としという技らしい。柔道なら確実に一本勝ちだ。ここで疑惑が…。

父「わざとやったの?」
ウズ「ううん、わざとじゃない」
父「大外刈り?」
ウズ「違う。体落としをかけたん」

やっぱり「かけたん」だ…。

ここのところレイアップがヘタなので修正していたが、うまくレイアップが打てた。ただし、疲れてくるとレイアップではなく、セットシュートを打っていた。早めに直しておきたい。
あと、気になったことが一つ。4-5年生を差し置いて、3年生のウズ丸が号令をかけ、マッチアップを決めていた。兄ちゃんのマネかもしれないが、兄ちゃんはキャプテンで、お前は一番ちびっ子なんだが…。

2007年7月28日 (土)

県大会1位と練習試合

体育館が使えないので、企業の体育館を借りての練習だった。
現地に行くと、たまたま体育館にミニバス団が3チームも集まっていて、練習試合をすることになった。相手は隣地区、県1位のOA。地区5位のウチでは勝ち目がないが、腕試しさせてもらおう。
うちのチームは、レギュラー10人のうち3人がいなかった。160cm級が二人と150cm級が一人。ベスメンの5人はそろっているので、まあ後半だけはゲームになるかなと思っていた。

1QTは2点しか入らず、10点以上の差がついた。
2QTからツノ丸が出るが、なぜか張り切ってPGをやっている。オールコートで当たってくるので、ドリブル芸人としては楽しいようだ。技の見本市のようにボールを運んでいる。
ツノ丸がPGをすれば、ボールは楽に運べるが攻撃力は半減。一人でボールを運んで、サイドに大きく開いた子にパスアウトするが、バカみたい開いた子がフリーなのは当たり前。ロングシュートが入るはずもなくリバウンドで速攻を出されて点差が開いた。
私に怒鳴られて5年生にPGを譲ったが、速攻も出さないしいまいちだった。1on1で攻めてシュート決めるがファウルも奪えない。
練習中のティアドロップとか、ステップインが見られたのは良かったかな。結局、2QTも10点近く離されてしまった。

後半はベスメンなので少しは…と思っていたが、後半は相手のゾーンプレスにたじたじ。
ツノ丸以外はゾーンプレスを経験するのは初めてだろう。ボールすら運べない。あわててツノ丸がボール運びに戻るが、5年生の子はスローインすら入れられない。
ツノ丸がボールを持っても、うまく運べないときがあった。緩急を付ければ簡単に抜けるのに、余裕がないのだろう。ダブルチームくらい一人でなんとかしてほしい。
チーム全体の問題として、困っている子を助けるために、近寄ってパスをもらおうとする。近寄ると、もう一枚ディフェンスが増えるので、近寄ってはいけない。そもそもPGは助けなくていい。
プレスをかけられても、ツノ丸はショットガン使いなので、フリーの子を見つけてロングパスを出せる。だがキャッチが悪い。一歩も動かずにボールをもらおうとしてカットされていた。

試合は50点差くらいで負けてしまったが、とてもいい勉強をさせてもらった。来週の大会までに直るといいんだけど。

2007年7月26日 (木)

新技

ジャンプしてから打つのがジャンプシュート、ジャンプしながら打つのがジャンピングシュート。夏休みに入ってから、ツノ丸はこのジャンピングシュートに取り組んでいる。
精度も高くなってきたので、この夏はかなり得点を稼げるのではないかと思っている。

今日は、このジャンピングシュートを生かすために、ディフェンスの間を縫うようなドリブルを教えてみた。空いた場所に走り込むのではなく、抜いた敵を背中に置くために使わせてみた。ディフェンスを背中に置いてシュートを打てば、スクリーンアウトされないからね。

ツノ丸が勝手に覚えた変なシュートもなかなか効果的だ。ドリブルから片手でボールを持ち、そのまま投げるようにシュートを打つ。ティアドロップというらしいが、これもフックと同様、ひじょうにブロックしづらいシュートだ。
1on1ではあまり役立たないが、普通の試合ではかなり使えそうだ。このシュートはファウルをもらえないのが残念だが。

2007年7月25日 (水)

スポーツドリンク

最近のスポーツドリンクを見ると、たいていカロリーオフと書いてある。うちの子供たちには少しでも大きくなってほしいと思っているのに、カロリーオフだなんて迷惑な話だ。
うちはカロリーオフと書かれていないスポーツドリンクを選んで買うようにしている。

  • ゲータレード...26kcal/100ml
  • ポカリスエット...27kcal/100ml

結局、売られているのはこの二つだけ。ポカリスエットはやや割高なので、うちはゲータレード派。
カロリーオフと書かれているドリンクはこんな感じだった。

  • アミノサプリ...18kcal/100ml
  • アクエリアス...19kcal/100ml
  • アクエリアス・ビタミンガード...17kcal/100ml
  • MiUスポーツウォーター...17kcal/100ml
  • ダカラ...17kcal/100ml(塩分ゼロなので役立たない)

一日の練習で飲むのは、せいぜい2.0L程度。カロリーの有無なんて、あまり変わらないかもね。
ちなみにうちは虫歯も心配なので、ドリンクを飲んだらお茶でうがいしている。

カロリーを調べるために商品情報を見ていたのだが、サントリーのサイトはひどい。うんざりするほどFlashを見せられて、カロリーがどこに載っているかわからない。ゲータレードは商品が手元にあったからわかっただけ。アミノ式は調べるのをあきらめた。

2007年7月24日 (火)

ツノ姉がキャプテンに

ツノ姉たちの夏の中体連は、初戦敗退であっけなく終わった。
二人の3年生は引退し、部員の投票でツノ姉がキャプテンになってしまった。ヘタなのに…。

ところで、新チームの発足と同時に、保護者会も発足した。今日は初めて保護者会だった。
だが一人の保護者から、急に予定が入るのは困る、年間行事予定を作れという意見があった。
何ヶ月も先の練習試合の予定なんてわかるはずがない。
それに練習試合や合宿は強制参加ではないのだ。だが、それも気に入らないらしい。いったいどうしろと。
合宿の申し込み用紙に「参加します」はあるけど、「参加しない」がないとか。申し込み用紙なんだから、提出した子だけが参加に決まっている。こんな重箱の隅をつつくような意見ばかりが延々と…。あなた、歩く2ch.ですか?

部活をがんばらない子に、部活のレベルを合わせてはいけない。部活をがんばる子にレベルを合わせろとも言っていない。ただ一つ、部活をがんばる子のジャマをしないで欲しい。

2007年7月23日 (月)

夏休みの自由研究

ツノ姉は夏休みの自由研究を始めた。
何もせずにごろごろしていると、「勉強しろ、バカ女」と言われるので、先手を打ったようだ。

理科の自由研究は、ロウソク作りに決めたようだ。
ミツバチの巣から蜜ロウ、ハゼの実から木ロウ、カイガラムシから虫ロウを作るつもりらしい。
蜜ロウは小学生のときに作った経験があるので、特に問題はない。
うちの屋根にあるミツバチの巣を駆除すれば、材料も手に入る。
だが木ロウの作り方がよくわからない。インターネットで調べたところ、ハゼの実を蒸して圧搾して固めるらしい。
蒸して圧搾する装置もないので、ゆでてから布にくるんで絞ってみた。なんだか失敗の予感。
ハゼの実は今年の冬に採集したものだが、もしかしたら生の実でないと木ロウは作れないのだろうか。
それに、虫ロウの材料となるカイガラムシはどこにいるのだ。前途多難である。

写真は屋根にあるニホンミツバチの巣。バスケットボール二つ分くらいの大きさだ。私はハチの巣を狩るのが大得意なので、でかくてもまったく平気。蜂蜜もたっぷり採れそうだ。
Kaihosu070706

2007年7月22日 (日)

草刈りと草バスケ

久しぶりに晴れた日曜日、私は昼食をはさんでずっと田んぼや土手の草刈りをした。8時間労働はさすがに疲れた。
ツノ丸は午前中はミニバス、午後からサッカー、そして夜は草バスケだった。

草バスケのメンバーと、うちの家族5人、バスケ部3人で、2時間半ほどゲームばかりしていた。ツノ姉は通知表がひどいだけでなく、バスケも上達していないことが判明。
夏休みの間、バスケのゴールを高くして、ツノ姉にもバスケを教えることにしよう。

2007年7月20日 (金)

通知表

雨ですることもないので、通知表を見ることにした。
ウズ丸は2段階評価。○か△しかない。上から下まで○がずらりと並んでいた。大半の子はこんな感じらしい。つまらん。
◎があるわけでもなく×もない。ゆとり教育というのは、バカにバカと自覚させないし、優れていることも評価しない。
これじゃ勉強をがんばる気力が萎える。

ツノ丸は3段階評価。◎○△で評価されるので、苦手がわかっていい感じ。得意が評価されればやる気が出る。
ツノ丸はカナヅチなので、体育の水泳欄に△が一つ。

ツノ姉は中学生なので4段階評価…ではなく、個人的な理由で5が見当たらないだけだ(怒)。
救いの体育や技術家庭は、2学期に評価されるそうで空欄のまま。
このバカ女、どうしてくれようか。

2007年7月18日 (水)

選抜練習 #6

久しぶりの選抜練習。サマーキャンプin奈良に向けた練習が始まった。
私は仕事の関係で、途中から様子を見に行った。
レギュラー9人とそれ以外に分かれての練習だったが、すぐに3人が外され、たった6人の練習に。
6人のスリーメンはほとんど休みがない。かなりキツイが、5人がPGだけあって淡々と進んでいく。シュートを外すこともないし、10本連続の10本目でも、団の1本目よりずっと速い。

ツノ丸は、スリーメンで走るのを加減するクセがあるようで、リードパスをうまくキャッチできない。自チームではリードパスが来ないが、ここでは…というかバスケでは、リードパスが常識だ。もっと走るくせをつけたい。
ドリブルも弱いし、休憩時にはボールを下からすくい上げるようなアホドリブルをしていた。
10cm以上も背が高い子にマークされているのに、ディフェンスを背中に置いてボールを受けようとしている。体当たりでやっつけてから受ければいいのに。
パスを受けてからも、ターンしてフックならいいのだが、ドライブでバックロールは意味不明。体当たりしてから1ステップフック、270度ピボットターンからのフックがほしい。
左右に開いてリバウンドに強い子を外に引きずり出していたのは評価できるが、味方がシュートを打つ前に、引きずり出したディフェンスを外へスクリーンアウトしておきたい。
あとは、ドリブル中のフェイクに、もうちょっと顔の動きを加えると成功率が高くなる。
来週までにはすべて直すつもりだ。

2007年7月15日 (日)

優秀選手賞

アットホーム杯二日目、決勝リーグは台風で中止になった。順位は付かなかったが、ツノ丸は優秀選手賞をもらった。
選抜の大会が中止になったため、ツノ丸とウズ丸はいつも通り、団のバスケ練習に出かけた。

私が家でごろごろしていると、NHKから電話がかかってきた。受信料を滞納しているとかではなく、夏休みの自由研究の話だった。
以前からツノ丸とウズ丸は電話取材を受けていたが、今日は二人ともいないので私が相手をすることに。
子供達はなんでもしゃべっているようで、NHKの人は、自由研究のテーマから、お気に入りのヒヨコの名前まで何でも知っていた。
NHKが取材に来るとなると、今年の自由研究も手抜きするわけにはいかない。今年も熱い夏がやって来る。

2007年7月14日 (土)

チーム戦術は

アットホーム杯、初戦の相手はMMBC。
ツノ丸は172cmをコートから追い出すと張り切っていたくせに、172cmが中央に構えるゾーンにたじたじ。ツノ丸はたった半月でチーム戦術を忘れているようでひどかった。

へたくそなロングシュートを打ってすべて外した。なぜお前がロングシュートを打つのだ。制空権を握られているのにバカすぎ。監督にも怒鳴られていた。
ここ半月ほど選抜練習がなかったとはいえ、みんながバラバラ。バスケになっていない。まさかの敗北。これは予想していなかった。

2戦目の相手はTBS。地区順位ではMMBCよりも上位のチームだ。
だが初戦でチームの歯車がかみ合ってきたのか、ツノ丸のバカっぷりはマシになった。ようやく自分の役割を理解したようで、ちゃんと左右に開いてボールをもらうようになった。
この位置なら普通はミドルシュートを打つところだが、ツノ丸は必ずドライブして1on1を挑む。ドライブはそう簡単に止められない。止めたら、たいていファウルと引き換えだ。
吹っ飛ばされながらもシュートを放つので、敵にはかなりうざい。ファウルで吹っ飛んだツノ丸に、監督から「お前はそれに命張っとれ」と檄が飛んだ。
ツノ丸全開。得点はともかく、ファウルを稼ぎまくっていた。ファウルトラブルでマッチアップする相手が二度も変わった。
点数はすっかり忘れたが、とにかく勝利。さっきの試合でもやってほしかった。

こうして初日は1勝1敗で終えた。二日目の決勝リーグは、たぶん台風で中止だと思う。

2007年7月13日 (金)

アットホーム杯

明日から隣市の大会に参加する。
交流戦で負けたMMBCと再戦できると聞き、ツノ丸は張り切っていた。MMBCのCは当時172cm、ツノ丸との身長差は33cmもある。

選抜メンバーは主力4人が所属チームの活動と重なってしまい不在だという。残った主力メンバーの平均身長は140cm以下だと思う。おもしろい試合になりそうだ。
選抜だとツノ丸は1QTしかプレイしないことが多いが、今回はプレイタイムも長いだろう。ファウルアウトを狙える。172cmをコートから追い出してしまえ。

2007年7月10日 (火)

東京

寝ていたら、後輩からケータイに電話がかかってきた。
後輩はウズ丸が通う道場の先生をやっている。

「来月、ウズ丸を東京に連れて行くから」

寝ぼけていたのでよくわからなかったが、全日本少年柔道練成大会、日本武道館である。
今年は全大会で入賞していたが、さすがに日本武道館は無理だな。

2007年7月 9日 (月)

柔道・市大会

先日、ウズ丸はバスケの練習試合を休んで、柔道の市大会に出た。
午後からの試合なので、ウズ丸と私は、午前中、犬の散歩をしながら作戦を立てた。作戦は前回とまったく同じ。背負いや大外刈りの精度を上げたので、これだけでもかなりいけるはずだ。

まずは団体戦、ウズ丸はBチームなので優勝なんて狙っていない。気楽なもんだ。だが先鋒として快進撃。準決勝まですべての試合を勝ってポイントを稼いだ。というわけで、

団体戦・準優勝

おー、なかなかやるじゃん。

今日の大会は団体戦が終わった後に個人戦があった。ウズ丸は掛け持ちで個人戦にも出場した。見てないから詳しいことはわからないが、

個人戦・3位

予想外に好成績。机にはトロフィーと表彰状が飾ってあった。
昨年の秋、ツノ丸が化けた時期があったが、ウズ丸はすでに化け始めているような気がする。

2007年7月 8日 (日)

練習試合・2本立

今日は県大会だが、県大会は地区の1-3位だけが出場する。うちには関係ないが、4-5位のチームが集まって練習試合があった。

午前中はうちの体育館で、SD-MBCと練習試合。私が体育館に着いたときは、最後の試合の途中だった。
ツノ丸は動きが悪い。攻めるでなし、ボールを運ぶでなし、動きがとにかく中途半端だ。試合は残り1-2分で数点を追う展開だ。
さっそくツノ丸に指示を出すことに。動きのリズムを変えること。速攻をかけること。パスインターセプトを狙うこと。ボールを持ったらすぐにドライブすること。ようするにオフェンス全開だ。今まで地味だったツノ丸が完全に攻撃モード。

インターセプトからの速攻で2点。リバウンドを拾ってフックシュートで2点。敵のボールに抱きついて奪い、ドライブからレイアップで2点。最後はディフェンスの中に突っ込みフックシュートを沈めて2点。ツノ丸が4本連続のシュートを決めて46-45で勝った。午前の部は3戦全勝。

午後からは別の体育館で、男女4チームの練習試合。
AMBC男子、AMBC女子とやったが、どちらも大差で負けた。小さなコートに速攻を封じられ、おまけにユニフォームなしでは、ファウルアウトも狙えない。QTごとに背番号が変わるからだ。春季大会と違って、ボロボロにやられた感じだ。
次の試合は女の子相手。だが160cm級のエースを筆頭にとにかくでかくて、やはりホロボロにやられてしまった。
ちょっと収穫があった。4QTだけで見るとスコアはほぼ互角。しかも半分がツノ丸の得点だ。大差がついた4QTともなると、ツノ丸がどう攻めてもチームメイトには文句を言われない。せめてピック&ロールでも教えてもらえないかな。

そういえば、うちの女子チームは今日、県大会だったな。
優勝おめでとう。先日「練習試合すりゃいいじゃん」なんて言ったけど、忘れてください。

2007年7月 7日 (土)

荷造り

昨日発注したローラーチェーンが届いた。ローラーチェーンは金属製で、3本もあるとかなり重い。
これを会社まで持っていくのは大変なので、いそいそと宅配便の荷造りを始める私であった。
せっかく宅配便で送るのだから…と、PETボトルのお茶も箱に入れる。職場の自販機はコカコーラ系。安くてうまいサントリーの烏龍茶を箱に入れた。
他にもまだ届いていない部品があるので、それが届くのを待つことにしよう。

2007年7月 6日 (金)

ファイルの救出

パソコンの持ち込み修理があった。某電機の5年保証に加入していたので、そちらで無償修理してもらえるのだが、その前にHDD(ハードディスク)の中にあるデータを取り出してほしいとのこと。

パソコンのケースを開けて、HDDのケーブルを抜き、代わりに外付けケーブルを接続した。他のパソコンからUSB接続で、HDDのファイルだけでも吸い出そうという魂胆だ。
いくつかのファイルは読み出すことができなかったが、大半のファイルを吸い出すことができた。あとは某電機にお任せしよう。作業料は2,100円なり。

2007年7月 5日 (木)

買い物

イベントで大きなメカを動かさなければならないので、ネット通販で歯車とチェーンを注文した。
RS標準スプロケットRS35@1420円×4、RSローラーチェーン@1,740円×3、こんな代物を買うのは初めてだ。
それらをパソコンで制御するため、制御用ボードRBIO-2U@11,200円×3、電源@1,580円×3、ケーブル8本@980円なども発注。
それから、リレー(OMRON G2R-1-S/5VDC@450円)×20なんてものも発注。こいつは定番なので、いつものやつ…てな感じでクリックすると、翌日には届く。

2007年7月 4日 (水)

解体処分

先日引き取ってきたデスクトップパソコンを処分することにした。
FUJITSU FMV-6350DXという、大型のデスクトップパソコンだ。
こんな大型のパソコンをそのまま処分する手はない。中にたくさんのジャンクを詰めることにした。
ケースを開け、金属製の構造材を取り外す。それから、HDD(ハードディスク)やFDD(フロッピードライブ)はもちろん、CDドライブもいったん取り外し、金属部分を解体する。
パソコン内部はがらがら、重さもずいぶん軽くなった。
ここに古いカード類や、パソコンを分解したときに出た基板や配線を詰め込む。
金属製のブラケット、ネジ類は、すでに資源ごみとして処分してあるし、樹脂部品は焼却ゴミへ。
個人だとこういったジャンクは埋め立てゴミに出すしかなかった。しかし、パソコンの中に詰め込むことにより再資源化できる。
3,150円払って、あとはFUJITSUさんにおまかせ。あとはよろしく~♪

Kaitai070704

2007年7月 2日 (月)

ウイルス対策ソフト

某事業所のウイルス対策ソフトの更新時期が来たので、アップデートに行ってきた。クレジットカードがあればオンラインで更新ができるが、法人なのでクレジットカードはない。

最新版のCD-ROMを使って手動で更新した。
クレジットカードでのアップデートは、1台当たり4,000円近くかかる。ところが新規でウイルス対策ソフトをインストールすると、価格は1/3以下になる。McAfeeウイルススキャン、TrendMicroウイルスバスターの最新版は、1本で複数のパソコンにインストールできるからだ。作業料は2,100円×6台+ソフト代金。

もっと安いのはSOURCENEXTのウイルスセキュリティ。アップデート料金ゼロというのは魅力的。だが、この会社は以前、McAfeeウイルススキャンを販売しており、そのサポートを途中で打ち切った前科がある。あのときは自動更新になっている顧客に、事情を説明しなければならず大変だった。
誰か人柱で導入してくれないかな。私は絶対にいやだ。

2007年7月 1日 (日)

今年の初試合

ツノ丸は6年生になって、サッカーをずっと休んでいた。おかげでオスグットだったヒザの痛みはすっかり消えた。
今日は小学校行事で体育館が使えないため、バスケ団の練習は休み。嫁とツノ丸は久しぶりにサッカーの試合に出かけた。地区のリーグ戦二日目だ。
以下は嫁からの報告。初戦は8-1で勝利。点差が開いたのでツノ丸が出てきた。数分プレイしたが、サッカー勘が失われている感じだ。
早いパス回しといえば聞こえはいいが、ディフェンスを恐れてワンタッチでパスを回しているように見える。
次の試合は5-0で勝利。このくらいの点差だとツノ丸はずっとベンチ。
今年はチームを6年生だけで編成できるため、かなり強い。今のところリーグ戦は全勝。

午後からは練習試合が組まれた。レギュラーのSBが負傷したため、同じポジションのツノ丸が出た。4-0で勝利。
練習試合2戦目はレギュラーをほとんど下げ、0-2で負けた。ツノ丸も出ていない。
サッカーは楽しいのだろうか。まあ、本人がサッカーを続けるというなら、親も付き合ってやろう。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

最近のトラックバック