« 招待試合 | トップページ | 選抜練習 #4 »

2007年6月12日 (火)

尚武館杯

代役で出場した団体戦のビデオを見せてもらった。団体戦は6-5-4-3-2-1年生の5人編成。ウズ丸は3年生のエースが風邪をひいたので、その代役として出場した。
ビデオでウズ丸を見るのは初めてだが、バスケと違って柔道はアップばかり。ツノがよく目立つ。

初戦は同じ体格の女の子。左組みのウズ丸はケンカ四つで組む。数秒で足払いが決まって有効。さらに払い腰でまた有効。ここまでわずか数秒。その後も、次々にポイントを稼ぐが、どれもきれいに一本が取れていない。ポイントは重ねても、固めるのに失敗する。固め技から逃げるのがうまい子だった。終盤に特訓していた技が出た。相撲のような投げで相手を倒し、倒れる間に固めて一本勝ち。

ここで三重県1位チームが、奈良県1位チームに敗れたとの一報が入った。

2試合目は、やや小さい男の子が相手。動きが速いが、やはり左組みに慣れていないようだ。足払いですぐに有効を奪う。その後もポイントをいくつかとって、相手がふらふらになったところで、払い腰からのけさ固めで一本勝ち。投げ技が下手なので、倒れる途中から固め始めるのだが、これが決まって一本勝ち。

3試合目、今度はウズ丸より体格のいい男の子だ。しかし、やはり左組みに慣れていないのか、ケンカ四つから、どう攻めればいいのかわからないようだ。ふらふらになってきたところに内股で有効。しばらくして払い腰で一本勝ち。

4試合目、ライバルのK野君登場。K野君はウズ丸より大きいし、県下でも上位の子だ。しかも左組み。今度はウズ丸が苦戦する番だ。
昨日までの特訓が効いて、今までのように払い腰を返されることがなくなった。払い腰を失敗したら、すぐ背負いに入るので返されない。だがやはりK野君は強い、すべての技が通用せず優勢負けで敗れた。
試合は2勝2敗1分だったが、ウズ丸が一本負けではなかったことが幸いして勝ちを拾った。決勝進出。

決勝戦。奈良県1位チームが相手だ。K野君より強いはずだが、右組みなので互角に戦っているように見える。
しゃくりながら下がり、飛び込んでの背負いが強烈。背負いには耐えたが、やはり低く飛び込んできての小内巻き込み足で有効を取られ、優勢負けだった。
この試合は、大将以外がすべて負け、団体戦準優勝に終わった。

ツノ丸と同じように、ウズ丸も左利きで育てたのが良かった。前日まで特訓していた、倒れながら固める技がうまくできた。次の大会までに、低く飛び込む技を教えようかな。

« 招待試合 | トップページ | 選抜練習 #4 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/6755042

この記事へのトラックバック一覧です: 尚武館杯:

« 招待試合 | トップページ | 選抜練習 #4 »

最近のトラックバック