« フラッシュメモリ | トップページ | プリンタ更新 »

2007年4月26日 (木)

巣箱

飼っている和蜂(ニホンミツバチ)の数が増えてきた。
巣箱が足りなくなってきたので、そろそろ新しい巣箱を作ることにした。設計図はこんな感じだ。
設計図はBSch(ビースケ)というフリーソフトで描いた。本来は電子回路をデザインするソフトだが、こういう使い方もできるのだ。
材料は19mm×140mm×1800mmのSPF材だ。価格は450円くらい。材木に合わせた設計なので、材木をムダなく使うことができる。
Subakover2

« フラッシュメモリ | トップページ | プリンタ更新 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

カヤネズミの巣のご指摘でお世話になりました。
設計図、ありがとうございます。

側面は大体わかるのですが、上下の仕様がよくわかりません。
上はトタンを置いて重しをすればいいですか?
下は少し空けて、設置すればいいのでしょうか?

底のない箱を作るだけでいいのでしょうか。

見たことがないので理解が遅くてすみません。

重箱式の巣箱は、底のない箱です。そのため巣枠とかマスと呼んでいる方もいます。
一番上は一枚板を載せてから、トタンを置いて重石を置きます。
底は板だけ置いて、細い木(割り箸とか)で持ち上げて設置します。

一番下になる巣箱だけ特別にしつらえて、巣門を付けたり、扉付きにしている方もいます。

こちらを参考にしてはいかがでしょうか。
   ↓
http://www.h6.dion.ne.jp/~kansatu/
扉があると貯蜜が足りないときに、砂糖水を給餌することができて便利です。

丁寧なお返事ありがとうございました。
紹介していただいたHPも、随分詳しく写真が載っているので
夫に見てもらいながら作ってもらいます。

出来たらまた報告致しますので、よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/6244993

この記事へのトラックバック一覧です: 巣箱:

« フラッシュメモリ | トップページ | プリンタ更新 »

最近のトラックバック