« 副顧問の先生 | トップページ | インクカートリッジその後 »

2007年4月30日 (月)

中学生と

私は熱があって家で寝ていたが、ツノ丸は、今日から始まるサッカーのリーグ戦に出かけていった。市内のサッカーチームが総当りで順位を決めるリーグ戦だ。ツノ丸はずっとベンチだったが、チームは無難に2勝を上げたらしい。

試合が終わって解散となったとき、小学校でバスケをやっている中学生を発見。名前を知らなくても、いずれバスケ部の先輩になる人たちだ。さっそくツノ丸も仲間に入れてもらってバスケの試合を始めた。バスケが終わったら歩いて帰ると言うので、母はほっといて帰ってきたそうだ。

夕方になって、ツノ丸が帰ってきた。中学生たちも自転車でついてきて、庭でバスケをするという。布団の中にいた私だが、バスケと聞いては寝ていられない。熱も下がったので、3on3でもやるとするか。
極楽ファミリーvs中学生、10点先取×4QTで勝負だ。結果は1勝2敗。3試合中、2試合が延長戦に突入する好ゲームだった。

ウズ丸のスローインがヘタなこと、ツノ丸が速いパスを受けられないことを発見。これがわかっただけでも、大きな収穫だった。

« 副顧問の先生 | トップページ | インクカートリッジその後 »

バスケ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/6276887

この記事へのトラックバック一覧です: 中学生と:

« 副顧問の先生 | トップページ | インクカートリッジその後 »

最近のトラックバック