« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月30日 (土)

神社当番

今年は自治会の役員をやっている。年末年始は神社で大晦日のかがり火をたかなければならない。
今日はその準備のため、朝から神社で仕事があった。門松を立てたり、しめなわを交換したり、かがり火の準備をしたり…。
前日に大雪が降ったので、私は気を利かせて家から雪かきの道具を持ってきた。みんなが角スコップで雪かきをしている中、家から持参したトンボを使い、ガシガシと雪かきをした。
仕事と思えば大変だが、私は筋トレのつもりでやっているので平気。参道は距離にして200mはあるだろうか、そのうち半分を一人で雪かきをした。正月は筋肉痛かもしれない。
明日は大晦日。夜の10時から元旦の昼まで、ずっとかがり火をたき続けるのだ。徹夜慣れしている私には、酒を飲みながら一晩中、火遊びするようなものだ。

2006年12月28日 (木)

合同練習

今年度初の合同練習が、年明けにあるらしい。
合同練習の相手はSMBC。今年は6年生以下で1勝、5年生以下で1敗している。県大会前の練習相手にちょうどいい。

うちのバスケ団の子たちは、合同練習になじみがない。「ゴウドウレンシュウ? それってうまいの?」というくらい(推測)。今年の6年生はバスケに対するモチベーションが低いからしかたないか。
以前、監督がいないとき、女子の監督が合同練習に誘ってくれたのに、キャプテンは「いやです」と即答してたし。

ツノ丸が所属するサッカー団は、公式戦がない日のほとんどが練習試合だ。ウズ丸が所属する柔道部にいたっては、ほとんど毎日、他の道場の子と一緒に練習をしている。合同練習や練習試合は大切だぞ。

2006年12月27日 (水)

マイ年賀状

毎年のことだが、自分の年賀状は一番最後に印刷する。頼まれた年賀状を作っていないのに、自分の年賀状を作るわけにはいかない。
仕事用、身内用と二種類作るのだが、身内用はこんな感じだ。今年はちょっと地味だったか。
Cortinoshishi640

2006年12月24日 (日)

ドッジボール

今日は監督がお休みなので、子供たちだけの練習日だ。
来月は県大会だというのに、だらだらとした練習だった。最後にはキャプテンの指示でドッジボールをしたらしい。
ドッジボールは大目に見てもいいが、問題はクールダウンをしなかったこと。クールダウンしないといつかヒザを痛めるよ。
みんながドッジボールをやっている間、ツノ丸とウズ丸だけがクールダウンをしていたらしい。なかなか意志が強いな。

2006年12月23日 (土)

テーピング

ヒザの下が痛いと言うので、ツノ丸はサッカーを休んでいる。
ツノ丸は以前、ヒザが痛くて半年もスポーツができなかった。なので、サッカーでは無理をしない。バスケの練習は本人次第だが、たぶん休まないだろう。そもそもバスケ団の練習はとんでもなく楽だからね。

練習が終わってから気づいたのだが、ツノ丸はヒザの下にテーピングをしていた。
この前の試合、私が教えたやつだ。ヒザの下に二周、テープを巻くだけの簡単なやつ。これだけでも痛みがかなり引くし、痛みの予防にもなるのだ。自分でテーピングしたという心意気がいいな。巻き方を見せてもらったが、うまく巻いてあった。

2006年12月22日 (金)

キーボード

今日は某所の忘年会だった。帰りにビックカメラで、キーボード ELECOM TK-UP84CPxx@3,980円×2を買ってきた。
幅30cmくらいの小型キーボードだ。ノートパソコンのキーボードみたいな感じ。
こういった小型キーボードは、年に2-3枚納品するので、時々、在庫を補充しておかないといけない。

個人的にはMajestouchというキーボードが欲しかった。このキーボードは、ドイツCherry社のMX tactile feelキースイッチを採用しており、打鍵したときの衝撃がない。
SHARP  X68000のキーボードのようなキータッチといえばわかってもらえるだろうか。あ、わかんない? ごめん。

2006年12月21日 (木)

冬休みの宿題

もうすぐ冬休みだ。冬休みの宿題には、子供たちが大好きな自由研究はない。ツノ丸はリコーダーの宿題があるので、そればかりやっている。
課題曲は、君をのせて(天空の城ラピュタ)、いつも何度でも(千と千尋の神隠し)の2曲。卒業式のとき、6年生を送る曲として演奏するそうだ。
1曲ノーミスで吹けたら10円やると言ったら、夜までに楽譜も見ずに吹けるようになった。一晩で100円くらい取られたかな。
ウズ丸は縄跳びをやっている。50回連続で10円と言ったのだが、縄跳びは苦手らしくさっぱり跳べない。

2006年12月20日 (水)

年賀状とか

先日の年賀状の追加印刷を頼まれたので30枚ほど印刷した。文面だけだし、追加印刷なのですぐに終わった。
次は別の年賀状だ。住所をもらって宛名入力+写真印刷を40枚。 インクジェット写真用紙葉書を使ってみた。絵葉書のように、裏を写真だけにして、宛名の下に文章を入れたところ、いい感じの年賀状に仕上がった。

プリンタが延々と印刷している間、町の初集会で配布する冊子を作ることにした。
自治会長が、地区運動会で優勝したときの写真を表紙に使ってほしいというので、子供会の会長に写真をもらいに行った。すると、データの取り出し方がわからないからと、デジカメごと渡された。 デジカメはFUJIFILM FinePixA310。このデジカメはUSBケーブルが特殊なため、うちではパソコンに接続できない。記録メディアからファイルコピーしようと思ったら、xD-Piture Cardだった。手持ちの装置では読み出すことができない。急いでヤマダ電機に行き、メディアリーダー maxell UA20-MLT5.BK@2,480円を買い、ようやく写真を読み出すことができた。 表紙の写真を差し替え、日付を変えて冊子が完成した。

2006年12月19日 (火)

県大会Tシャツ

チームはトーナメント1回戦で負けたが、敗者トーナメントを全勝したので、県大会への切符を手にしたらしい。
バスケ事情を知らないサッカー団のみんなが、バスケで県大会に出ると聞いたらびっくりするだろうな。ツノ丸のサッカーがへぼいだけに余計…。

今年の県大会Tシャツは、去年よりデザインがいい。だが、一番下にプリントされている「MIE PREP」というのがよくわからない。「県」だったら「prefecture」なんだけど…。
ところで、売り上げの一部を運営費に充てるとはいえ、Tシャツ1枚が2,400円というのはすごいな。シルクでできているのかもしれない。

2006年12月18日 (月)

FMV-C310納品

パソコンの修理依頼があった。FUJITSU FMV-6600DX4eだった。取り出して欲しいデータはないということなので、Windows2000を再インストールした。料金は4,200円なり。

動くようになったとはいえ、そろそろ寿命が近い。同じ事業所に、やはり中古のFUJITSU FMV-C310を納品。こちらはCPUがAthlon2200+、WindowsXPにMS-Office付きだ。こちらは25,200円なり。

2006年12月17日 (日)

県大会予選・二日目

今日はSBKが相手。先月、ちょうどツノ丸が化け始めた頃、このチームに負けている。お返しをしないといけない。
相手チームはツノ丸のツノが気になるようで、試合前はもちろん、試合中にも頭のツノをさわっていた。

この試合、キャプテンは早々に4ファウルでベンチに下がり、副キャプテンは5ファウルで退場したが、試合は61-28で圧勝。ツノ丸は地味に得点を重ねて18得点だった。
いつもの速攻はほとんど見られず、カットインしてのシュートが目立った。インターセプトやルーズボールへの反応など地味な動きがよくなった。

2006年12月13日 (水)

年賀状

頼まれものの年賀状を50枚印刷。筆まめ17に同梱のデザイン集を渡して、イラストと配置を決めてもらい、デザインしたものを印刷して渡した。文面印刷、ハガキ代込みで6,700円なり。

続いてもう一件。こちらは両面印刷で40枚。文面デザインはほぼ確定し、印刷したいところだが、住所が届いていないため宛名が印刷ができなかった。

郵便局に年賀状を買いに行ったら、インクジェット写真用葉書が売られていた。
写真を年賀状にするには、写真用葉書を買ってきて切手を貼らなければならなかったが、これを使えば切手を貼らなくていいし、お年玉くじ付きになっている。ただし1枚60円。普通の年賀状より10円高いが、写真と同じ光沢紙だ。
実験用に10枚買ってきて印刷したところ、なかなかいい感じに印刷できた。

2006年12月11日 (月)

電飾キチガイ参上

中国製の安物LED電飾は、防水加工をしないと使えない。防水加工に手間取って、今年は飾り付けが遅れているが、防水加工が終わった電飾だけでも先に飾り付けることにした。

塀に黄100球×4本、カキの木に桃200球×5本、モクレンの木に青100球×1、雨どいの下に電光色200球×2、自作の☆×4(200球)で、初日は合計2,100球を飾り付けた。
これらの電源とコントローラは一つのプラケースにまとめ、起動時に点滅パターンを設定できるようにした。
自作の☆型電飾の作り方を紹介しよう。

(1)バナナ箱でパネルを作る。
 バナナ箱はフタと箱で材質が違う。
 二重ダンボールになっている箱がおすすめ。
(2)ペンで絵を描く。
 パソコンで描いて印刷した紙を置いて針を打つと楽。
(3)LEDの大きさに合わせて穴を開ける。
 +ドライバーをドリルのように使うといい。
(4)電飾のLED部分を挿す。

このままでも飾れるが、LEDをホットボンドで固定するともっと丈夫になる。ホットボンドはすぐに固まるし、力を入れれば、はがすこともできるので便利だ。
紙なので、室内の窓から外に向かって飾り付ける。昼間は不細工でカッコ悪いが気にしない。
☆の一辺にLED×4個を配置すると、4×10辺=40個。LED100球の電飾を丸ごと使うと、☆を二つ作ることができる。
Denshokuyama061210

2006年12月10日 (日)

県大会予選初日

県大会予選が始まった。
初戦はTMBC。6年生は今まで負けたことがないと言っていたが、それは過去の話だ。
ツノ丸は珍しく1QTから出てきた。アップが足りないようで動きが悪い。いつものように走れていない。ミドルシュートや、速攻のレイアップもすべて外していた。残念ことに、こちらはいつも通り…。
ゴール下からのスローインで、ツノ丸が⑤に何か話しかけたと思ったら、ツノ丸がスクリーンをセット。⑤はフリーでパスを受けてシュート。仕掛けは大成功、ナイスプレイだ。このチームで初めて見たセットプレイだ。このQTは⑤が大活躍。全得点を⑤が入れた。前半終わって16-14。

後半、ツノ丸の体が暖まってきたのか、ドリブルでカットインしてのシュートは入るが、速攻のレイアップをよく外す。
4QTに逆転され、残り15秒で27-30の3点差。敵のスローインをインターセプトして得点を入れるべき時間なのに、ツノ丸はそのままパスを入れさせた。そのままボールをキープされてタイムアップ。
ツノ丸が時間を意識するようになり、残り時間を叫ぶようになったが、それに応じたプレイができていない。ツノ丸は6得点。ツノ丸がどフリーのシュートを1本でも入れれば勝てた。

2試合目はUBWが相手。後半には6年生をベンチに下げ、5年生以下で戦ったが82-14で勝利。県大会の切符はあと何枚残っているのだろうか。

2006年12月 8日 (金)

ツノ丸とウズ丸

いつまでもチビ、チビ弟では区別が付かないので、兄弟の呼び名を考えてみた。兄はツノ丸、弟はウズ丸と呼ぶことにする。

もうすぐ県大会予選。秋季大会では地区5位だった順位も次第に下がり、秋季大会では6位だった。今年の登録チームは10チーム、平均よりも弱いということになる。21世紀に入って最弱のチーム状態だ。
初戦に勝つと、SBKと対戦できる。SBKのキャプテンはツノ丸が憧れている○○君。同じちびっ子ガード、左利きのドリブラーだ。
これがたぶん最後のチャンス。一度だけでもマッチアップしてほしいなあ。

2006年12月 7日 (木)

電飾の加工

クリスマスに備えて、毎晩、電飾の加工をしている。
ヤフオクで買った中国製の電飾は安いのだが、配線がむき出しになっている部分があり、そのまま使うと錆びて来年には使えなくなってしまう。ひどいやつだと、100Vの銅線がむき出しになっているものも。
LEDを一つづつ調べて、配線がむき出しになっているところを探して接着剤で封止する。
ひどい電飾になると、200球のうち150球を加工しなければならない。さすが中国製である。
今月に入ってからずっと作業しているが、まだピンクLED200球×5本、黄LED100球×4本、赤LED200球×5本、白LED200球×3本、青LED100球×3本を処理しただけだ。まだ足りない。この2倍は防水加工するつもりだ。

使った接着剤は、コニシ株式会社のボンドウルトラ多用途SUというやつだ。業務用の120mlサイズを買ってきて、ちまちまと加工している。
このボンドは空気中の水分を吸収して硬くなる性質を持っている。水に強いし、乾くのも速いのでおすすめ。
Led061115 Ledfuryo061216

2006年12月 6日 (水)

だめ練習

今日の練習は、5-6年生と4年生以下に分かれての練習だった。
監督が4年生以下を指導している間、5-6年生は自分たちで練習を進めなければならない。最初のうちは3vs2などをやっていたが、しばらくするとキャプテンが、それをやめさせてしまった。早く次の練習に進めばいいのだが、10分たっても次の練習が決まらない。次の日曜日は6年生最後の大会だというのに何やってんだか。

それを見た監督は、最後まで5-6年生の所には戻って来なかった。4年生以下はきついフットワークをやっているというのに、中学生と変なセットプレイみたいなことをやっている。
練習の最後、監督に「自分たちで練習できないなら何も言うことはない」と言われたが、6年生はきょとんとしているだけ。
まあ、この6年生を主体としたチームも、来週には解散なんだけどね。

2006年12月 5日 (火)

筆まめ17

パソコンに、はがき作成ソフトの筆まめ17をインストールした。
筆まめ16には、縁取り文字を回転させると消えてしまうというバグがあった。これだけでも修正されていたらありがたいと思って、筆まめ17を買ってきたのだが、相変わらずバグったままだった。
元々、凝った作業をするといつもバグる筆まめだが、このバグは何年もそのままだ。早く何とかしてくれよ。

2006年12月 4日 (月)

パソコンでライト

パソコンを使える人はたくさんいても、プログラミングできる人は少ない。プログラミングできる人でも、パソコンからライトを点灯できる回路を作れる人となるともっと少ない。私の仕事はそういう仕事だ。
パソコンと測量とか、パソコンと大工とか、二つの分野に通じていないとできない仕事はたくさんある。そういう仕事をうまく集めると仕事は山ほどある。

今回の依頼されたのは、パソコンからライトを一つ点灯させるというもの。
安上がりな方法はパラレルポートから8本の信号を取り出し、その信号で100VのコンセントをONにするリレーを回路を作る方法だろう。
ゲートIC 74LS06、リレー G2-R-2Sを基板に載せ、電池ボックスを取り付けたものを100円ショップで買ったプラケースに入れた。同じく100円ショップで買った30cmの延長コードを分解してコンセントを取り付ける。プリンタケーブルの首をはね、線を引き出してこの基板に接続すればハードウエアは完成だ。

あとはパラレルポートに信号を…となるのだが、WindowsXPではIOポートを直接叩くことはできなくなった。IOポートはドライバを介してアクセスしなければならないのだ。そのためのドライバは、その筋では超有名なGIVEIO.SYSだ。
かくして任意の電飾をパソコンからON/OFFできるようになった。え、タイマーを使えばいい? あ、まあその通りなんだけど。でも、インターネットを介して職場から電飾をONできるよ。あ、そんな機能もいらない?

で、質問してきた人、こんな回答で仕組みは理解できたかな。わからなかったら、またメールで。

2006年12月 2日 (土)

セコイアカップ

うちの団が主催のサッカー大会があった。7チームを招待して8チームのトーナメント。
U-12の試合なので、チビにはあまり出番がないと思っていたら、6年生が一人故障、5年生が一人欠席。試合が11人制だったこともあり、チビも試合に出してもらった。

1試合目はいつもバスケでやられているK小学校が相手だ。チビは左FWに入り、走る走る、とにかく走る。この前の試合で化けたかも…書いたが、あれからは練習でも化けた姿しか見ていない。後半終了間際にベンチに下がったが、2-0で完勝。

2試合目はバスケで一度も負けたことがないA小学校が相手だ。チビはフル出場だったが、試合は0-2で敗れてしまった。チビがゴール付近でフリーになることがあったが、パスは一度も入ってこなかった。ふだんはベンチ要員だから信用がないのかな。

3位決定戦は隣の市のチームが相手。左SBでプレイしていた。ドリブルで抜きにかかる敵を、がりがりと削ってサイドを割らせたシーンはバスケを見ているかのように力強かった。前半を0-0で終え、後半にベンチに退いたが、そこから崩されて0-2で敗れた。

それにしても、ホントに化けちゃったよ…。

2006年12月 1日 (金)

バックロールターン

チビ弟の柔道の練習を見に行った。ちょうど二人一組で、技の研究をやっていた。チビ弟はどうも練習をさぼっている。相方と何やらしゃべりながら、たまに投げるだけ。投げている時間より、しゃべっている時間の方が長い。ちょうど道場の反対側で練習しているので注意もできない。

頭に来たので、家に帰ってからジャージに着替えて練習に出かけた。練習場所は県道のど真ん中。近くの県道は道路工事で封鎖されている。街灯もあるし、アスファルトは平坦、民家もないのでドリブルの音も気にしなくていい。
今夜はバックロールターンを練習することにした。道路工事のコーンを一つ借りて、そのコーンの前でバックロールする練習だ。コーンを真ん中にして、往復しながらの練習になる。最初のうちは失敗ばかりで、私に叱られてべそをかいていた。だが「ほっといて帰る」発言で、集中力が上がったようでミスが激減。うまくできるようになってきた。
途中でおもしろいことに気が付いた。利き腕でバックロールをやっているのかと思いきや、往復で手が違う。左右交互に練習していたのだ。実をいうと、私は右手のバックロールしかできないのだが、それはだまっておく。

ミスも少なくなってきたし、寒いので10回連続で成功したら帰ろうと言ったら、スピードが上がった。え、スピード抑えてたの?
一度目はちょっと乱れたのでダメ出ししたが、二度目のトライであっけなく合格。二日前はできなかったのに…。

ウイルス対策ソフト

某老健でウイルス対策ソフトの更新を依頼された。
施設長が「ノロウイルスも駆除してくれたら100万円払う」とか言ってた(笑)。人間のウイルスは無理だ。
ウイルス対策ソフトとしてMcAfeeがインストールされたPCは、古いMcAfee、つまりMcAfee2006を削除して、新しくMcAfee2007をインストールすれば作業完了だ。古いPCだと時間がかかる。
McAfee2006を自分で削除しなきゃならないのが面倒。自動で削除してくれてもいいのに、ちょっとおバカなソフトだ。まあ、だからうちに仕事が回ってくるのだが。
McAfee2007は、それ自身がウイルスかと思うほど不安定なこともあるが、1本買えばすべてのPCにインストールできるという強みがある。
ウイルスバスターを使っているPCは簡単。契約期間延長メニューを開いて、クレジットカードで代金を支払うだけ。こちらは何の作業もない。
作業料金は4,200円×5台=21,000円なり。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

最近のトラックバック