« 春季大会三日目 | トップページ | 筋肉痛 »

2006年6月12日 (月)

選抜練習

今日は選抜の初練習の日だ。遅くなるといけないので、チビは学校から帰るとすぐにシャワーを浴びて昼寝。
チビ弟は柔道の練習があるため、いつも一人で昼寝するのだけど、今日は兄ちゃんが一緒に寝るので大喜び。

練習場所は車で20分くらいのS小学校だ。いちいち帰るのも面倒なので、練習を見せてもらうことにした。
簡単な挨拶を済ませてから、まずは体育館を20分間ランニング。自分のペースで走ればいいと言われたのに、やる気満々のチビは65周も走ったとのこと。肝心の練習でへばるなよ。
定番の四角パス。体育館全面を使って左回り100回、右回り100回をノーミスでやらないと終わらない。終わるのに46分もかかった。チビはずっとにこにこ顔でやっていた。
続いてやはり定番の3メン。3メンは7回成功でクリアとなるが、これがなかなかきつい。すべてのシュートを入れたとしても3往復半かかるし、シュートをはずせばもっと走らなけばならない。
次はアウトナンバー。速攻に失敗したら、遠くても積極的にシュートを打つこと。シュートを打つときには「打つ」という声を出して、オフェンススクリーンアウトを誘導しろという指示があった。
ミドルやロングのシュート確率が低くても、オフェンススクリーンアウトを徹底すれば、リバウンドをほぼ確実に取って、またシュートを打つことができる。
大人のバスケだと、アウトナンバーはほぼ確実にシュートが入るのであまり関係ないが、シュート確率が低いミニバスでは重要になる。
四角パスに時間がかかったので、練習はこれでおしまい。

帰りの車の中で、選抜の練習はどうだったと聞いたら、いっぱいバスケができて楽しかったとの返事。
団の練習では一人だけ違う学校だし、バスケに対する温度差もあって孤立しがち。ストレッチや3メンの相手がいないまま、なぜか練習が進んでいくこともある。
それが選抜の練習だと、みんなバスケに一生懸命だし、練習相手がいないなんてこともない。思う存分練習ができるということが、楽しくてしかたがない様子だ。

« 春季大会三日目 | トップページ | 筋肉痛 »

バスケ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/2209997

この記事へのトラックバック一覧です: 選抜練習:

« 春季大会三日目 | トップページ | 筋肉痛 »

最近のトラックバック