« リザーブ大会前日 | トップページ | 初オフィシャル »

2006年6月25日 (日)

リザーブ大会

S小学校と対戦できると思っていたら、選抜の子たちはいなかった。人数が多いので2チーム作って、選抜組は別会場に行ったのかもしれない。
さらにO小学校の子が珠算の検定で遅れるから、試合を2試合目にずらして欲しいとのこと。これで対戦カードまで変わってしまい、うちはO小学校と試合することになった。
O小学校は人数が足りず、チームには6年生や女子も混じっている。うちの団もオープン参加なので、この組み合わせの方が自然かも。
幸い、相手チームのPGはとてもうまい子だった。チビとマッチアップしてもらえたのはとてもありがたい。

試合の流れはこんな感じ。
1QTで10点以上の差を付けられた。チビは2QTから登場。2QTはチビ以外は全員4年生だ。4年生がスローインを逃げてしまい、チビがスローインしている。確実にスローインが入るものの、4年生はまったくボールを運べず、結局、チビにボールが戻ってくる。この間にボールを奪われることが多い。差を縮めることなくこのQTは終わった。3-4QTは両チームがベストメンバーだ。もう一人の5年生がチビにボールを入れるので、ボール運びは安定した。
チビはプレスをかけられても平気なので、フリーの子を見つけてにショットガンパス。パスの精度も高くて、プレイとしては悪くない。だが、パスを出した後、すぐに前に走らないのがよくない。リターンパスやリバウンドに備えるべきだ。
パスを受けた4年生は、フリーでもシュートをはずす。まあ、これはそのうちうまくなる。それまでひたすらパスを出し続けるしかない。
スクリーンアウトがやばい。5年生や小さい4年生はスクリーンアウトできていると思う。しかし、背が高い4年生が二人入って、その子たちがスクリーンアウトしないのはやばい。20cm以上も身長差があり、ジャンプしたらさらに差が出る。なのにスクリーンアウトせず、リバウンドに飛んでしまう。
点差はさらに開いてしまった。相手チームは余裕があるので、PGがバックロールターンで中に入り、シュートを試みるなどしていた。チビもやり返せばいいのに、フリーの4年生に素直にパスを出している。
ボールを運ぶチビにダブルチームに来るから、フリーの子がいて当然。パスが通っても4年生はフリーのシュートをはずすから結果的に点が入らない。
選抜で自信を付けたのか、ミドルシュートをよく打つようになった。確率も高いが、できればカットインを見たい。
4QTでチビにもうちょっと自分で攻めろという指示を出してみた。ファウルをもらってフリースローというシーンが多い。フリースローはちょっときれいになったかな。フェイクの中に謎の一歩があってトラベリングも多い(笑)。
チビは12点-4アシスト-8リバウンド。アシストするより自分でカットインした方が点は入るが、それじゃ4年生がうまくならない。
1回戦に負けたので、2回戦は負け同士の試合になった。私は4年生にスコアブックの書き方を教えるのに必死でよく覚えていない。試合は負けた。

« リザーブ大会前日 | トップページ | 初オフィシャル »

バスケ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/2383669

この記事へのトラックバック一覧です: リザーブ大会:

« リザーブ大会前日 | トップページ | 初オフィシャル »

最近のトラックバック