« エースの卵 | トップページ | インストール »

2006年6月18日 (日)

あじさい杯二日目

あじさい杯二日目。せっかくなので滋賀県まで出かけることにした。
かなり遅れてあじさい杯の会場に到着し、準決勝から観戦することができた。

うちのチームは午前中の試合で負け、午後から7位決定戦だという。
試合前のアップは四角パスだった。チビを見ると、団と同じような調子で四角パスをやっていた。バカにもほどがある。
失敗してもかまわない。やっていればいつかできるようになる。だが、やろうとしなければ、いつまでたってもできないのだ。
せっかく選抜に入ったのに、今までと同じ練習をしていたのでは意味がない。

試合は序盤からリードを奪い楽な展開。しかし相手チームが10人を使い切り、ベストメンバーに変わると差を詰められる展開に。
相手チームはF気味のガードがボールを運ぶ。速くてうまい。そこそこ大きくて止められない。
カットインでフリーの状態を作って、楽にシュートを決められている感じだ。カットインに失敗しても、やはり長身のFにパスが回ってシュートされる。
たまにゾーンプレスを仕掛けてくる。パスの受け手がヘタで、苦しまぎれのパスを狙われてやられることが多い。
とうとう逆転されてしまい、ここでタイムアウト。

4QTのメンバーには、5年生ガードが二人混じっている。
ドリブルめちゃうまな二人がプレスに苦しんで、パスカットされるのは意外だった。私には受け手に問題があるように見えるのだが。
監督の指示は「たまには抜くことも考えろ」。
今までは速いパス回しを指導されてきたが、1on1のお墨付きをいただいたとなったら強い。
ペースをゆるめてパスかと思ったら、そのままカットインしてレイアップ。右手でガードされた左手のレイアップ。うまい。

ちびっ子二人は、カットインするとブロックをかわすために、フックやら片手のバンクショット。
このちびっ子ガード二人は生粋のドリブラー。1on1大好きっ子だ。
外のミドルもよく入る。なんだこのちびっ子二人は。相手のプレスも通じなくなった。
シーソーゲームが続き、最後はちびっ子のミドル…てゆーか、ロングが入って、そのまま逃げ切り。

うちのチビは来年、この二人とレギュラー争いをすることになるのか。タイプも同じだし、こりゃ厳しい。
まあ、しっかり勉強させてもらえよ。

« エースの卵 | トップページ | インストール »

バスケ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/2288662

この記事へのトラックバック一覧です: あじさい杯二日目:

« エースの卵 | トップページ | インストール »

最近のトラックバック