« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月30日 (金)

くじ運

娘は今年から中学でバスケをやっている。中体連の対戦相手を教えてもらった。
トーナメント表を見ると、男子も女子も2回戦敗退のようだ。
女子はいつも初戦敗退だが、1回戦は不戦勝なので2回戦敗退。くじ運がいい。
男子は2回戦敗退。くじ運が悪い…というか最悪。

2年前、地元のバレー団は県大会に出るほどの強かった。彼らは中学に進んだが、中学にはバレー部がない。私がバスケ部に勧誘したら、みんなまとめてバスケ部に入ってくれた。
彼らはバスケ経験はないものの、抜群の運動能力でそこそこうまくなっている。
だがくじ運が悪かった。2回戦で早くもシード校と当たる。
シード校はチビの先輩たち。ミニバス時代に県大会に進んだ連中だ。中体連の新人戦でも優勝している。
おもしろそうなので試合を見に行くつもりだ。

ところで、あと3-4年もすればこのバランスは逆転するはずだ。
チビの世代あたりから中学バスケに経験者が入ってくる。そして、チビ弟たちの世代で、全員がミニバス経験者になり、ほぼピークに達する。
今までは地元にバスケ団がないため、ミニバス経験者は皆無だった。しかし今は、周りの校区のミニバス団に在籍する小学生が何人もいる。
あとはバスケ部の顧問の先生次第だ。いい先生に当たるといいのだけど。

2006年6月28日 (水)

チビ弟

今日はバスケの練習日だ。先日からチビ弟もバスケを始めた。
チビ弟はバスケの練習が楽しみでしかたがないようで、学校から帰ってきたときから、とても張り切っている。
体育館に行くと、今日は新人4人が練習に来ていた。新人だけは特別メニューでの練習になる。
その中で、チビ弟は、なぜか大声を出して列を整え、号令をかけている。監督に頼まれたわけでもないのに、まるでキャプテンのように振舞っている君はいったい何様?

2006年6月27日 (火)

退団のつもりが

チビのサッカー練習を見に行った。いつもと同じ練習風景だが、今日でチビのサッカーは見納めのつもり。チビはサッカーを続けていても、まったく芽が出ない。今日は退団させるつもりでやって来たのだ。

体育館に入ると、ちょうどミニゲームをやっていた。相手チームは全員6年生、しかも全員トレセン組。チビのチームは全員5年生。ただし、こちらもチビ以外はトレセン組だ。
久しぶりに見たチビは相変わらずヘタだったが、やたらと走り回っている。チビが1.5人いる感じだ。
1ゲームを終えて戻ってきたチビは、ずっと走り回っていたにもかかわらず余裕の表情。とりあえず、ディフェンスの戻り方について注意。
そして2ゲーム目。また走り回っている。退団の気配を察しているのか、それともバスケの選抜効果なのか。技術はともかく、いい動きをしていた。

いつもはこれで練習はおしまいだが、今日は最後にもう1ゲームするらしい。チームを組み替えて、ほぼベストメンバーのゲームをするようだ。なぜかチビも混じっているが…。
このゲームもまた走り回っている。技術がないので、こぼれ球の処理や、相手のカウンターの遅延に役立つ程度だが、シュートも決めていた。
結局、退団の話をすることもなく、来月分の集金袋をもらって帰ってきた。

帰りの車の中で聞いたところ、最後のゲームは、チビががんばっていたから出してもらったらしい。
退団は延期だ。あと一ヵ月、様子を見てやることにしよう。

2006年6月26日 (月)

初オフィシャル

昨日の試合、うちのチームは決勝戦のオフィシャルを担当した。
リザーブ戦なので、チームは7人しかいない。2人は向かい側でスコアボードを担当。2人の5年生はミスが目立つデジタイマーに張り付くいた。2人の4年生は左右に分かれて、チームファウルのカウントやコール、ファウルやゴールが何番なのかの確認。
そして残った一人がスコアブックをつけることになった。この子が間違えまくり。何番が得点したかを教えても、2QTなのに1QTに付けたり、相手チームにカウントしたり。
私ともう一人、保護者が張り付いて教えるものの、あせっているのか覚えられないようだ。彼は5年生に泣きついて交代してもらったが、その後もタイマーの進め方を間違えて、審判に注意されてしまった。みんなこうやって覚えていくんだ。がんばれ~。
ところで、オフィシャルを余裕でこなす5年生は、いったいどこで覚えたんだ。

2006年6月25日 (日)

リザーブ大会

S小学校と対戦できると思っていたら、選抜の子たちはいなかった。人数が多いので2チーム作って、選抜組は別会場に行ったのかもしれない。
さらにO小学校の子が珠算の検定で遅れるから、試合を2試合目にずらして欲しいとのこと。これで対戦カードまで変わってしまい、うちはO小学校と試合することになった。
O小学校は人数が足りず、チームには6年生や女子も混じっている。うちの団もオープン参加なので、この組み合わせの方が自然かも。
幸い、相手チームのPGはとてもうまい子だった。チビとマッチアップしてもらえたのはとてもありがたい。

試合の流れはこんな感じ。
1QTで10点以上の差を付けられた。チビは2QTから登場。2QTはチビ以外は全員4年生だ。4年生がスローインを逃げてしまい、チビがスローインしている。確実にスローインが入るものの、4年生はまったくボールを運べず、結局、チビにボールが戻ってくる。この間にボールを奪われることが多い。差を縮めることなくこのQTは終わった。3-4QTは両チームがベストメンバーだ。もう一人の5年生がチビにボールを入れるので、ボール運びは安定した。
チビはプレスをかけられても平気なので、フリーの子を見つけてにショットガンパス。パスの精度も高くて、プレイとしては悪くない。だが、パスを出した後、すぐに前に走らないのがよくない。リターンパスやリバウンドに備えるべきだ。
パスを受けた4年生は、フリーでもシュートをはずす。まあ、これはそのうちうまくなる。それまでひたすらパスを出し続けるしかない。
スクリーンアウトがやばい。5年生や小さい4年生はスクリーンアウトできていると思う。しかし、背が高い4年生が二人入って、その子たちがスクリーンアウトしないのはやばい。20cm以上も身長差があり、ジャンプしたらさらに差が出る。なのにスクリーンアウトせず、リバウンドに飛んでしまう。
点差はさらに開いてしまった。相手チームは余裕があるので、PGがバックロールターンで中に入り、シュートを試みるなどしていた。チビもやり返せばいいのに、フリーの4年生に素直にパスを出している。
ボールを運ぶチビにダブルチームに来るから、フリーの子がいて当然。パスが通っても4年生はフリーのシュートをはずすから結果的に点が入らない。
選抜で自信を付けたのか、ミドルシュートをよく打つようになった。確率も高いが、できればカットインを見たい。
4QTでチビにもうちょっと自分で攻めろという指示を出してみた。ファウルをもらってフリースローというシーンが多い。フリースローはちょっときれいになったかな。フェイクの中に謎の一歩があってトラベリングも多い(笑)。
チビは12点-4アシスト-8リバウンド。アシストするより自分でカットインした方が点は入るが、それじゃ4年生がうまくならない。
1回戦に負けたので、2回戦は負け同士の試合になった。私は4年生にスコアブックの書き方を教えるのに必死でよく覚えていない。試合は負けた。

2006年6月24日 (土)

リザーブ大会前日

明日はリザーブ大会なので、6年生vs5年生以下のゲームを期待していたのだが、いつもと変わらない練習だった。
中学生が来ていたので、6年生に中学生を加えたミニゲームや、5年生以下のミニゲームを見ることができた。

ミニゲームを見たところ、チビはパスだけが及第点。だが、パスキャッチもディナイもスクリーンアウトもできていない。
ミニゲームが終わった直後に注意したが、次のミニゲームではまた同じことをやっている。自分より大きな子相手にスクリーンアウトもせずボールに飛びついても、相手に取られるに決まっている。何年パスケをやっているんだ。本当にバカだ。監督に申し訳ない。

ミニゲームの間、新人君たちは反対側のコートでボール遊びをしていた。チビ弟はシュートに練習に飽きたのか、3年生にシュートを打たせてリバウンドの練習をやっていた。3年生の新人君がシュートを打ったら、きちんとスクリーンアウトしていた。

2006年6月23日 (金)

パソコン廃棄

廃棄処分のPCがたまってきたので、処分を依頼することにした。
今回申し込むのは、DELL OptiPlexGX110、FUJITSU FMV-xxxxxと17'CRT。
1台のPCを処分するために、PC本体は3,150円、ディスプレイは4,200円かかる。

基本的に小さなパソコンは自宅で解体し、金属ケースなどは資源ゴミとして処分する。基板などは埋め立てゴミに出してしまえばわからないが、うちは真面目に処分している。別の大きなパソコンの筐体に基板をたくさん詰め込んで有料で処分してもらうのだ。

このときメモリとHDDだけは抜き取る。メモリは別のPCに増設したり、再販する。4.2~10GBのHDDは安いリムーバブルラックに入れて外部記憶装置として使う。
フォーマットしてデータの消去した後、録画したテレビ番組を知人にあげたりするのに便利だ。

2006年6月22日 (木)

S-ATAをUSB変換ケーブル

仕事帰りに、1GBのUSBメモリ@6980円×2、S-ATAのHDD-250GB@8,980円、Groovy UD-500SA@2,980円を買った。
UD-500SAというのは、S-ATA&IDEの機器をUSB2.0で接続するためのケーブルだ。
納品するPCがS-ATAのHDDを採用していることが多くなってきたので、いざというときのために買ってみた。
しかし家に帰って開封したら、肝心の部品が入っていなかった。がっくり。まあ、よくあることだ。「Made in CHINA.」だし。来週、交換してもらおう。

2006年6月21日 (水)

さらに新人

今日はバスケの練習にチビ弟を連れて行った。見学ってやつだ。
チビ弟は4年生からバスケを始めるつもりだったが、同級生が見学に来るというので連れてきた。
少し遅れて見学の子たちがやって来た。5年生、4年生、2年生が一人ずつ。
5年生の子は150cm近くあるので、しばらくしたら使い物になるだろう。家でも少しバスケを教えてある。
チビはたった一人で越境入団していたが、前回の子も合わせると一気に5人になる。
これで練習の雰囲気が変わるといいのだけど。

今度の日曜日はリザーブ大会がある。
リザーブ大会というのは5年生以下の試合だが、うちの団は5年生以下がたったの8人しかいないため、オープン参加になる。勝っても負けても記録上は負け。
ちなみに初日は市で優勝したS小学校が相手だ。5年生だけで選抜選手4人を擁する強豪チームだ。
うちは5年生がたったの2人。勝ち目はない。実は本音はそうでもないんだけどね。お得意のゾーンプレスをかけてくれないかな。プレスに耐えてボール運びができるかどうか見てみたい。

2006年6月20日 (火)

ネットワーク

某事業所のPCがイカレそうなので、先日、新しいPCを納品した。
今日はその新しいPCに、業者が専用ソフトをインストールしに来ることになっている。
イカレそうなPCはWindowsNTサーバだったので、新しいPCに置換すると事業所のネットワークは動かなくなる。
明日までに、NTサーバ下の固定IPで動いていたPCをすべてDHCPに変更してプリンタを共有すればいい。
夕方から作業に入り、デスクトップPCを4台とノートPCを3台を設定して回った。
1台だけネットワークに参加できないPCがいる。何事かと思ったら、勝手にSEEDというワークグループに入れてあった。
ガンヲタ(ガンダムヲタク)は仕事を何だと思っているのだ。

仕事が終わったのは20:00を回っていて、チビたちの練習には間に合わなかった。
今日のチビはサッカー練習。やらないならやめろという脅しが効いて、とにかく頑張っていたらしい。
だが、やるべきことはやっていなかった。
ミスを恐れてできることだけやっていたら、いつまでたってもできやしない。
小1から続けていたサッカーは、技術の貯金を使い果たし、今ではチームNo.1のへたれっぷりだ。

インストール

FUJITSU FMV-610GSL6eが届いた。256MBのメモリを抜いてレントゲン室のPCに取り付けた。代金は6,300円なり。
レントゲン室のPCから128MBのメモリを抜いてきたので、家にあるFMV-610GSL6eに挿してみた。メモリは128+64=192MBとなった。192MBもあれば、そこそこ快適に使えそうだ。

ついでに、FUJITSU FMV-5500ML4というPCを預かってきた。廃棄処分かと思ったら、OSを再インストールして使いたいという。
こちにはWindows2000をインストールして返却。4,200円なり。

2006年6月18日 (日)

あじさい杯二日目

あじさい杯二日目。せっかくなので滋賀県まで出かけることにした。
かなり遅れてあじさい杯の会場に到着し、準決勝から観戦することができた。

うちのチームは午前中の試合で負け、午後から7位決定戦だという。
試合前のアップは四角パスだった。チビを見ると、団と同じような調子で四角パスをやっていた。バカにもほどがある。
失敗してもかまわない。やっていればいつかできるようになる。だが、やろうとしなければ、いつまでたってもできないのだ。
せっかく選抜に入ったのに、今までと同じ練習をしていたのでは意味がない。

試合は序盤からリードを奪い楽な展開。しかし相手チームが10人を使い切り、ベストメンバーに変わると差を詰められる展開に。
相手チームはF気味のガードがボールを運ぶ。速くてうまい。そこそこ大きくて止められない。
カットインでフリーの状態を作って、楽にシュートを決められている感じだ。カットインに失敗しても、やはり長身のFにパスが回ってシュートされる。
たまにゾーンプレスを仕掛けてくる。パスの受け手がヘタで、苦しまぎれのパスを狙われてやられることが多い。
とうとう逆転されてしまい、ここでタイムアウト。

4QTのメンバーには、5年生ガードが二人混じっている。
ドリブルめちゃうまな二人がプレスに苦しんで、パスカットされるのは意外だった。私には受け手に問題があるように見えるのだが。
監督の指示は「たまには抜くことも考えろ」。
今までは速いパス回しを指導されてきたが、1on1のお墨付きをいただいたとなったら強い。
ペースをゆるめてパスかと思ったら、そのままカットインしてレイアップ。右手でガードされた左手のレイアップ。うまい。

ちびっ子二人は、カットインするとブロックをかわすために、フックやら片手のバンクショット。
このちびっ子ガード二人は生粋のドリブラー。1on1大好きっ子だ。
外のミドルもよく入る。なんだこのちびっ子二人は。相手のプレスも通じなくなった。
シーソーゲームが続き、最後はちびっ子のミドル…てゆーか、ロングが入って、そのまま逃げ切り。

うちのチビは来年、この二人とレギュラー争いをすることになるのか。タイプも同じだし、こりゃ厳しい。
まあ、しっかり勉強させてもらえよ。

2006年6月17日 (土)

エースの卵

うちの団は三つの小学校から子供たちが集まっているのだが、今日はその一つの校区が何かの行事で全員欠席らしい。
チビも選抜の初試合で滋賀県まで泊りがけの遠征に行っているし、監督の手が空いているはずだ。
というわけで昨夜、入部したいという子の家に電話をかけた。二人の2年生を見学に連れていくのだ。

うちの団はコーチ兼監督が一人で教えている。あまり小さい子を入れると足手まといになる。しかし、二人とも背が高くて、足が速い。ドッジボールだってダントツでうまい。こんな逸材を放置していたら、そのうちサッカー部や野球部にとられてしまう。
というわけで、春季大会が終わったこの時期に、あわてて入部させることにしたのだ。
ランニングは4年生より速いし、左からのレイアップもできる。シュートを打ったらすぐにスクリーンアウト。ちゃんと予習させてある。今日の練習が楽しみだ。

ランニングは4年生より速いだろうと思っていたが、そうでもなかった。せいぜい同じくらい。途中で競争したり、体育館の壁に沿って走っていたところを見ると、体力にはまだ余裕がありそうだけど。
転がしたボールを拾ってシュートする練習は、トラベリング連発の4年生よりずっとうまい。ピボットは練習させてある。
残り1時間というところで、さらに二人が用事で帰ってしまい、とうとう残り5人に。
来週はリザーブ杯があるため、監督はチームの3人を担当し、新人2人は私が担当することに。
レイアップ、スクリーンアウト、走りこんでパスキャッチ+シュートをさせた。
この子たちは、別のバスケチームの見学にも参加したことがある。市内でも屈指のやさしい練習に、ママさんがびっくりしていた。

「人数が多いときはもうちょっと厳しいんでしょ?」

いや、いつもこんな調子なんだけど。なんとかしたくても、これが団の体質。監督以外では、どうもできないし。

2006年6月16日 (金)

メモリ増設

パソコンのメモリを128MBから256MBに増設して欲しいとのこと。部屋は教えてくれたが、パソコンの型番はよくわからない。
手持ちのメモリをいくつも持っていって、その場で増設するつもりだった。
部屋にはFUJITSU FMV-6933SL6eが置いてあった。この機種に使えるメモリはRIMM。残念ながらこんなメモリは持っていない。いったん引き揚げて、対策を練ることにした。

このメモリを新品で買うと1万円はする。古いパソコンに1万円もかけるわけにはいかないので、ネットで中古のメモリを探すことにした。
こういう場合はメモリを単体で探すよりも、パソコンを丸ごと買ってメモリを抜き取る方が早い。
FUJITSU FMV-610GSL6e(メモリ320MB)@8,780円を買うことにした。
メモリ320MBというのは、おそらく256+64MBだろう。FMV-6933SL6eのメモリを256MB×1にして、FMV-610GSL6eのメモリを192MB(128+64MB)にすればよさそうだ。

ADSL導入

続いて、某事業所に移動した。ADSLを引いて欲しいとのこと。
この事業所では以前、ISDNからADSLへの移行を検討していたが、社会保険庁のくそシステムがISDNしか対応していないため、ADSLの導入を見送ったことがある。
その当時の社員はいなくなり、また同じような依頼が来たというわけだ。

事業所のISDNに接続された電話からNTTの106に問い合わせた。
「どのISDNから移行したいのかわかりませんが、お客様のおかけになっている回線は普通のアナログ回線ですよ」
社員が言ってることと違うじゃん…。
いったん電話を切り、NTTからの請求書を見せてもらった。請求書は5枚もあった。こんな小さな事業所が5回線も契約しているのか。NTTにとっては神様のような事業所だ。
ISDN回線の支払いは、ISDNの基本料金+毎月400円程度。回線がほとんど使われていないことがわかる。この番号に電話しても電話が鳴ることはなかった。、電話機すら接続されていない。どうやらISDN回線は社会保険庁への送信のためだけに使われているようだ。
このISDNを通話用にも利用すると、同時に2回線までの通話ができる。
2本のアナログ回線を停止し、残ったアナログ回線のうちどれかをADSLにすれば、年間8万円の経費を節約できる。
後日、NTTにADSLの工事を申し込み、工事が終わるまでにルータを用意すればよさそうだ。
それにしても、三重県の社会保険庁はいつまでISDNを使うつもりなんだ?

2006年6月14日 (水)

選抜練習・二日目

今日は選抜の練習があった。
選抜チームは、週末から近江八幡あじさいカップがあり、一泊二日で遠征することになっている。今日は二度目の練習日。たった二日の練習だけで大会に臨むことになる。

今日も20分のランニングから。チビは筋肉痛なので少しペースを落として走ると言っていたが記録は72周。体育館が少し小さいのかも。
100回ノーミスの四角パスは、慣れてきたのか、すぐに終わった。すると監督が「ミート前後でパスする相手を見ろ」という指示を出した。再びノーミス100回を狙うが、キャッチミスが多くなってなかなか終わらない。だが誰も気にしない。16人全員が落としてもいいからパス相手を見るように心がけている。

30分くらいかけてようやくクリア。次は3メンだ。今日の3メンは10本成功しないと終わらない。この練習が一番きついが、今日はすぐに終わったので楽ちん。
次はゲーム形式の練習だ。大会前に最初で最後の大切なミニゲームだ。
みんながチームプレイに徹しているため、とても楽にプレイしているように見える。フリーになってパスを要求すると、ちゃんとパスが出てくるし、チビが得意とするショットガンパスも落とすような子はいない。
チビが一番多くシュートを決めていたのは確かだが、特に印象に残ったのは、チビが平凡なレイアップを2本はずしたことだ。左と真正面から1本ずつ。レイアップは家のゴールと感覚が違うらしいので、練習させようがない。どうしたものか。

ところで、昼間、学校で行事があり、違う学年の子たちと一緒に活動をしたらしい。
チビは2年生のK平と同じグループになった。K平はチビ弟と仲良しで、バスケ部に入ると話していたらしい。
彼が入部するならチビ弟も一緒に入部することになる。バスケ過疎地だったうちの小学校も、少しはバスケ人口が増えそうだ。

2006年6月13日 (火)

筋肉痛

朝、起きると、チビは足が筋肉痛になっていた。
それに昨日は選抜の練習で、宿題もしていない。朝、大急ぎで宿題をやるハメに。
それにしても宿題が多い。毎日、三つか四つも宿題がある。ぐちゃぐちゃに書いていいならすぐに終わるが、丁寧に書くと1時間たっても終わらない。
宿題を忘れると休み時間にやらされるらしい。
私が子供の頃は、宿題なんてほとんどやらなかった。さすがに夏休みの宿題はやったが、二日くらいで終わらせて、あとはひたすら遊んでいたっけ。

学校ではリレーがあった。筋肉痛の足で全力疾走をするハメに。
明日も選抜の練習があるため、大事をとって、夕方のサッカー練習を休むことにした。デジカメを持って、自転車で山や川の生き物を観察しに出かけていった。
帰り道、川で同級生に出会って、カメをもらい、自転車のカゴに入れて帰ってきた。

2006年6月12日 (月)

選抜練習

今日は選抜の初練習の日だ。遅くなるといけないので、チビは学校から帰るとすぐにシャワーを浴びて昼寝。
チビ弟は柔道の練習があるため、いつも一人で昼寝するのだけど、今日は兄ちゃんが一緒に寝るので大喜び。

練習場所は車で20分くらいのS小学校だ。いちいち帰るのも面倒なので、練習を見せてもらうことにした。
簡単な挨拶を済ませてから、まずは体育館を20分間ランニング。自分のペースで走ればいいと言われたのに、やる気満々のチビは65周も走ったとのこと。肝心の練習でへばるなよ。
定番の四角パス。体育館全面を使って左回り100回、右回り100回をノーミスでやらないと終わらない。終わるのに46分もかかった。チビはずっとにこにこ顔でやっていた。
続いてやはり定番の3メン。3メンは7回成功でクリアとなるが、これがなかなかきつい。すべてのシュートを入れたとしても3往復半かかるし、シュートをはずせばもっと走らなけばならない。
次はアウトナンバー。速攻に失敗したら、遠くても積極的にシュートを打つこと。シュートを打つときには「打つ」という声を出して、オフェンススクリーンアウトを誘導しろという指示があった。
ミドルやロングのシュート確率が低くても、オフェンススクリーンアウトを徹底すれば、リバウンドをほぼ確実に取って、またシュートを打つことができる。
大人のバスケだと、アウトナンバーはほぼ確実にシュートが入るのであまり関係ないが、シュート確率が低いミニバスでは重要になる。
四角パスに時間がかかったので、練習はこれでおしまい。

帰りの車の中で、選抜の練習はどうだったと聞いたら、いっぱいバスケができて楽しかったとの返事。
団の練習では一人だけ違う学校だし、バスケに対する温度差もあって孤立しがち。ストレッチや3メンの相手がいないまま、なぜか練習が進んでいくこともある。
それが選抜の練習だと、みんなバスケに一生懸命だし、練習相手がいないなんてこともない。思う存分練習ができるということが、楽しくてしかたがない様子だ。

2006年6月11日 (日)

春季大会三日目

春季大会三日目。決勝トーナメントは2回戦で負けたため、今日は順位決定戦だ。
私は地区の球技大会に出ることになっているため、見に行くことはできない。
帰ってきてからチビに聞くと、2試合とも1QTだけの出場で無得点に終わったとのこと。
チビは一人でプレイさせると、ため息が出るほど頭の悪いプレイしかできない。きっと、今日もそんな調子だったに違いない。
敵の後ろをのんびり走っていたり、攻守の切り替えが遅かったり。
試合はきっちり2勝し、5位という結果だった。なんとかAクラス入りできた。

ちなみに私が出場した競技は、インディアカというマイナーな種目である。優勝を狙っていたが準優勝だった。
大きな羽根が付いたボール(?)を使って、1チーム4人でバレーボールをすると思ってもらえばいい。

夕方、みんなで草バスケに出かけた。チビのドリブルはオーバードリブルが多いし、パスを出した後、次の位置に移動しない。やはり頭が悪い。春季大会の光景が目に浮かぶようだ。
私はチビに小言を言った手前、手抜きができない。最初の4QTはすべて勝利。最後に引き分けたものの無敗だった。

2006年6月10日 (土)

レントゲンのPC

某病院のレントゲンに接続していたパソコンがイカレたので、代替PCを用意して欲しいとのこと。
話を聞くと、今までNEC PC-9801BXという古いPCを使っていたという。あまりに古いシステムだが、今までちゃんと動いていたし、Wwindows版のソフトウエアがひじょうに高いので使い続けていたそうな。
そのPC-98がようやく壊れたため、Windows用のソフトウエアを新たに購入することになった。
うちはパソコン担当なので、パソコンだけを大急ぎで用意しなくてはならない。
条件は、OSがWindowsXP、シリアルポートを持った、富士通のPCに、カラープリンタが接続されたものだそうだ。あと、とにかく安く。
安いPCはいくらでもあるが、WindowsXPを別に購入していては高くなってしまうので、WindowsXPインストール済みの中古PCを探した方がいい。
うちの倉庫にあったのは、富士通 FMV-6933SL6e。OSはWindowsXP、MicrosoftOfficeまでインストールされている。
というわけで、富士通 FMV-6933SL7、EPSON PM-G730、17インチCRTで、42,000円の組み合わせになった。
今時、CRT(ブラウン管)ディスプレイというのは珍しいが、とにかく安くという先方の要求に応じた結果だ。
中古のCRTディスプレイはとにかく安い。倉庫が片付くし、廃棄するには4,200円かかる。正直なところ、タダでも構わないくらい。

2006年6月 9日 (金)

修理

某事業所からのお仕事。まともに動かなくなったノートPCにWindowsを再インストールして、社内のプリンタで印刷できるようにして欲しいとのこと。
ノートPCは富士通 FMV-BIBLO MFIX26。これが2台あった。
CPUはCeleron266MHzなので、Windowsを再インストールしても使えるかどうか微妙なところだが、とりあえず持ち帰ってきた。
家に帰って調べると、動かない原因はACアダプタがイカレていることだった。同じ電源は持っていないが、PanasonicのACアダプタと似たような規格なので流用した。
ACアダプタを接続し、電源を入れると無事に起動した。メモリは192MB、HDDは4.2GBだった。
このまま使えないこともないが、念のためWindowsを再インストールし、PCカードスロットにLANカードを挿して設定完了。
動きは遅いが、個人のデスクで作業できるという点は便利かもね。
費用は再インストール@4,200円×2、ACアダプタ@4,200円×2で、請求金額は16,800円となった。ほとんどゴミだった、Pentium120MHz時代のLet's note mini(のACアダプタ)が、4,200円で売れたのはラッキーだった。

2006年6月 7日 (水)

ランニング

今日は当番なので、ずっと体育館にいなければならない。私も空いたリングでバスケの練習をしながら、チビの練習を見ていた。
今日は久しぶりに長いランニングがあった。
チビはトップ集団についていくのが目標だが、今日はきっちり2位でゴールに入ってきた。ずいぶん速くなっているように感じる。
トップで入ってきた6年生に「相変わらず速いな」と声をかけたところ、チビが一言。

「俺が1位。(その子は)周回遅れ。」

速くなったと思ったのは、やはり勘違いではなかった。
あとは試合中にそのスタミナを有効に使うことだ。ディフェンスの後ろを走って戻ってくるようでは、せっかく走る意味がない。ディフェンスを追い越して、前を走るくらいにならないといけない。
選抜チームの試合まであと二週間。果たして化けられるのか。

2006年6月 6日 (火)

試合の反省

先日の試合のまとめ。まずは、よかったところから。
リバウンドをとってシュートモーションでワンフェイク、すぐにレッグスルーでステップバックして距離を稼いで、ミドルを入れたところはうまかった。密集しているところはレッグスルーがいい。
S小との試合で、バックターンを試みたところが良かった。敵を背負ってパスを要求し、パスを受けると同時にドロップステップを出す。すぐにバックター ンをして、ドロップステップで稼いだ空間にボールをスイングさせて抜いた。その後のシュートが入ったらもっとよかったのだが。欲を言うと、あまりカッコよくなかった。もうちょっと練習しないとね。

続いて悪いところ。
ロングパスの受け方がヘタ。いつもパスの精度が高い大人たちとやっていたせいか。
ダブルドリブルが二つあった。みんなはトラベリングをとられまくりだけど、ダブルドリブルはチビだけだ。ボールの下から手を回すオーバードリブルのクセを直さないといけない。
この二つは来週までには直せるだろう。

2006年6月 4日 (日)

春季大会二日目

今日も1QTから出場。チビのミドルで簡単に2点が入った。
ゴール下からのロングパスがよく出て、チビが速攻を試みるが、ロングパスへの反応がイマイチで成功率が低い。家に帰ったらこれを練習しよう。
1QTが終わってチビは8得点、2アシスト、4リバウンド。レイアップを何本かはずしたのが気に入らない。とりあえず圧勝は間違いない。

チビが再びコートに出てきたのは4QT。点差が大きく開いたので、4QTは6年生をベンチに下げての試合になった。相手チームは市選抜二人を擁していることもあって苦戦している。
チーム得点は4点か6点くらい。チビも2点を追加するのが精一杯で10点目。アシスト0、リバウンドたくさん。
それでもディフェンスはそこそこ機能して、点差が詰められることはなかった。大差に守られて試合終了。

次はチビが楽しみにしていたS小が相手だ。子供たちは、このチームに勝って準決勝進出とか言っていた。
このS小のキャプテンはチビが憧れている子だ。背が小さくて左利きのガード、とにかくドリブルがうまくて、たぶん背中に目が付いている。どこについているのかわからないけど、髪の毛で隠れているに違いない。

チビはいつも通り1QTから出た。チビがマークするのは相手の9番(?)だが、チビをマークするのは相手チームのキャプテンだった。
この試合でチビは大きなミスをした。相手のキャプテンがフリーになったとき、指示もないのにヘルプについた。ヘルプに行けば、自分がマークしていた選手がフリーになる。すぐにパスが回ってシュートを決められた。
チビがマークをさぼったせいで点を入れられたわけだ。相手のキャプテンをフリーにした子にも責任はあるが、その時点ではミドルを打つしかなかった。
チビがヘルプに回ったことで、より簡単なゴール下のシュートにしてしまったのだ。一度ならまだしも、何度も同じミスをやってしまい監督に注意されていた。
案の定、チビの出番はここでおしまい。試合は大差で負けた。今年はこのチームに勝てないような気がする。

2006年6月 3日 (土)

まじめにサッカー

今月はサッカーの練習に、ほとんど参加できそうにない。
バスケの春季大会が三週間続いた後、市選抜の遠征、そしてリザーブ大会があるのだ。
先月からサッカーの土曜練習はすべて休んで、週に一度、夜の体育館練習に参加しているだけだ。こんな状態なら、そろそろサッカーをやめるべきだ。ぜんぜんうまくならないし。
チビにサッカーやめろと言ってもいやだというので、こう言い渡した。

「息が切れるような練習をしないならサッカー部を辞めさせる」

こう言い渡して、サッカーの練習に連れて行った。明日はバスケの春季大会だが、今日はサッカー団の親当番に当たっているのでしかたがない。

ボールを奪われたらすぐに奪い返すつもりで追いかけるべきだし、カウンターを食らったら全力で戻るべきだ。サッカーでもバスケでも、チビにはそういった精神が欠けている。
バスケだとマークマンを追いかけるのであまり目立たないが、カウンターを食らって戻るとき、敵の後ろをのんびり走ってくる姿は我慢ならない。
脅しが効いて、今日はまあまあの動きをしていたが、これからは緊張感を持って練習して欲しい。気を抜いた練習に戻ったら、即座にサッカーはやめさせる。

2006年6月 2日 (金)

買い物

今度、納品するシステムでは、GIGAMOという1.3GBの容量を持つMOドライブが必要になる。
ネットで探すと、IO-DATA MOP2-U1.3P@16,498円がよさそうだ。
プリンタ EPSON PM-G730@13,939円、ビデオカード 玄人志向 GFX5200-LA128C@4,324円などもカゴに入れた。
相場も調べずに買ってしまったが、PM-G730は近所のヤマダ電機の方が安かった。この値崩れは新機種が発売になる前触れかもしれない。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

最近のトラックバック